【マネラテ】自営業のお金ブログ!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など

銀行カードローン

銀行でお金を借りる際の審査のポイント。職業、年収、他の借入、持ち家か賃貸か

更新日:

年収はいくらあるか?

銀行でお金を借りる場合の審査ポイントとして、もっとも重要視されるのが、申し込みをした人の年収はいくらあるか、という点です。簡単に言ってしまえば、年収が高ければ高いほど審査には有利で、低くなればなるほど厳しいものとなるのです。ではどれくらいの年収があればいいのか、という点ですが、これは融資を受ける額によってもことなってきます。毎月どれくらいの月収があり、そのなかからいくら返済に回せるのか、また返済に回せるだけの余裕があるのか、という点を見られます。

月収が10万円だから、毎月頑張って8万円支払うので、お金を融資してほしいと言ったところで、審査が通ることはありません。いくら月収が10万円であったとして、毎月その10万円を返済に回せるわけではありません。毎日の生活の中では必ず光熱費、公共料金、その他交際費などがいろいろかかってしまうものです。いろいろひくと余分なお金が残らなくなってしまいます。ではどれくらいが年収から計算した借入額なのでしょうか。これも生活水準によって差はありますが、一般的には月収の3分の1以内の毎月の返済額であれば、生活のレベルを下げなくとも返済してける程度といわれています。たとえば、月収12万円なら、4万円の返済まではできるであろうという判断になります。

年収を申し込みの際に提示しなければいけませんが、今は融資額が100万円以下であれば、所得証明書入りません。そのため、100万円以下の場合、年収をごまかすこともできてしまいます。ですが、それは偽証罪になるばかりでなく、無理な借り入れは、返済できなくなる可能性もあるので、正しいい年収で審査してもらいましょう。

他の借入はあるか?

銀行でお金を借りる時には、必ず他の借入についての項目があります。消費者金融カードローンなら、借入金(融資限度額を含む)の合計が年収の3分の1までですので、これから申し込む借入金と共に今ある借入金も計算されます。銀行カードローンは総量規制の対象ではありませんので、年収の3分の1以内しか借りられない、ということはありません。ですが、銀行でお金を借りる場合にも、どれだけ借入しているのかは重要なポイントになってきます。

いくらまでならOKという基準はないのですが、それでも毎月支払っていくのが苦しくなると判断された場合には、審査が通らない可能性も出てきます。

では、その他の借入を黙っていたらどうなるのか、内緒で申し込みをすれば何とかなるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、それはすぐに分かってしまいます。100万円までの借入なら収入証明書は不要ですので、収入はたしかに多少多めに書いてもばれないかもしれません(やってはいけませんが)。ただ、借入に対しては、確実に銀行の方で把握しているのです、たとえ0円と記載しても、その方がどれだけの借入があるのか、というのはわかります。それは自分の銀行だけでなく、他の記入機関から借入した分に関しても情報は共有されているのです。クレジットカードをお持ちの方も多いと思いますが、実はそのクレジットカードのキャッシング枠を設定しているとそれも借入とみなされますので、注意しなければいけません。

家族の構成は?

申し込みの際には、家族構成についても記入する必要があります。これは審査に関係ないだろうと、思う人もいるかもしれませんが、実はこれも銀行でお金を借りる場合の審査のポイントになります。もちろん、家族構成がどうだからダメだ、という訳ではありません。もし審査が不可となった場合、その理由は知ることはできませんが、家族構成が直接の問題となる事はありません。ただ、家族構成によって、その方の収入に対する返済能力が変わってくるからです。

例えば、家族で自分だけが働いており、子供3人、両親も働いていない、という状態であれば、その人の収入がその家族全員分の生活を担っています。その一方で、結婚もしておらず、両親も仕事をしている、扶養家族もいない、というのであれば、その方の収入のほとんどが自由に使えるお金、と判断されます。そのため、同じ年収、年齢、職業その他の条件が同じでも家族構成により、返済能力は差が出てしまうのです。

とはいうものの、家族をどうこうする、ということはできることではありませんので、どうしようもないことですが、もし、同じ条件なのに、他の人は審査が通って、自分は通らない、ということがあったとするならば、それは家族構成によるものである可能性もあるでしょう。実際、家族構成に関しては、銀行側で調べることはまずありませんので、ごまかすことはできるかもしれませんが、やはり審査が通らない、ということは返済するのが厳しいと判断されてのことですので、生活が苦しくなるのは間違いないでしょう。

住まいの信用度

銀行でお金を借りる場合の審査申し込みの際には、住まいについての情報も記載するところがあります。どこに住んでいようと関係ない、ただの情報のひとつだろう、と思うかもしれませんが、実はこれも審査のポイントになるという事はご存じでしょか。

