【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ・メディア

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

カードローンの審査や金利の知識

楽天カードキャッシングと楽天銀行カードローンの金利比較(イオンカードのキャッシングとイオン銀行カードローンも)

更新日:

クレジットカードでもキャッシング枠という枠を作成すれば限度額の範囲内でお金を簡単に借りることができます。
カードローンと同じように利用することができるクレジットカードのキャッシングですが「だったらカードローンなんて必要ないのでは?」と考える人も少なくないようです。
クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いはどのような点なのでしょうか?

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が存在する

まず最初に抑えておいていただきたい基本的な情報として、クレジットカードにはお買い物などに使用するショッピング枠と、現金をATMをカードローンのように引き出すキャッシング枠という2つの枠が存在します。
クレジットカード作成時に2つの枠に申込んでもよいですし、ショッピング枠作成後に追加でキャッシング枠を作成することも可能です。
審査は実際に対価となるものを購入するために使用するショッピング枠の方が緩いとされ、現金を借りるキャッシング枠の方が審査は厳しいとされています。
後述しますが、総量規制に該当するのはキャッシング枠のみで、ショッピング枠と総量規制は全く関係ありません。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いを解説

そもそもクレジットカードのキャッシングとカードローンはどのように異なるのでしょうか?

キャッシングとは、もともとはクレジットカード会社や信販会社などが、カード会員に対し行う少額で無担保、短期の資金貸し付け・融資のことです。

今では、銀行をはじめ信販会社、クレジットカード会社、月賦百貨店、消費者金融専門会社など会社の業態を問わず、消費者に金銭を貸し出す消費者金融というくくりの中で、マンスリークリアの一括払い(1ヶ月後の返済日に全額を返済する方法)を「キャッシング」と呼び、リボルビング、元利均等などの分割払いが「ローン」という分類になっています。

「ローン」の中の狭義の一部が「カードローン」です。「カードローン」は審査を経てカードが発行された後、申込契約時に決めた利用限度額の範囲内であればいつでもキャッシディスペンサーやATMから、キャッシュカードで現金を借りられるというローンの形態です。

ちなみに、「キャッシングサービス」というのは日本の銀行系クレジットカード業界の造語で、英語で正しく言うと「キャッシュアドバンス(cash advance)」になります。

主な違いとしては以下の5点を挙げることができます。

クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象

クレジットカードを発行している会社は預金業務を扱っている金融機関ではありません。
銀行もクレジットカードを発行していますが、銀行のクレジットカードを発行しているのは銀行傘下のカード会社で、厳密には金融機関ではありません。
そのため、カード会社は法的には貸金業者に該当します。
貸金業者からの借入は貸金業法の適用を受け、法律の規制を受けることになります。
貸金業法では他社からの借入額との合計で年収の3分の1を超える借入れを行うことができないという総量規制の決まりがあります。
また、1度に50万円を超える借入れを行う場合または、他社からの借入額との合計で100万円を超える借入れを行う場合には源泉徴収票などの収入確認資料の提出が必要になります。
さらに専業主婦が借入を行う場合には夫婦の借入額の合計で夫の年収の3分の1を超えることができないという決まりもあります。
この点は消費者金融のカードローンを全く同じであると思って差支えありません。
ちなみに銀行などの金融機関のカードローンはこれらの縛りは一切ありません。

クレジットカードのキャッシングは使用できるATMの数に限りがある

銀行系カードローンや消費者金融のカードローンは自社ATMの他、コンビニATMなどの様々な提携ATMからキャッシングを行うことができます。
しかし、クレジットカードのキャッシングの場合には使用できるATMには限りがあり、どのATMからでもキャッシングを行うことができるわけではないため注意が必要です。
自分のもっているカードの使用可能なATMをよく調べてから利用しましょう。
とはいえ最近ではコンビニATMの普及とともに利用できるATMが増えてきています。

クレジットカードのキャッシングは即日融資が難しい

クレジットカードのキャッシング枠作成には消費者金融のカードローンと同じような審査があります。
クレジットカードのキャッシング枠の審査は大手消費者金融のようにコンピューターによって瞬時に審査結果が出るわけではありません。
このため、まず審査までに数日の時間がかかります。
さらにカードを新規で発行する場合にはカード発行の時間もかかります。
多くのクレジットカードは郵送での発行となるため、審査通過後、自宅にカードが郵送されてくるまでの時間が数日かかってしまい、申込から利用可能になるまで1週間~2週間程度の時間を見ておいた方がよいでしょう。
急いでお金が必要な場合であれば、即日融資に対応した消費者金融やメガバンクなどのカードローンの方がおすすめです。

