【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

銀行のお得な話・損しない銀行活用

ネット銀行とは

更新日:

普通の銀行との違い

最近は、普通の銀行ではなく、ネット銀行を利用している方も増えてきました。しかし、ネット銀行とはよく聞くけれど、実際にはどういった銀行なのか分からないという方も、多いのではないでしょうか。

普通の銀行と、ネット銀行とは何が違うのでしょうか。まず、ネット銀行の特徴は、店舗を持たないことが上げられます。口座を作った方は、インターネットを利用して振込を行ったり、残高参照を行ったりすることができます。家にいながら振込が行えるとなると、やはり便利と感じる方が多いですよね。今までは、わざわざ銀行の窓口で振り込んでいたものが、自宅にいながら振込を行えるのですから、これはパソコンを利用する方にとってはとても便利といえるでしょう。そして、ネット銀行では店舗を持たないことから、施設の費用や設備費用、人件費などを抑えることが可能となります。そのため、利用する方にとっては、その分金利を高く利用できたり、手数料を安く利用することが可能となります。これだけ聞くと、興味を持つという方も多いのではないでしょうか。今は、どのご家庭でもパソコンがある時代になりましたから、これからはこういったネット銀行がどんどん普及し、利用されていくのではないでしょうか。

お仕事で、振込に行く時間がなかなか作れないという方、ATMを利用時間内に行くことは難しいという方は、一度ネット銀行での口座開設を考えてみても良いかもしれませんね。今までよりも、便利に銀行を利用することができるようになりますよ。

種類

これから、ネット銀行を利用しようと考えている方もいるのではないでしょうか。やはり、ネット銀行は自宅にいながらサービスを受けることができますので、とても便利ですよね。しかし、このネット銀行は様々な種類があるのはご存知でしょうか。実は、その形態によって特徴があります。

では、ネット銀行の3つの形態をご紹介しましょう。まずは、オンラインバンキング。こちらは、店舗やATMを持つ普通の銀行が、提供を行っているネット銀行のサービスとなります。オンラインバンキングでは、インターネット上での振込や残高照会を行うことが可能となります。また、窓口サービスも利用することが可能となります。こちらのサービスを行っている代表的な銀行は、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行となっています。そして、ネット支店は普通の銀行が運営を行っているネット銀行のサービスとなります。ネット支店という、特別な支店での取引を行うことになり、通帳などは発行されず、残高はインターネット上で確認することになります。窓口でのサービスは、一部の制限がありますが手数料などは安く利用することが可能となります。ネット支店の代表的な銀行は、あおぞら銀行、インターネット支店、新生銀行となります。また、ネットバンクではインターネット専用の銀行となっています。店舗はありませんので、窓口などを利用することができませんが、金利や手数料などはお得に利用することができます。代表的な銀行は、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行となっています。

入金方法

ネット銀行を、これから利用してみたいと考えている方にとっては、利用方法が分からないという方も、多いですよね。実際に利用している方が、身近にいる場合には聞くことができますが、身近にいない場合には、なかなか知ることができないと思います。

では、ネット銀行を利用して、入金を行う方法をご紹介しましょう。ネット銀行では、基本的には店舗やATMはありません。通常であれば、窓口やATMから入金することになりますが、ネット銀行の場合にはそれが行えません。では、どうするかというと、ネット銀行では自分の口座へ振り込むことが、入金するという扱いになります。しかし、ここで提携している銀行はどの銀行なのか、ということが大切となります。ネット銀行では、普通の銀行やATMと連携を行っています。そのため、手数料を必要とせず、入金や出金が行えるシステムになっています。最近は、コンビニなどでもATMが設置されていますが、こういったATMとの提携も行っていますので、とても気軽に入金などを利用することが可能となります。提携をしていない銀行の場合には、利用できないのか、というとそうではなく、手数料は発生しますが利用することは可能となります。中には、セブン銀行のように、ネット銀行でも自社のATMを持っている銀行もあります。こういったネット銀行であれば、スムーズに入金や出金を行うことができるでしょう。

口座を開設した後には、各店舗やATMを利用して手数料がかからずに、入金を行うことが可能となります。

出金方法

ネット銀行に興味があるという方も、多いと思います。今は、普段からパソコンを利用する方が多いですから、ネット銀行を利用することで、便利に活用することができますよね。しかし、まだ利用方法がイマイチ分からないという方も多いと思います。

では、ネット銀行の出金を行う方法をご紹介しましょう。入金を行う際に、ネット銀行では自分の口座へ振り込むことが、入金の扱いになるとご紹介しましたが、出金の場合にも同様に自分の口座から引出をすることが、出金の扱いとなります。しかし、ここで注意が必要なのは、提携していない銀行ATMを利用する際には、手数料が割高になってしまうということ。ネット銀行は、手数料が安いからと思い利用する方も多いと思いますが、提携していない銀行の場合には、逆に損をしてしまうことになります。そのため、口座を開設する際には、開設しようと考えているネット銀行と、ATMが提携しているかどうか確認する必要があります。また、出金の際にどのくらいの手数料がかかるのかも、チェックしておいた方が良いでしょう。中には、一カ月○回までの入出金、振込の場合には、手数料無料というサービスを行っている銀行もありますので、口座開設する際にはこういった銀行を選んだ方がお得に利用することができるでしょう。

これから、ネット銀行の開設をしようか考えている方は、まずはネット銀行の提携銀行や出金の際、振込の際の手数料などをしっかりとチェックしてから利用するようにしましょう。

振込

お仕事をしている方の中には、普段の振込が面倒と感じている方、銀行に行く時間を作るのが大変、という方もいるのではないでしょうか。そんな方にとっては、ネット銀行はとても便利に利用することができますよ。

ネット銀行から、他の銀行に振込みを行う場合には、インターネット上で行うことが可能となります。わざわざ、窓口やATMなどに行かなくても振込が行えますし、3時までに行かなくては…ということもなくなります。インターネット上からの振込の場合には、24時間365日、ご自分の都合の良い時に振込みを行うことができますので、とても便利。口座開設を行った際に、提携している銀行、ATMを契約していると思いますが、その口座に入金さえ行われていれば、いつでも振込が可能となります。ATMへの入金であれば、入金可能時間も長いですし、コンビニATMが提携されている場合であれば、時間を気にせずに利用することができますよね。この振込の際の、振込手数料は、同じ銀行への振込みの場合には無料というところが多くなっています。また、他銀行への振込みの場合でも、普通の銀行からの振込みを行うよりは、安く利用することが可能となります。ネット銀行の中には、月に○度までという制限はあるものの、手数料が無料というサービスを行っているところもありますので、こういったサービスがある銀行を利用すると、よりお得に利用することができますよね。更に、法人での振込を行う際にも、ネット銀行はコストを削減することが可能となりますのでおすすめといえます。

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-銀行のお得な話・損しない銀行活用

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.