【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

金利の低い/利息が安いカードローンはどこ?

キャッシング

一言で借入と言っても、実はさまざまな種類が存在します。今までに多くの金融機関が様々な借入の方法を提案してきましたが、現在ではそのほとんどの方法が名目上だけ名前が異なり、実質のサービス内容は大きく違わないといった状態です。しかし、借入をおこなう上ではこのようなもともとの意味あいや基礎的な知識を身につけておく事で、借入が必要になった時にどのサービスや機関を利用するかがわかってくるでしょう。
では、まずはじめにキャッシングから説明していきます。キャッシングは、おそらく借入の方法の中ではかなり古い部類に入り、現在利用できるものの殆どのものの原型といっても過言ではないでしょう。キャッシングは、現金を直接借り入れる方式で自動車ローンや住宅ローンなどのように使用用途が限定されておらず、幅広く使用していけるのが一番のポイントです。
おおくの消費者金融では、このキャッシング制度を古くから導入しており、インターネットやコンビニATMがここまでの普及を見せるまでは、キャッシュディスペンサーとよばれる専用の機械で借り入れがおこなわれていました。当時では、現金無人借入機というキャッシュディスペンサーが設置された無人店舗が各地にあっただけでも非常に利便性の高いものでした。
また、キャッシングと銀行の入出金をするキャッシュカードとは別物で、キャッシングは現金を借り入れる目的で使用されている言葉です。

カードローン

キャッシングに続いて、カードローンについて説明する前に、まずはローンについて考えていきましょう。ローンは、自動車ローンや住宅ローン、ショッピングローンなどで知られる通り、大きな買い物をする際に分割支払いを組む目的で利用されている借入サービスです。キャッシングとは違って、借入をしたお金の使い道が限定されており、現金を借りるというよりは、一括では支払えない大きな買い物をする場合の計画的な分割支払いをするためのものです。ローンでは、自動車メーカーや不動産業者、商品の販売店などと提携して利用される事が多く、お店側としては、ローンを組んでもらう事で高額の買い物をすぐに決断してもらえて、現金はローン会社が一括で立て替えてくれるというメリットがあります。消費者は、高額の買い物を長い間貯金しなくてもすぐに購入できるため、季節ものや一点限りなど、とても貯金をしていては間に合わないようなものを購入できる利点があります。
このような特徴のあるローンですが、カードローンは少し別の意味あいを持っており、どちらかというとキャッシングに近いようなサービスになります。分割支払いを組むというよりは、カードを利用してATMなどから現金が借入できるシステムで、しようの用途が限定されません。カードの利用限度額以内であれば何度でも連続して借入がおこなえる為、こまめな出費に対応できます。
また、カードローンの大きな特徴ともいえるのがその返済方法で、リボ払いというシステムを導入しています。

投稿日:

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.