【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

1000万円貸してくれる所⇒今日借りれる安全カードキャッシング/ 1+2

1000万円は、どうしても今日中に借りたい? より低金利で選びたい?

今日中に借りる必要がある方は、こちら↓

今日中に融資も可能なキャッシング・カードローン <特集ページ>


低金利で選びたい方はこちら↓

1番安い低金利キャッシングのカードローンは? 2017年最新一覧表


 

1000万円に限らないキャッシングの話

進化を続ける消費者金融の動向 top

個人の経済が円滑に回らない、その原因はすべてお金です。何らかの事情で、定期的に有った 収入が入らなくなる、入ったとしても足らない、そのような事態に陥った時、生きていくためにはまずお金を調達しなくてはなりません。消費者金融は、そのよ うな消費者の強い味方でも有るのです。貸金業法の改正は、消費者金融など多くの貸金業者に大きなダメージを与えたことになります。お金に困った消費者に現 金を融通し、その代わりに利息を頂戴し、利益を得ていたのです。この利息があまりにも高すぎる金融業者は消費者にとって危険極まりない存在で、実際に社会 問題として取り上げられるような事件が多発することにもなりました。利息制限法は、消費者金融などを始めとする貸金業者の上限利息を制限することで、その ような理不尽とも言える消費者をつくり出さない規制を施しました。これから消費者金融を利用する消費者は、その点で安心が確保されたと言う事にもなりま す。総量規制は、貸金業者からの借入額を制限するものです。この規制により、消費者金融の新規客は目に見えて減少したという結果です。過去の過払い金請求 など、消費者救済の措置が多くとられたことも消費者金融のダメージに繋がり、中小の消費者金融業者の中には、貸金業を継続できないほど経営状態が悪化した 業者も見られます。大手と呼ばれる、名前の知られた消費者金融は現在、銀行と提携することで新しい岐路の選択を余儀なくされた様子です。豊富な資金を持つ 銀行と提携すれば、資金調達に有利となり、多くの貸し付けが期待できます。消費者金融は、更なる消費者のニーズを獲得するため、即日融資や無利息期間の提 供など、消費者にとって魅力的な戦略で顧客の獲得に努めています。銀行からの借入が難しい消費者の借入先は消費者金融が頼りです。消費者にとって安全な規 制は、消費者金融をより良い進化に導き、消費者にとって有効な借入に貢献する結果となったのです。

キャッシングを利用して税理士の勉強

私 は大学を出た後に、クリーニング屋で働きました。もとは父と母がやっていた店です。父が病気になってしまい、そのかわりに私が働くようになりました。ひい きにしてくださるお客様もいて、それなりに利益を上げている店でした。景気が悪いせいで、大学を出てもいい仕事が見つからなかったので、両親の店で働くの は嫌ではありませんでした。2年前に、そのクリーニング店はやめることにしました。今度は母が病気になってしまったからです。

クリーニング 店を閉めた後、私はいろいろなバイトをしながら、自分のやりたいことを見つけ始めました。大学では経済学を勉強したので、その知識を生かせる仕事を探しま した。自分でもあれこれ考えて、ネットでも調べて、税理士を目指すことにしました。合格率も低くて、非常に難しい資格ですが、どうしても挑戦したい気持ち が強くなりました。父と母がクリーニング店の経営で苦労していたのを、見ていたせいもあります。税理士になって、中小企業や個人事業主のために働きたいと 思いました。

税理士の学校に入るときには、カードでキャッシングして、入学金や授業料に使いました。自分の貯金もあったのですが、少し足り ませんでした。いまは税理士事務所でアルバイトをしながら、勉強しています。税理士の試験に通るには、長い時間が必要です。また試験自体も難関で不安もあ りますが、とにかく頑張ろうと思います。税理士になれたら、病気の母も喜んでくれると思います。

 

1000万円に限らないカードローンの話

相続税をカードローンで借りる

先日、自分の母親がなくなりました。父親はすでになくなっているので、両親を失ったことになりました。私の両親は、自宅などをもっていたので、それ らを相続することになりました。子どもは私一人しかいなかったので、すべてを相続することができました。相続の手続き自体は、もめることもなく、割合簡単 に進めることができたのですが、相続税について、問題が生じることになりました。

自分も仕事をもっていますし、それほど派手にお金を使うタ イプだと、自分自身では思っていません。ですから、それなりの貯蓄をしていたのですが、不動産の相続税が、けっこう負担になりました。貯蓄を全額出せば、 何とか支払うこともできる金額ではありました。しかしそれを実際に行ってしまうと、その後の生活をどうすればいいかということが問題になります。

相続放棄すべきかとか、自宅を売りに出そうか、などと思ったこともありました。しかし生まれてから、ずっとその家で暮らしていることもあって、そう簡単に手放すというわけにもいかない、という思いもありました。そこで、カードローンを利用してみようと思ったのです。

カー ドローンは、高金利だったりするのではないか、と思ったこともありました。しかし私の借入ているカードローンは、比較的低金利で、しかも借入の期間も長期 もOKというところでした。このため、返済額もさほど大きな額にはならずに、計画的に返済をすることができています。

投稿日:2015年8月3日 更新日:

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.