マネラテは、仕事と資金繰りと生活を同時に考える必要がある自営業のお金にまつわるブログです。生活費の実態や節約 節税、自営業の資産構築方法&生き残る仕事を戦略的に考察することも。

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など

160万円貸してくれる所⇒安全に今日借りれるカードキャッシング! ※1+3

160万円は、どうしても今日中に借りたい? より低金利で選びたい?

今日中に借りる必要がある方は、こちら↓

今日中に融資も可能なキャッシング・カードローン <特集ページ>


低金利で選びたい方はこちら↓

1番安い低金利キャッシングのカードローンは? 2017年最新一覧表


 

160万円に限らないキャッシングの話

キャッシングの効果を調べること

急に月末などに、給料日前でお金が必要になった場合など、キャッシングを 利用する方などいらっしゃいます。まず、利用する前に、キャッシングの効果を調べることは重要です。インターネットで調べてみますと、キャッシングの効果 など沢山掲載されていますので、ジックリ読んでみると判りやすいです。キャッシングした場合、利子なども付きますので、返済時には、そういった部分も含め て返済計画を行う必要があります。キャッシングの効果を知っておきますと、色々と便利ですので、上手に活用することができますし、今後も便利であります。 コンビニのATMなどから利用することができますし、キャッシングを上手につかっていきますと、ちょっとお金が必要になった場合なども、慌てずに利用する ことが出来ますので、とても便利が良いです。キャッシングの効果をジックリ調べてみますと、色んな使用方法がありますので、実際利用されている方の意見な ども、聞きいれ、ご自分にあった使用方法を探してみるのも良いでしょう。また、利用する際には計画的な方法で活用することも大事です。お金を上手に利用し ていくことで、今後の生活も大きく変わってきます。キャッシングの効果を改めて実感できるようになるでしょう。返済時のこともシッカリと考慮して、利用し ていくことが大事です。利子分も含んでの計画的な返済になりますので、利用する場合にも、こういった部分を考慮して活用する必要があります。

銀行と消費者金融の違い

消 費者金融と聞いて最近はグッと身近なものになっているのではないでしょうか。利用した方も多いかもしれませんし、利用したことがなくても明るいTVCMを 見ると興味がでてきている人も多いかもしれません。昔は恐いというイメージがありましたから敬遠している方もいらっしゃると思います。しかし、今はお金を 借りるという点では銀行と同じようになってきていると言ってもよいと思います。むしろ銀行よりも利用しやすいケースもあるのです。たとえば急にお金が必要 になった場合に銀行に融資を求めても、すぐにはなかなか融資してもらえる事はないと思います。しかし、消費者金融の場合は即日融資が可能ですので、条件が 合えばすぐその日にお金を融資してもらえるのです。しかも、融資してもらえる場所は消費者金融の窓口はもちろんのことですが、自分が指定した口座に入金し てもらえることも可能ですし、コンビニでも取り扱いができるようになっているのは、消費者金融の店舗やATMに行くのは恥ずかしい、後ろめたいと思ってい る人にとっては特にありがたいサービスなのではないでしょうか。また、銀行などは返済日が決まっているところが多いですが、消費者金融の場合は24時間い つでも返済可能となっていますし、利息の計算も日割り計算されているところもありますので、銀行より少々金利が高くても早く返済をすれば総支払額を少なく できるかもしれませんので、お金が必要になった時は消費者金融も選択枠の一つに入れてもよいと思います。

キャッシングして受講したおかげで簿記2級合格

今、 事務の仕事をしているのですが、職場の環境になじめず、転職を考えています。でも、事務しかしてこなかったし、資格も持っていないので、転職も難しそうだ なと思っていたのですが、友人に相談したところ、「事務の経験があるんだから、転職したいなら簿記の資格を取ればいいんじゃない」と言われて、勉強するこ とにしました。

とりあえず、簿記の資格について調べてみたら、2級以上を持っていれば、経理や営業事務で有利になることがあって、3級はあ まり意味がないと書かれていたので、2級に挑戦しようと思いました。でも、参考書での独学だけでは厳しいとも書いてあって、私は頭が良い方ではないので、 通信講座を受講することにしました。と言っても、給料も多いわけではないので、キャッシングで借りて受講料は払いました。

受講してみると今 まで、業務では簡単な帳簿整理や事務伝票の整理ぐらいしかやっていなかったのですが、会社にも簿記の勉強をしていることは言っていたので、原価計算や財務 諸表に関する業務も少しずつやらせてもらえるようになって、勉強の復習感覚で仕事ができました。他にも会社の経営状態が、ちょっとだけですが分かるように なったりして、凄く面白く感じるようになりました。業務で復習する感じになっていたおかげで、内容もしっかりと理解できたので、試験にも無事合格できまし た。会社の同僚や上司は喜んでくれたのですが、私はやはり、その会社の環境が合わなかったので、転職しようと思っています。転職サイトを見ると、簿記2級 の資格があると、転職先も思ったより見つけやすそうなので、取って良かったと思います。

 

160万円に限らないカードローンの話

銀行のカードローン審査の流れをみておきましょう

利便性の高いカードローンですが、申し込むにあたっては審査があります。この審査を通らなければ、カードローン契約をすることは当然できません。そこで、ここでは、カードローン審査の流れについて触れておきたいと思います。ここでは、特に銀行のカードローンを対象にしてみたいと思います。銀行のカードローンを申し込むと、銀行側は、通常、次の手順で審査を行うことになります。カードローン審査の流れでまず最初にくるのが、勤務先、勤務形態、勤続年数です。大手企業か中小企業かが区別されます。また、正規雇用か非正規雇用かが勤務形態の違いとして評価の対象となります。さらに、勤続年数が長いかどうかが査定の評価対象となります。当然、大手企業、正規雇用、勤続年数が長いというのであれば高い評価を受けることになります。次に、カードローンの返済負担率を確認されます。これは、年収に対する年間返済額の割合のことを示しています。年間ローン返済額を年収で割ったもので評価します。この評価に関しては、各金融機関によって若干の違いがあります。続いて、過去の支払い歴が確認されます。これは、銀行から信用情報機関に照会をかけることで行われます。この審査が本審査と呼ばれているもので、それより前の審査のことを事前審査と呼んで区別しています。事前審査よりも本審査の方が厳しくなります。銀行の査定に比べて、消費者金融業者の査定が比較的緩いといわれる所以は、この点にあります。以上、カードローン審査の流れの話でした。

更新日:

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.