【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

250万円貸してくれる所⇒安全に今日借りれるカードキャッシング/ 2+3

250万円は、どうしても今日中に借りたい? より低金利で選びたい?

今日中に借りる必要がある方は、こちら↓

今日中に融資も可能なキャッシング・カードローン <特集ページ>


低金利で選びたい方はこちら↓

1番安い低金利キャッシングのカードローンは? 2017年最新一覧表


 

250万円に限らないキャッシングの話

キャッシングのメリット

私は、クレジットカードの受付の仕事をしています。私のお客さんは、年配の方が多く、以前はクレジット カードに対して抵抗がある方が多かったです。しかし、最近では、ETCカードやクレジットカードが普及してきまして、年配の人でもクレジットカードを持つ 時代となっています。クレジットカードの受付時に、必ずキャッシングの利用枠を聞きますが、実は、キャッシングの意味を知らない年配の方が多いのです。 キャッシングをクレジットの利用限度額と勘違いしている人が多く、キャッシングの意味を説明しても、キャッシングに対しては抵抗が大きく、ほとんどの方 は、キャッシングはいらないと答えます。しかし、キャッシングのメリットは、たくさんあります。キャッシングを実際に使ったことがある人ならば、キャッシ ングのメリットを十分理解しているはずですが、年配の方にはあまり利用する機会がないようです。キャッシングのメリットは、審査なしに、すぐにお金を借り ることができる点にあります。実際、急にお金が必要になって、銀行が閉まっていた場合ですと、キャッシングが大変便利なのです。コンビニは、全国どの地域 にも存在します。コンビニのATMを利用して、簡単にお金を借りることができるのです、しかも、次の日に、コンビニのATMで返済することによって、利子 がほとんど発生しないのです。実際は、銀行の時間外手数料の方が、高くつくのです。このように、コンビニは、全国どこにでもあり、このコンビニを利用する ことによって、キャッシングは大変便利で、次の日に返済してしまえば、金利もほとんど発生しませんので、キャッシングの利用枠を、少額でも設定しておくこ とをオススメします。

消費者金融から生活費を借入れると

担保や保証人を用意する必要がなく、審査 もスピーディな消費者金融は急な出費の時にとても便利です。利息計算は日割り計算なので、短期間の借入れには有利です。利用限度額内で何度も借入れが可能 というのも大きな魅力です。返済はリボ払い方式がほとんどです。実際にはどのような人が消費者金融を利用しているのでしょうか?利用者の男女比は7対3と 男性が圧倒的に多いようです。年代別では、気軽に利用している20歳代と、利用期間が長期に渡っている40歳以上といったところです。全般的に低所得層で 借入れが多いというのが実情のようです。用途としては生活費としての借入れが多いのですが、これは非常に危険です。それは、お金を借りなくてはならない要 因が日常にあるからです。来月も再来月も消費者金融から借金をしてしまう可能性があるということなのです。このような時は、根本的にお金が足りなくなる要 因を考えることが大事です。それには、家計の見直しが必要です。家賃が高いのか、外食が多いのか、服などの買いすぎではないか?などとお金がなくなる理由 をきちんと把握することが大事です。そのためには、1か月のお金の使い道をきちんと記録をしてみることが必要です。コンビニなどでの何気ない買物が、月額 3万円程度あったという人や、ちょっとした節約で2万円も出費を減らしたという人もいます。どうしても無駄な出費が見つからないという人は、収入アップを 考える必要があるかもしれません。消費者金融からお金を借りたいと思ったら、なぜお金が足りないかを、しっかり考えてみましょう。お金に困らない生活に変 わるチャンスかもしれません。

ピンチの時に介護福祉士を目指してキャッシング

3年前に18年間勤 めた会社をリストラされました。その時は本当にショックで、酒浸りになってしまいました。会社のために、自分を犠牲にして働いてきたのに、こんな仕打ちが あるものかと思いました。家族にも迷惑をかけて、特にかみさんには、ものすごい心配をかけてしまいました。リストラのショックから立ち直ると、仕事を探し 始めましたが、なかなか見つかりません。地方の都市で、まともな仕事を見つけるのは、本当に難しいです。

