【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

280万円貸してくれる所⇒安全に今日借りれるカードキャッシング/ 1+3

280万円は、どうしても今日中に借りたい? より低金利で選びたい?

今日中に借りる必要がある方は、こちら↓

今日中に融資も可能なキャッシング・カードローン <特集ページ>


低金利で選びたい方はこちら↓

1番安い低金利キャッシングのカードローンは? 2017年最新一覧表


 

280万円に限らないキャッシングの話

キャッシングのメリットは素早く簡単

キャッシングとは消費者金融と呼ばれる金融機関や、銀行などから個人に対して行われる融資の ことです。従来はカードを使用し、消費者金融や銀行のキャッシュディスペンサーやATMからお金を引き出すカードローン形式が多かったのですが、近年電話 やインターネットで申し込み、口座に振り込まれるなど多様なサービス形態がとられています。キャッシングのメリットとして代表的なのは、その素早さです。 融資を受けるまでの時間が他のローンと比べ、短く済みます。一般的な消費者金融の申し込みから審査完了までの時間は平均して数十分から数時間程度です。遅 くても数日で審査が完了されます。カードを持っていれば急にお金が必要になった時、ATMなどにカードを差し込み暗証番号を入力するだけで、すぐに融資を 受けることが可能です。コンビニで利用可能なキャッシングカードもあるので24時間いつでもどこでも利用できるのも、キャッシングのメリットといえます。 また、キャッシングのメリットとして挙げられるのが、手続きが簡単な点です。基本的にキャッシングは金融機関による本人確認のもと、利用者への信用に基づ き融資が行われるため、保証人がいらず無担保で融資を受けることが出来ます。キャッシングを行うことが出来るのは18歳、または20歳以上で職を持ってい る人です。職を持っている人とは正社員の他、契約社員、派遣社員、アルバイトも含まれるため、実際には年齢さえ達していればほとんどの人が融資を受けるこ とが可能なのです。

消費者金融のこれから

2006年12月に、改正貸金業法が成立、公布されまし た。改正法では、出資法の上限金利と利息制限法の上限金利の間のグレーゾーン金利が廃止され、2010年6月18日に利息制限法の上限金利である20%に 統一されました。また、融資総額が利用者の年収の3分の1を超えてはならないという数量規制も導入され、貸金業者の資格要件が強化されたため、この規制強 化に影響を受けて、中小規模の登録貸金融業者数の減少や、大手消費者金融会社と銀行グループや他業界との業務・資本提携など、業界再編が見られています。 今後消費者金融はどのようになっていくのでしょうか。銀行が消費者金融会社と合弁で新会社を設立する動きがみられますが、そのノウハウを蓄積し、本格参入 してくる可能性があるでしょう。また、鉄道会社の参入すると、ビジネスマンが利用する駅にATMを設置することが可能になれば、利用者の利便性が高まりま すので、期待が持てます。また、ショッピングモールやスーパーマーケットにATM設置が増えれば、主婦層をターゲットとした戦略が可能になります。また、 失業率が高止まりしてしまっており、不景気の中、自己破産をする人が増え、貸し倒れが今後も増える可能性もあります。今後は、新規開拓とともに、商品内容 の充実などによって、顧客を獲得するなど、消費者金融会社のさらなるサービスの充実が求められくるでしょう。たとえば、銀行などのように、教育、車、住宅 といった、目的別ローンの導入などにより、顧客層を広げていくのも一つでしょう。また、合併などにより、規模の経済を活かした経費削減が可能になるでしょ う。これまで培ってきた利便性と最短スピード審査のシステムを存分にいかし、新金融システムの構築が期待されます。

キャッシングの助けを借りて看護師に

今、 私は看護師の仕事をしています。でも大学を卒業した時には、普通の会社に就職しました。非常に大変な職場で、サービス残業も多く、体の調子がだんだんおか しくなりました。めまいと吐き気がひどいのです。とうとう会社は2年でやめました。病院の診断は、メニエル病でした。派遣の仕事を始めましたが思うように 働けません。家で療養しても、あまり良くならず、入院することもしばしばありました。病院に入院している間に、看護師の仕事に憧れるようになったのです。

病 院にとても親切な看護婦の方がいました。患者さんに接するときに、やさしさと温かみを感じる人でした。私の悩みにも、いつも耳を傾けてくださいました。そ の方を見ていて、看護師の仕事は素晴らしいと思うようになったのです。目標が決まったら、不思議なもので病気も少しずつ良くなりました。メニエル病の症状 が出なくなったときに、看護師の学校に入学する決心をしました。しかしいろいろなハードルがありました。学校に通う期間は3年間です。入学試験もありま す。それから費用も頭の痛い問題でした。私立の学校に行くと、学費が年に100万近くになることが分かりました。公立の試験も受けたのですが不合格で、結 局私立の学校に行きました。

学校に入るときのお金は、カードのキャッシングを利用しました。親には金銭的な負担をかけたくなかったので、その選択は悪くなかったと思っています。看護学校では熱心に勉強しました。看護師の国家試験に無事に合格して、いまは看護師として生きがいを持って働いています。

 

280万円に限らないカードローンの話

カードローン審査の必要性というものについて

現在、手軽に利用できるカードローンとして数多くの企業が貸付を行っています。これは銀行や信販や消費者金融などの金融機関が貸付専用のカードを発行し、申し込みをした消費者がしかるべき窓口やATMを利用するものです。このカードローンの申し込みの際には、カードローンを発行するためにいくつか通らなければならない事柄があります。ここにカードローン審査の必要性が出てくるのです。借りる金額は金融機関によりかなりの違いがあり、また同じ金融機関でもいくつかのコースを設けているところもあります。カードローンは最終的に決められた期日にしっかりと着実に返済することを求められます。大きな金額が借りられるから、と次々と借り入れを行っていると後々が大変なことになりますので十分に気をつけておきましょう。あなたが得られる給料内で、返済に充てられる金額はどれくらいなのか、最初にシミュレーションしておくとよいですね。そしてカードローン審査の必要性ですが、金融機関としては返済能力が申し込みを行った消費者にしっかりとあるのかどうかを調べるようになっています。勤務先やその連絡先や収入、また長く返済が滞っていたり自己破産などの金融事故にあっていないか、債務整理を行っていないかなど信用に関わる基本的なことのチェックが入ります。無職だったり住所や連絡先など虚偽の申告をしてもすぐにわかりますので注意しましょう。このようにカードローン審査の必要性は重要項目となっているのです。

投稿日:2015年8月3日 更新日:

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.