極端な例を出しますと、もしあなたがお金を貸す、という場合マイホームを持っている人と、ホームレスの方、どちらに貸しますか?寄付するというつもりなら、生活に困っていそうなホームレスの方に貸すかもしれませんが、絶対に返してもらいたい、と思うならやはりマイホームを持っている方に貸すことでしょう。それと同じようなもので、住まいの信用度によって審査が変わってしまうこともあります。

もちろん、ホームレスというのは極端な例ですが、それ以外にも住まいの信用度は違います。最も信頼度が高いのがやはり持家一戸建てで、信頼度が低いのはアパートなどの賃貸に住んでいる方です。収入が多くても、家賃がかかるアパートやマンションと、家賃がかからない持家一戸建てでは、自由にできるお金も変わってきます。また賃貸だと、返済が滞った時に場合によっては行方がわからなくなる、という可能性があるからです

もし、アパートで一人暮らしをしていて仮に銀行カードローンの審査が落ちてしまった、もしくはもしかすると審査が厳しいかもしれない、と思った時にはその時だけでも実家に戻り、そこで申し込みをすれば住まいでの審査は有利になることでしょう。

職業の信頼性

銀行でお金を借りる場合、審査の際に重点を置かれるポイントとして職業があります。審査では年収も大きなポイントになるのは間違いのないことですが、たとえ年収が同じでも、審査が通る人と通らない人がいるのです。場合によっては、年収が低い人が審査をパスして、年収が高い人が審査で落ちてしまうというケースも考えられます。それが職業の信頼性です。職業はいろいろありますが、高収入、というだけでなく安定性の面でもチェックされてしまうのです。

銀行の審査の際に見るのは、どれだけ年収が高いか、という事ではありません。完済までの期間、毎月確実の返済してもらえるかどうかが重要なのです。言いかえれば、多少年収が低くても、その収入が継続していけるかという点です。職業にはいろいろなものがあり、毎月ある程度決まった額を給与としてももらえる場合と、歩合制、自営業などのように、その月によって収入が変わってしまう職業もあります。その中でも職業の信頼度が高いのは、医師や弁護士、身近な職業で言えば公務員などは最も信頼度が高いです。年収は年齢、仕事内容によっても大きく変わりますが、よほどのことがない限りクビになることはありませんので、その年収を維持できます。その次は会社員です。その会社員も一流企業と中小企業でも信頼度が違います。こちらも安定収入が確保できますが、不景気の昨今、会社が倒産したりリストラに合う可能性もあるので、公務員よりは安定していません。最も信頼が低いのが自営業です。景気で左右されることが多く、たとえ1年の年収が高くても、その翌年も維持できるという保証がありません。サラリーマンがリストラになっても、失業保険はもらえますが、自営業はそういう訳にもいかない場合もあります。

年齢制限はあるか?

銀行でお金を借りる場合、年齢も審査の対象です。若いほどいいのか、それとも年齢が高い方がいいのか、実はどちらもいきすぎてはいけません。基本的に銀行カードローンは、20歳未満は審査の対象外になります。20歳になれば銀行でお金を借りることができるようになりますが、やはり信用度の関係であまり高印象ではありません。収入面でも低い傾向にありますし、仕事に就いてからも年数が経過しているわけではなく、すぐに辞めてしまう可能性もあるからです。また、お金を借りるということに関しての意識も低く、確実に返済してくれるかどうか信頼性にかける傾向にあります。

では年齢が高ければいいか、というのも違います。その銀行によって異なりますが、だいたい銀行カードローンが申し込めるのは65歳未満ということになっています。それは、やはり定年してしまうからでしょう。定年すれば当然収入がなくなるわけですから、審査が厳しくなります。また65歳になっていなくても、返済期間が長期にわたってしまい、完済前に定年を迎えるようだと、やはり厳しくなってしまうでしょう。また年齢を重ねるにつれ健康面でも問題が出てきてしまい、仕事ができなくなるというリスクも増します。

年齢で最も問題がないのが30代~40代でしょう。働き盛りで健康面でも問題ありませんし、就職してからも10年以上経過、年収もアップし、会社でも重要なポストにいる可能性もありますので、リストラの心配も少ないでしょう。

この記事を書いた人

HN:マネラテわんわん
HN:マネラテわんわん
お金喫茶マネラテの看板犬です。
鼻が利くので、いろいろな情報記事を担当していますわん。雑多な記事はたいてい僕が担当したものです。

アドセンス

スポンサーリンク

-銀行カードローン

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.