【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

カードやローンの審査や金利の知識

カードローン利用・使用のメリットを考える。借金だけどお世話になる人も実は多い

投稿日:

1 すぐに借りれる

カードローンのメリットについて考えてみましょう。カードローンといっても借金には変わりはありませんので、借金にメリットがあるのかという考えもあるでしょう。しかし、まとまったお金が貯まるのを待っていたのでは欲しい物も手に入りません。借金をしても優雅に返済できるのであればおおいに活用したほうがいいでしょう。この考えはバブルの時代にももてはやされていました。あの頃はみなお金がなくてもいくらでもお金を借りることができたので、後先を考えずにお金を借りていったのです。しかし現在はそのような時代ではありません。誰もが気軽にお金を借りることはできなくなっています。お金を貸す方にしても必ず返済してくれる見込みのある人にしか貸さないようになっています。それはどういうことかというと単刀直入にいって安定した職業に就いている人か自営業でも高額所得者に限っているといえるのです。逆に考えるとフリーターなどではお金を借りるのは苦しいといえるかもしれませんし、安定した収入があるとはいえない個人事業主もお金を借りるのは至難の業かもしれません。

むかしからお金を借りるのが難しいところでは仮に借りることができたらその金利はとても安く返済にも無理がありません。一方で借りやすいところは金利も高く返済総額もかなりのものになります。一般的に借りやすいところ、ここではカードローンということになるのですが、金利が高い傾向にあります。それは貸しやすさや借りやすさをリスクとカードローン側が考えているからということですね。少しでも低金利で借りるためには、キャッシング・カードローン低金利一覧表を使って調べてからにしてくださいね。

2 おまとめ

カードローンといっても借金ですからメリットというものを期待しない人は多いと思います。それはどうしても返済の負担が大きいという先入観からきているものではないでしょうか。以前のサラ金とは違うのですがイメージを重ね合わせる人はいまだに多いといえるでしょう。それは以前の大手の消費者金融会社の名前が一部で残っていることも大きいと思います。それでもほとんどというよりも全ての消費者金融会社が銀行の傘下に入っていることと貸し金法の改正で金利は抑えられています。そのようなことから昔の暴利をむさぼるようなことはありませんし厳しい取り立てもありません。それを踏まえた上でカードローンのメリットを考えてみました。それはやはり借りやすさが一番だということですがそれ以上のメリットとして、借りたお金の使途が自由ということでしょう。そこで考えられるのが借金の一本化です。これはお金を貸す側として収益上のメリットは少ないのですが貸し倒れを防止する意味ではとても有効で「おまとめ」という言葉で奨励しているカードローン会社は多いです。利用する側としても、毎月支払い日が憂うつになることもなく複数の借金を抱えているのでしたらそれを一本化するおまとめローンにすることが有効です。借金の一本化は返済期間を延ばしてしまうことにもなりかねますが月々の負担が軽くなりメリットははかりしれません。そのようなことから借金は一本にしたほうがいいということですね。

3 借り換え

カードローンのメリットというわけではありませんが昔から借金の常套手段として「借り換え」という手法が取り入れられてきました。古い手法ではありますが現在でもとても有効な方法なのです。借り換えを簡単に説明すると、債務がある場合その債務を一旦全額返済して、新たに借金をする方法です。手順としては先に新たな借金をするなどして元々の借金の返済をするのです。ですから債務としては変わらないのですが、どうして借り換えをするのかというとそれは金利の高い債務から金利の低い債務に移るということなのです。長期返済ということになると金利が0.1%でも違えばかなりの金額の差になります。借り換えの際には手数料などが発生しますがそれを差し引いても返済総額は借り換えのほうが安くなるのです。というよりもあらかじめ手数料や金利計算をしてメリットがあると確信して「借り換え」を行うようにします。多くの場合、カードローンの担当者に相談すればよりよい借り換えの方法を教えてくれると思います。期間などの変更では逆に負担が増える場合もありますから気をつけなくてはいけません。少しでも返済を少なくしたい場合はこの借り換えはとても魅力的に見えることだと思います。借り換えの場合はカードローン会社を変えることがほとんどですので、元の債権会社としても全額返済は喜ばしいことですので、借り換えは債務者と元の債権者、新しい債権者の3者にとってメリットがあるということですね。

