【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

カードやローンの審査や金利の知識

借金と個人信用情報機関と連帯保証人と借金の相続

更新日:

個人信用情報機関

個人信用情報機関にクレジットカード会社は、ほぼ加盟しているといって間違いないでしょう。加盟することで、個人に対してどのくらいのお金を貸せるかを判断することができる材料となります。まず個人がクレジットカード会社に申し込みされた場合、個人信用情報機関から、個人情報をクレジットの情報を閲覧します。このような情報を閲覧することにより、毎月返済状況がはっきりと分かります。自己破産や、極度の延滞をすることで個人情報機関より情報を閲覧することも可能となってしまいます。これらの個人信用情報によって審査をされます。会社が加盟している個人信用情報機関がいくつかあります。まずは、CICですが、こちらは共同出資よりクレジット会社が設立した機関です。一番加盟が多い信用機関です。銀行系や信販系や流通系の多くのクレジット会社が加盟をしています。次にCCBです。こちらも先ほどのCICと同様に銀行や信販や流通系が多く加盟されています。自分の個人情報の開示も受付しています。次に全国銀行個人信用情報センターですが、こちらは銀行系のカード会社が加盟をしております。こちらも同様に個人情報開示ができます。次に全国信用情報センター連合会です。こちらは消費者金融業者が主な加盟となります。銀行系の加盟はあります。こちらも開示が可能です。次にテラネットです。先ほど名前を上げた全国信用情報センター連合会と近い関係性があります。テラネットも情報開示が可能です。

連帯保証人

連帯保証人とは、言葉通りに連帯して保証する人のことを指します。お金を借りた人がお金を返済されなかった場合には、変わりに返済をする義務がある人のこ とを連帯保証人とも呼んでいます。また保証人とも違います。一般的に保証人の知識はある人でも連帯保証人とは違うことは意外と知られていないものです。そ こで保証人と連帯保証人の違いを説明していきます。まずは、保証人です。滞納が借主に発生した時は、本人そのものが取り立て対象です。保証人のみの場合、 あくまで返済するのは借りた本人です。借主がお金を返せない時の場合の緊急時の場合だけの役割となり得るのが保証人です。しかし連帯保証人の場合は保証人 と違い、借主が返せる状況だろうと、返せない状況だろうと貸主が連帯保証人に返済請求をされた場合拒めません。要するにお金は自分には全然入ってきません が借主と同様に借りたとみなされて借主と同然の責任が問われてしまいます。ここで貸主に対して連帯保証人は借主とまったく同じ責任を取らないといけない状 況に陥ってしまいます。このような理由により連帯保証人には安易な気持ちではなってはいけません。もし第3者に連帯保証人を頼まれたりして絶対に信用にお ける人だからすんなり引き受けたりはしないでください。絶対に大丈夫と言われても慎重に返事をするべきです。要するにその人の人生を全て受け入れるぐらい の覚悟は必要だと思われます。このように連帯保証人に関しては気軽に考えずにしっかりとした気持ちで考えてください。

借金の相続

仮に親が亡くなってしまった場合に、遺産を相続とのことになりますが、こちらは土地や建物や貯金のプラスの財産と借金や未払い金のマイナスの財産の両方が 存在します。都合よくプラス財産だけ相続という訳にはいかないのが世の常です。もし会社によってお金を借りた人が亡くなった場合は借金を遺族が払わなくて も済むように保険加入している場合もありますが、もし保険を加入していなかった場合は遺族が支払うという形になります。またプラス財産よりもマイナス財産 が多かった場合ですが、もし相続人の人が連帯保証人にさえなっていなければ3か月以内でしたら放棄することも可能です。ようするにプラス財産も破棄になり ますが、マイナス財産も破棄になります。そして相続放棄をしてももらっていた年金の一部を遺族年金としてもらうこともできます。また相続放棄についても手 続きが必要になってきます。届先は、亡くなった人の死亡当時の住所管轄の家庭裁判所となります。必要書類としては、収入印紙や印鑑や戸籍謄本や除籍謄本で す。そして届出の日数ですが、亡くなった日より3か月以内となっております。そして親の相続を残った家族が放棄した場合に次の相続順位の人が相続するとい う形になります。要するに初めから相続人ではなかったとの解釈で次の相続人になります。家族が放棄したならば、おじやおば、いとこ、子供達の順番に相続と いう形になります。最近では親が借金をこさえて亡くなってしまうというケースが非常に増加しております。相続は人それぞれに全然違うために最善策が簡単に 言えない状況です。

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-カードやローンの審査や金利の知識

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.