ハローワークに通ううちに、介護の 仕事ならたくさん募集があることが分かりました。営業畑の仕事をしてきたので、介護は未知の分野です。それでも人様の役に立つ、良い仕事だという気がした ので、勉強を始めることにしました。その時、困ったのが金銭面でした。貯金は少なくなっていたし、かみさんのパートの給料もそれほど高くありません。年老 いた親に援助してもらうのも嫌で、カードを使うことにしました。カードでキャッシングして、介護福祉士の専門学校の入学金と授業料に使いました。

2 年間専門学校に通いました。勉強はあまり好きではないのですが、必死になって勉強しました。一生のうちで、一番勉強したかもしれません。かみさんもパート を掛け持ちしたりして、助けてくれました。試験日の前日は良く眠れず、緊張したまま試験を受けました。結果は、嬉しいことに合格でした。思えば、専門学校 に入ると決めた時は、我が家の経済状況が一番苦しい時でした。その時カードに助けてもらった気がします。

 

250万円に限らないカードローンの話

医療費をカードローンで借りる

昔から、なかなか風邪をひかないし、健康そのもの、自分が病気にかかることなんてありえない、こう思っていました。しかしまさかの、大病にかかってしまったのです。そのため、治療ということになり、長期にわたる入院を余儀なくされてしまったのです。

正 直、上のように「自分が病気になるなんてことはない」と思っていたので、ロクにその時のための対策も施していませんでした。生命保険や医療保険の類にも、 一切加入していませんでした。公的な医療制度があるので、それほどの医療費の負担になることはないと思っていたのですが、意外や意外、けっこうな出費を求 められて、正直、びっくりしてしまいました。

それなりに蓄えもありましたが、全部吐き出さないと賄いきれない感じになってしまっていること に気がつきました。蓄えを全部出して、その後の生活をどうすればいいのかということを考えると、ちょっと途方に暮れてしまうところもありました。そんなと きに、カードローンがあることに気がつきました。カードローンを使って、医療費の一部を返済し、何とか生活費の資金を残すことに成功しました。

お かげで今では、何とか仕事復帰することができるところまで回復をしています。カードローンの借り入れを今は返済をしていっています。また、いつまた病気に なるかわからないということで、その時のための対策についても、真剣に検討をすることにしています。カードローンで、自分の考え方が変わりました。

カードローン審査の必要性について①

カードローン審査の必要性は、むやみやたらにカードローン契約をしてしまっては、万が一返済が滞ってしまったり返済が出来なくなってしまったりした場合には、カードローン会社の損失になってしまいますのでカードローン審査の必要性があるのです。カードローン審査では、このような返済が滞ったり返済出来なくなるケースを防ぐために契約前に査定があるのです。カードローン審査会社はお金を貸して、その貸したお金の金利で経営が成り立っていますので、カードローン審査の必要性があるのです。カードローンでお金を借りる人の中には仕事をして収入のある人や、全く収入の無い人や、他にローンを組んでいる人や、返済が出来なくなっている人など様々の人がいます。このためカードローン会社ではこれらの状況を慎重に査定する必要があるのです。特にカードローンの場合は借入れ限度額が300000円から多くても500000円までと、他のローンと比べましてもローン出来る金額が少なくなっていますので、カードローン審査は他のローンと比べて比較的緩くなっていることも事実であります。しかしカードローンの場合は、他の家、車、教育といったローンと比べて自由にお金を使うことが出来ますので、カードローンを利用する人は数多くいると思います。そのため一定の安定した収入があるかどうか、他のローン返済で滞っていないかどうか、過去に返済出来なかったことがなかったかどうかなどの査定は最低限必要となります。

投稿日:2015年8月3日 更新日:

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.