4 気軽さ

カードローンのメリットとはどのようなものでしょうか。借金とはなかなか人には言えない自分の中に閉じ込めておきたいものです。そう考えるなら借金をしないならいいのですが人生そんなにうまくいきません。借金が許容範囲といえるのは住宅ローンくらいではないでしょうか。今では車もキャッシュで買う時代のようですから借金は悪という風潮は昔も今も変わりません。悪という言い方がきついのであればイメージ的には暗いというほうが適切かもしれません。昔から借金が人生を狂わせることもあるのです。そのようなことから借金は今の時代でもしてはいけないものという思いは強いのではないでしょうか。それでもお金が必要なときというものはあるものです。今は少し持ち合わせがないけどなんとかしたいという時もよくあるものです。そのようなときに気軽にお金を融通してくれるのがカードローンのメリットといえるでしょう。そのような場合にすぐにお金が借りれるようにカードローンを用意しておくのは考え物ですが、中にはそのような人もいるようです。それは確かにカードローンを上手に使っている人といえるでしょう。多くの場合はお金が必要なときにカードローンを利用するのだと思いますが、定職に就いているサラリーマンであれば即日融資が可能です。これはとても便利なものです。特に50万円以下であれば何も問題がないといえるのです。このようなことからカードローンはその気軽さで人気があるといえますね。

5 用途

通常、借金をする場合は目的があります。旅行に行きたい車を買いたいなど何かをしたくてもそのお金が無い場合にやむをえず借金をすることが多いのです。基本的に目的がない借金はないと考えたほうがいいのですが、現在は少し様子が違ってきたようです。目的フリーのローンがあります。貸す側としては目的を決めることで金利を抑えることもできるのですが目的フリーとなるとどうしても金利が高くなることになります。そのような中でカードローンは目的が決まってなくても金利を抑えることができています。とはいっても金利の上限は決められているのでその上限を目一杯使っていることからわかるようにそれほど良心的とはいえないようです。それでも借金の目的を問わないのはお金を借りる側としてはうれしいものです。そのようなことからもカードローンを利用する人は増えてきたのです。このようなことからカードローンで借りたお金の用途は自由です。どのような目的につかっても文句は言われません。もちろん借りたお金は返さなくてはいけませんからお金を貸す側としてはきちんと返済してくれればその用途は問わないというスタンスなのです。用途は自由とはいってもお金を借りる理由はしっかりともっておいたほうがいいのは言うまでもありません。それをしっかりと把握したうえできっちりと毎月返済をしていかなくてはいけないのです。基本的には借りたらすぐに返すほうが気持ち的には楽だと思います。

6 融資額

カードローンはいったいいくらまで借りることができるのでしょうか。一般的に目にするカードローンは最小金額は10万円からで、上限はマチマチとなっています。これは上限が300万円というところから800万円というふうにその上限金額にかなりの幅があるのです。これはいったいどうしたことなのでしょうか。皆さんは総量規制という言葉を聞いたことはないでしょうか。借金をしない人には全く関係のない用語なのですが、常習的に借金を重ねている人にはとても重みのある言葉なのです。これは年収の3分の1までしか借金ができないという法律上の規制なのです。この法律ができてすでに3年はたっていますから静かに社会に浸透しているといえます。これでしたら仮に年収が300万円の人でしたら100万円までしか借りれないことになります。ですからカードローン会社が限度額の上限を300万円に設定していても総量規制から100万円までしか融資ができないのです。しかしこれにも抜け道があります。従来の消費者金融会社などのお金を貸すことを専門としている金融会社に対してこの総量規制は機能します。一方で銀行ではこの総量規制は適用されません。ですから銀行が設定した上限いっぱいまで借りることができるのです。しかし借りる側が500万円借りたいといっても銀行側が300万円といったら300万円しか借りられないのです。これは審査によって判断されるものです。中には融資自体を断られる人もいますから銀行のほうが強いといえますね。

 

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-カードやローンの審査や金利の知識

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.