マネラテは、仕事と資金繰りと生活を同時に考える必要がある自営業のお金にまつわるブログです。生活費の実態や節約 節税、自営業の資産構築方法&生き残る仕事を戦略的に考察することも。

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など

180万円貸してくれる所⇒安全に今日借りれるカードキャッシング! ※1+3

180万円は、どうしても今日中に借りたい? より低金利で選びたい?

今日中に借りる必要がある方は、こちら↓

今日中に融資も可能なキャッシング・カードローン <特集ページ>


低金利で選びたい方はこちら↓

1番安い低金利キャッシングのカードローンは? 2017年最新一覧表


 

180万円に限らないキャッシングの話

キャッシングの基礎知識を再確認しよう

キャッシングローンの申込みをトラブル無く、かつ有効に扱うために キャッシングの基礎知識を学習・確認していきましょう。キャッシングの基礎知識その一、キャッシングとは何でしょうか。キャッシングとは、銀行や消費者金 融等の金融機関が個人に対して行なう融資(ローン)のことを言います。融資を受ける前には審査が必要となりますが、審査をパスした場合、当日中に融資を受 けることが可能となります。基本的には、担保や保証人無しで融資を受けることが可能です。キャッシングの基礎知識そのニ、キャッシングのメリットとは何で しょうか。キャッシングの最大のメリットは、申込みをしてから融資を受けるまでの時間が迅速であることです。銀行から融資を受けることを考えるとわかりや すいでしょう。銀行から融資を受ける場合は、申込みから融資まで数日かかります。一方、キャッシングで融資を受ける場合は、申込みから最短で30分以内で 可能です。ですから、急に纏まったお金が必要になった場合は、キャッシングが便利である、ということになります。キャッシングの基礎知識その三、申込みか ら融資までの流れをご存知でしょうか。最近のキャッシングは、申込みから融資までインターネットで完結出来ます。キャッシング会社のWebサイトへ行き、 申込みページから必要事項を入力すると審査に移ります。審査をパスするとキャッシング会社から連絡が来ます。銀行口座の必要な情報を伝えると振込みという 方法を使って、融資を受けることが出来ます。人気のあるキャッシング会社の例を見ると次のようになります。P社は、審査時間が最短1秒で回答します。O社 は、利用限度額が最高800万円まで、しかも融資利率は、3パーセントから17(ドット)8パーセントです。

消費者金融はある人にとっては借りやすい

消 費者金融、貸金業法が改正され、最近ではぐんとイメージをあげています。そして銀行の傘下に入る消費者金融まで現れています。消費者金融のメリットはどこ にあるのでしょう。銀行と消費者金融の違いはどこにあるでしょうか。今は銀行のカードローンも消費者金融の小口融資もどんどん近づいていっている。かつて は無担保で即日融資をする金融機関は消費者金融意外ありませんでした。近頃は銀行もインターネット申し込みをすれば必要要件さえ揃っていれば最短30分で 審査完了、即日融資、申し込み銀行の口座がなくても即日融資実行、コンビニATMで借入できますという商品がかなりある。これは以前、消費者金融が借りに 来るお客様の中に審査を急いでおり即日融資を望んでいる人が意外なほどいることに着目し販売した商品と商品内容にさほど違いはない。だとしたら消費者金融 と銀行の違いはどこにあるのでしょうか。しっかり返せる人の中にも銀行は敷居が高いとまだまだ感じる人が多い。そのような人の中には郵便局の銀行部門を利 用している人が数多くいる。だから銀行にはなじみがないのです。そういう人は消費者金融の方が借りやすいと考える人も多い。なぜなら消費者金融の小口融資 は盛んにコマーシャルを流しているし、道ばたでティッシュを配っていることも関係しているでしょう。銀行になじみが薄い人にとっては消費者金融は行きやす くお金借りやすいとイメージを持っている人も多いです。

旅行業務取扱管理者を取得する為にキャッシングを利用

ツ アーコンダクターになりたいので、旅行業務取扱管理者の資格を取ろうと思いました。この資格は、国内旅行取扱管理者と総合旅行業務取扱管理者の2種類あ り、総合旅行業務取扱管理者の方は、国内旅行取扱管理者の資格を持っていれば、2科目免除されますし、勉強量が60%程度で良いので、取りやすくなってい ます。しかし、私は海外旅行の業務に携わりたいので、いきなり総合旅行業務取扱管理者を受けようと思いました。

ところが、参考書を見て ちょっと後悔しました。旅行業法や旅行業約款運送約款・宿泊約款に関する内容や、国内旅行業務全般に関する勉強だけでも大変そうなのに、それに加えて、海 外旅行時の旅券の申請手続きや通関手続き・検疫手続き・為替管理・日本や主要国での出入国時の必要な手続きなど、法律や手続きに関することも勉強しないと いけないですし、さらに主要国の観光に関する知識や、海外旅行業務に必要な語学なども勉強しないといけませんでした。これは、参考書だけではかなり厳しい と思って、キャッシングでお金を借りて、通信教育を受けることにしました。

最初は、やっぱり先に国内旅行取扱管理者を取ろうかなとも思った のですが、2回試験を受けるよりも、1回で済む方が楽だし、総合旅行業務取扱管理者を持っている方が、就職に有利だと思ったからです。今は、勉強に追われ ていますが、やりたい仕事をやる為に必要なことだからと思って、頑張っています。受けるからには1回で合格するつもりです。

 

180万円に限らないカードローンの話

カードローン審査のポイントについて

カードローン審査のポイントは、若干カードローン会社によって変わって来ますが、まずは安定した収入があるかどうかです。これは収入が多いか少ないかでは無く、毎月一定の収入があるかどうかですので、アルバイトやパートの方でも一定の安定した収入があれば査定をクリアすることが出来ます。またその他にカードローン審査のポイントは、他社でローンをしていたりしていないかの確認と、ローン返済が滞っていないかどうかの確認があります。何社にも渡ってローンを組んでいますと査定に影響しますし、またローン返済が滞っていたりした場合はまず査定をクリアすることは出来ません。このようにカードローン審査は厳しくなっているのです。そしてまたカードローン審査のポイントで大切なのは、本人確認の書類提出が必要となることです。最近では個人情報の流出などで他人の名義を悪用することも稀にありますので、免許証や健康保険のコピーを提出しなければならないことです。このようにカードローン審査のポイントには大きく三つのポイントがあります。私も今現在カードローン契約をしていますが、カードローン契約時にはまず本人確認の免許証のコピーを提出し、そしてその後勤め先に在籍確認の連絡が入ってから審査査定に入りました。カードローン審査では先程の三つのポイントを確認され、カードローン契約申し込みから約三日後に審査合格の通知がありました。このようにしてカードローンの審査や査定が行われているのです。

更新日:

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.