【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

カードやローンの審査や金利の知識

個人信用情報

投稿日:2014年11月29日 更新日:

消費者金融の利用を思い申込みする時に、信用情報機関の「登録」と「同意」と言われる一般的に使われる文言があります。これから利用する人の名前や生年月日や自宅番号や勤務先等の個人情報と他の金融機関での残高・返済回数・契約商品などの借入データを一般的に信用情報と言います。これらの個人信用情報は信用情報機関に登録されています。しかしカードローンなどに縁がない生活をしていて過去に一度もカードローンをしていなければ何も情報が登録されていないということになります。社名は業者が照会するときには登録はされていますが見えません。銀行やクレジットや信販会社や消費者金融と大まかに分類されています。こちらの業界は別々に成長を遂げた金融機関独特の歴史があるためにそれに対応する信用情報機関も分かれています。全銀協名前の通り銀行、そして信用金庫は信用情報機関、信用組合、労働金庫、農業協同組合、政府金融機関等が加盟しております。保証協会が加盟しているのは、保証会社や銀行系消費者ローンやクレジット会社です。最近の破産者の増加から、CRINというシステムを使って事故情報の交流は、全銀協・CIC・全情連で提携を結ばれています。延滞金と整理と破産と代位弁済事故情報です。これ以外にも他に登録されている個人情報としては、同姓同名ですが別人の情報だったり、免許証の盗難情報や紛失の際の本人申告コメントが共有されています。名前や性別や生年月日や郵便番号と住所や電話番号や勤め先の会社名や勤め先の電話番号が事故情報などと一緒に共有されていることを覚えておきましょう。

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-カードやローンの審査や金利の知識

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.