マネラテは、仕事と資金繰りと生活を同時に考える必要がある自営業のお金にまつわるブログです。生活費の実態や節約 節税、自営業の資産構築方法&生き残る仕事を戦略的に考察することも。

【マネラテ】自営業のお金!生活費と資金繰り 低金利借換 資産運用など

クレジットカードの審査や金利とキャッシング

信販会社のキャッシングの特徴。メリット、デメリット、金利と総量規制

更新日:

信販系キャッシングのメリット

キャッシングを取り扱っている金融業者には、いくつかの系統に分けることが可能です。大筋の流れでは、どの系統のキャッシングでも大きな違いはありませんが、系統ごとの特色があり、その違いが人によってはメリットともなり、またデメリットとも捉えることが出来ます。
しかし、あくまでも借りたい人の条件の違いによるものですから、名の知れた金融業者が取り扱っているキャッシングであれば、それほど心配する必要はありません。
その特色と言うのは、一つ目は「審査」についてです。銀行系統に分類されているキャッシングの一番の特徴は、この「審査」の厳しさと言えます。個人信用情報に基づいて判断をし、場合によってはキャッシングの利用を断られることもあります。しかし、その分借りられる金額が多かったり、低めの設定にされた金利だったりしますので、「審査」が厳しいことが一概にデメリットとは言えません。
反面「消費者金融系統」のキャッシングは、「銀行系統」に比べて、「審査」の基準はそれ程厳しくないようです。その反面借りられる金額は少なめで、金利は高めと言えます。
「信販会社」のキャッシングは、「銀行系統」と「消費者金融系統」の中間的な設定が多く、「銀行系統」ほど「審査」は厳しくないけど「消費者金融系統」程金利は高めではないという点で、一番利用し易いキャッシングの種類と考えることが出来ます。
また、借入や返済が、コンビニエンスストアの現金自動受払機を利用でき、手数料も無料なケースがあるのは大きなメリットです。

信販系キャッシングのデメリット

信販会社が取り扱っているキャッシングのデメリットはというと、やはり「銀行系統」のキャッシングと「消費者金融系統」のキャッシングの中間的な要素から、向いていないと感じる人もいるかと思います。
どのキャッシングも、利用するに当たって、事前の「審査」が必要になります。厳しい「審査」を行うには、どうしても時間を必要としてしまいます。これは、すぐにお金を必要としている人にとっては、デメリットと感じることでしょう。
「審査」の時間の短さでは、やはり「消費者金融系統」のキャッシングが、一番速い診断を行うと定評があります。最近では信販会社のキャッシングでも、「即 日」と謳っているところもありますが、「消費者金融系統」の速さには、まだ勝てないようです。しかし、その分、金利の面では、安めの設定のことが多いの で、スピードを求めない人にとっては、デメリットではありません。
また、信販会社が取り扱っているクレジットカードの機能としての「キャッシング枠」については、気軽に使えるという点ではありがたい機能なのですが、金利は高く、十八から二十パーセントという、法律で決められた金利の上限の設定が多いようです。
クレジットカードは、普段買い物などで頻繁に使いますが、どこでスキミングをされるか判りません。もし情報を抜き取られ、暗証番号まで知られてしまうと、 不正にキャッシングされたお金に対しては、保険の対象外と捉えられている点も、気をつけなければならないポイントです。

信販系キャッシングの金利

信販会社が取り扱っているキャッシングにも、各社の設定に幅があると言えます。そんな信販会社の中でも、一番安い金利の設定を打ち出しているところは「オリックスクレジット」が扱っている「オリックスVIPローンカード」のキャッシングです。
その金利の設定は、三点五パーセントから、十四点八パーセントという、銀行系統のキャッシングに、勝るとも劣らない、低い金利となっています。また、その 借りられるお金のマックスの設定は、最大で八百万円という高額です。ただし、こちらの「審査」の基準は厳しく、年収の額も、ある程度の高額の収入を求めら れます。
「三井住友ゴールドローン」も、かなり低い金利設定を売りにしています。四点五パーセントから九点八パーセントという範囲となっています。やはり「審査」 と言う点で、それなりの条件は求められますが、この金利の安さは大きなメリットですね。ただし、年齢の上限としては、五十五歳までとなっています。
もう少し身近なキャッシングですと、「セゾンマネーカード」は、金利の設定は十五パーセントですが、「審査」と言う点では、一般的な収入でも利用可能でしょう。
クレジットカードに付随している「キャッシング枠」の金利は、高めの設定となっていて、例えば「セゾンカード」ですと、十二パーセントから十八パーセントという幅になっています。
実際に、低い金利で利用するには、利用実績を積み重ねていかなければいけませんので、初めての利用のケースですと、高めの金利からスタートする形になっているようです。

