マネラテは、仕事と資金繰りと生活を同時に考える必要がある自営業のお金にまつわるブログです。生活費の実態や節約 節税、自営業の資産構築方法&生き残る仕事を戦略的に考察することも。

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など

550万円貸してくれる所⇒安全に今日借りれるカードキャッシング! ※2+2

550万円は、どうしても今日中に借りたい? より低金利で選びたい?

今日中に借りる必要がある方は、こちら↓

今日中に融資も可能なキャッシング・カードローン <特集ページ>


低金利で選びたい方はこちら↓

1番安い低金利キャッシングのカードローンは? 2017年最新一覧表


 

550万円に限らないキャッシングの話

キャッシュフローとキャッシングの必要性

キャッシングとは、端的に言うとお金の借り入れです。そのため、キャッシングをすると家計簿上は負債が生じてしまうことになりますので、嫌遠される方も多くおられます。

確かに、お金に困っておられない限りはキャッシングの必要性はないと言えます。 しかし、帳簿と実際のお金の流れから考えた場合、キャッシングの必要性が重要視される場合もあります。

企業の計算などでよく、黒字倒産ということが言われる場合があります。黒字倒産とは、帳簿の計算上は黒字でも実際のお金の支払い時期などが先に来てしまい、お金が回らなくなってしまう状態をいいます。計算上は黒字でも手元にお金がないため、倒産してしまう状態です。

こ の事態は家計でも当てはまります。給料日が来ることは明らかでも、それまでにお金が手元になくなってしまう状態では今日の食事にも困ってしまいます。 こ のような場合にキャッシングの必要性があります。必要最小限の借り入れだけをしてお金をうまく回すということです。このことによってお金の流れ、つまり キャッシュフローを良くすることが可能となります。お金の流れが止まってしまうと実際の経済生活が成り立たなくなってしまいます。

実際に キャッシングをされる場合には審査があり、審査を通れば借入ということになります。借り入れの場合には金利や返済期日をしっかりと確認されて可能な限り負 担が少なくなる方法を利用することが賢い使い方です。キャッシングを賢く使うことでお金に困ることのない生活を送ることができます。

公認会計士の勉強の為にキャッシング

将 来のことを考えて、企業でも重要視されて、個人でも仕事ができるようになりたいと思い、公認会計士の資格を取ろうと考えました。自分で勉強すれば、合格率 が低い難しい試験と言っても大丈夫だろうと思って、とりあえず1冊参考書を買ってみたものの、全く分かりませんでした。

そこで、分からない 部分はネットで調べれば良いと思い、参考書を見ながら、分からない部分はネットで調べて勉強していたのですが、覚えたと思っていた内容が数日経つと忘れて いました。勉強方法としては、参考書を読み、覚えないといけない部分は印をつけて、ノートに書き出してまとめるようにして、さらにノートにも印をつけたり していたのですが、ノートを見直しても、内容が分からなかったりしていました。そこで、勉強方法が悪いのかと思って、またもやネットで調べて、合格した人 の勉強方法を調べて真似したりしたのですが、やはりなかなか頭に入りませんでした。

これは、独学では無理かもしれないと、ようやく考えるよ うになって、学校に行こうと思ったのですが、今度はお金が足りません。とりあえず、返すアテもあるしということで、キャッシングで借りて学校に行くように したところ、今まで内容が分からなかったり、覚えていなかったところが、しっかりと理解でき、覚えられました。それどころか、独学で使っていたノートに何 も書き加えることもなく、そのまま利用できました。やはり内容をしっかりと理解することは重要ですね。これで、公認会計士の資格を取れそうです。

 

550万円に限らないカードローンの話

自動車の費用をカードローンで借りる

私は、自動車についてもともと目がないところがありました。外車の中で、自分のお気に入りの車種があるのですが、中古車でなかなかの価格で販売され ていることを、インターネットで調べていると知りました。リーズナブルとはいっても、外車ですから、それなりの費用がかかります。正直、自分の用意してい るお金では購入することができませんでした。

正直、「今回は購入をあきらめるか」と思ったこともありました。しかし、ほかのインターネット のサイトなどで調べてみても、その外車が、それほどまでにリーズナブルな価格で販売されているところはありませんでした。ですから、徐々に自分の気持ちの 中で「もしかすると、今回のチャンスを逃したら、もう一生、この外車のモデルを購入することができないかも」と思うようになっていったのです。

そ こで、なんとか、そこから貯金をして、一方で、そのモデルの価格をインターネットなどでにらめっこをしながら見て、ある程度お金がたまったところで、購入 することにしたのです。もちろん、全額を自己資金で、というわけにはいきませんでした。そこで足りない部分は、カードローンの力を借りて、購入することに しました。

今、カードローンの借り入れの返済を行っています。確かに生活費のやり繰りなどは、返済の負担がついたことで、厳しくなっていることは確かです。でも自分の欲しかったタイプの外車を購入することができたので、一切後悔はしていませんね。

自宅の情報から考えるカードローン審査の基礎知識

カードローンの査定を受ける時には、さまざまな自分の情報を提出することになります。そういった情報からどういった内容で査定をされていくのか、ということはしっかりと知っておくことが肝心になります。そういったことを知っておくことが必要になるというわけです。そこでそのカードローン審査なのですが、具体的に考えますとカードローン審査の基礎知識にもなるのですが、自宅の情報が必要になります。自宅の情報がカードローン審査に入ってくるということは、その情報がかなり査定に含まれてくると考えてもよろしいでしょう。その自宅の情報から考えるカードローン審査の基礎知識といいますと、必要になる情報にもチェックをしていく必要があります。自宅の情報としましては、まずは住所があります。住所情報は欠かせない情報になります。郵便番号などもしっかりと記入をしていくことが必要です。そして、持ち家か借家がというような違いもあります。持ち家か借家につきましては、査定にも大きく関わります。カードローン審査の基礎知識として持ち家は高評価で借家は低評価となります。また、自宅電話の有無も自宅情報に大きなかかわりがあります。自宅電話の有無という部分なのですが、もちろんあった方がよろしいことになります。自宅電話がある方が評価としては高くなります。もしもない場合には、査定では低く評価されるということは覚悟されるべきです。自宅の情報から考えるカードローン審査の基礎知識というものはかなり重要なものになります。以上の点をおさらいしておくと査定を受ける時に参考になります。

更新日:

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.