信販系キャッシングと総量規制

お金を貸して利益を得る商売のことを、貸金業と呼称していますが、この貸金業については、さまざまな法律で定められた決まりごとにより、適切な利用が出来るよう管理されています。
この法的な決まりごとの一つに「総量規制」と呼称されているものがあります。この「総量規制」というのは、もちろん貸金業への制約ではありますが、その目的は、むしろ消費者を守るものと言えます。
「総量規制」とは「収入の1/3を超える貸付を行ってはいけない」という規制です。例えば、年収が三百万円の人が借りられるお金は、百万円まで、というこ とになります。この場合の1/3は、借りられる総額のことを指し、すでに借入があって、返済が終わっていなければ、新たに借りられるお金は、総量規制に よって制限されることになるということです。
もちろん信販会社のキャッシングについても、「総量規制」で制限される対象となっています。「審査」の段階で、「個人信用情報」の中のデータには、その人が現在借り受けているお金の情報も含まれますので、「総量規制」をごまかすことは出来ません。
「審査」の内容によっては、まだ借入していなくても、クレジットカードのキャッシング枠の分も、「総量規制」の1/3の中に含まれて計算されることもあります。もし必要でなければ、「キャッシング枠」を小さく設定しておくことも良いでしょう。
消費者が、借りすぎて破産しないように決められた法律ですので、私たちも決められた範囲での借入に留めるべきです。

クレジットカードのキャッシング枠

今や、社会人でしたら、どなたでも一枚は持ってらっしゃるだろうクレジットカードですが、これは信販会社が取り扱っているもので、まさしく「信用販売」として掛けで買い物が出来る仕組みを便利にさせたものが、クレジットカードというものです。
実はその誰でも持っているクレジットカードには、物を買うためだけではなく、お金を借りられる機能も付随している事は、知らない人もいるのです。
クレジットカードで利用できる借入は、「買い物枠」と「キャッシング枠」との合計で、制限されています。その金額は、クレジット会社やカードの種類で違います。
今では、五十万円以上の借入については、収入の証明の書類を出す必要がありますので、「キャッシング枠」の初期の設定は、それほど多額ではないようです。
信販会社が取り扱っている「キャッシングカード」を使ってお金を借りる場合の金利は、低いものでは五パーセントくらいから設定されているものがあります が、クレジットカードに付随している「キャッシング枠」でお金を借り入れると、十八パーセントなどの、高い金利が掛かります。
わざわざキャッシングの申し込みをしなくても使える、クレジットカードの「キャッシング機能」ですが、金利の面で不利なことを認識して、必要最低限の利用に留めておいた方が得策です。
スキミングなどの、クレジットカードの情報を抜き取る手口などを考えると、利用する予定が無ければ、「キャッシング枠」の額を、零円にしておくのもひとつの選択肢と言えます。

信販系キャッシングカードの特典

信販会社が取り扱っているキャッシング用のカードには、いくつかのお得な点があります。
まず、キャッシングでお金を借り入れる時や、借りたお金を戻す際に、街中のコンビニエンスストアの店内にある「現金自動受払機」を利用する手数料が、信販会社と提携しているコンビニエンスストアでならば、無料で使えるという点です。
自分の預貯金の口座のお金を、コンビニエンスストアの「現金自動受払機」で下ろしたとしたら、二百円程度の手数料が掛かります。このことを考慮すると、小額の借入であれば、自分のお金を使うより、借りてしまった方が安く済むというケースも考えられるのです。
また、借入や返金を口座振込みでの受け渡しにした場合でも、ネットバンキングを利用しての受け渡しであれば、手数料が無料という信販会社もあります。一般 的なお金の振込みでは、たとえネットバンキングでも、同一支店内や、ゆうちょ銀行同士などでない限り、振り込み手数料として、百円から数百円は掛かってし まうのが普通ですから、本当にお得な特典と言えるでしょう。
また、信販会社によっては、提携しているゴルフ場やホテルの宿泊の際に、割引料金が適用されるというキャッシングカードも存在します。
ほとんどの信販会社のキャッシングカードには、クレジット機能も付随していて、ポイントを貯められるものもありますので、キャッシングは使わなかったとしても、一枚持っていても損はしないカードと言えるでしょう。

この記事を書いた人

HN:マネラテわんわん
HN:マネラテわんわん
お金喫茶マネラテの看板犬です。 鼻が利くので、いろいろな情報記事を担当していますわん。雑多な記事はたいてい僕が担当したものです。

アドセンス

スポンサーリンク

-クレジットカードの審査や金利とキャッシング

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!生活費と資金繰り 低金利借換 資産運用など , 2017 All Rights Reserved.