クレジットカードのキャッシングは銀行系カードローンにくらべて審査が甘い

前述したようにクレジットカードのキャッシングは総量規制の対象となり、少額融資が基本です。
消費者金融のカードローンと同じように最高金利は18%程度というのが相場です。
金利というのはリスクマネジメントですから、金利が高ければ高いほど審査の際には多くのリスクを取ることが出来ます。
そのため、クレジットカードのキャッシングは消費者金融の審査と同じように銀行のカードローンよりも審査が簡単な傾向にあります。
大手消費者金融と同じ程度の審査難易度であると認識しておきましょう。

金利はカードローンに分がある

クレジットカードのキャッシングの金利は17~18%程度が相場です。
これは消費者金融のカードローンとほとんど変わりません。
単純に消費者金融のカードローンとの比較であれば金利面で大差はありません。
双方とも総量規制の関係上、少額融資を原則としているためです。
しかし、銀行系カードローンと比べると金利面では銀行系カードローンに劣ります。
銀行系カードローンは数百万円単位の限度額のカードローンも作成することができ、金利は金額が大きくなればなるほど低くなります。
銀行系カードローンは最高金利も低い傾向にあり、14.5%程度の金利が相場です。
金利面では消費者金融カードローンとクレジットカードのキャッシングは同じくらいですが、銀行系カードローンの方が金利面のメリットがあると言えます。

海外で現地通貨が欲しいのであればクレジットカードのキャッシング

カードローンは日本の中で日本のATMから円を借りるためのローンです。
このため、海外に行ってカードローンを使用してキャッシングを行うことは不可能です。
こんな時に便利とされているのはクレジットカードのキャッシングです。
VISAやmasterなどの国際ブランドのクレジットカードにキャッシング枠をつけておけば、海外のATMから現地通貨でのキャッシングが可能です。
また、世界中に100万台を超えるATMで利用可能です。
金利も17~18%程度ですので、数日だけの利用であれば、為替にかかる費用を考えれば非常に安価に現地通貨を入手することができます。
三井住友信託銀行のプレスティアなどは、円預金の残高分を現地通貨で引き出せますが、使用できるATMに限度があるなどの理由から、クレジットカードのキャッシングを使用して現地通貨を借りている人も実は多くいるようです。

カードローンの金利とクレジットカードのキャッシングの金利比較

カードローンの金利とクレジットカードのキャッシングの金利はどの程度異なるのでしょうか?
また、支払い利息はどの程度異なるのでしょうか?
ここでは、信販系のネット銀行であるイオン銀行と楽天銀行のカードローンとそれぞれのクレジットカードのキャッシングの金利を比較してみましょう。

イオンカードのキャッシングとイオン銀行カードローンの金利比較

イオンカードのキャッシング金利は7.8%~18.0%となっており、限度額は300万円となっています。
ただし、イオンカードは総量規制の影響を受けるため、300万円を利用できるのは年収が3倍以上の900万円以上ある人しか利用することは不可能です。

イオン銀行カードローンの金利は以下のようになっています。
30万円~90万円:13.8%
100万円、200万円:8.8%
300万円:7.8%
400万円、500万円、600万円:4.8%
700万円、800万円:3.8%

一般的にクレジットカードのキャッシングでは最高金利が適用され、限度額も数十万円となります。
このため、イオンカードでキャッシングを行った際の適用金利は18.0%、同じようにイオン銀行カードローンで数十万円の枠を作成した際は13.8%の金利が適用されます。
それぞれ50万円を1年間利用した場合の利息はいくらになるでしょうか?
イオンカード:50万円×18.0%=90,000円
イオン銀行カードローン:50万円×13.8%=69,000円
それぞれ同額で最高金利で借りたとした場合には年間で20,000円以上の差が発生します。

仮に、900万円以上の年収がある人にそれぞれ最低金利が適用された場合に1年間50万円を借りた場合にはどのようになるでしょうか?
イオンカード:50万円×7.8%=39,000円
イオン銀行カードローン:50万円×3.8%=19,000円
こちらも20,000円の利息差が発生し、金利的なメリットは間違いなくイオン銀行のカードローンにあると言えます。

banner_AF_card-loan_300-250

楽天カードのキャッシングと楽天銀行カードローンの金利比較

同じように楽天カードのキャッシングと楽天銀行カードローンの比較を行ってみましょう。
楽天カードのキャッシング金利は18%、融資可能額は1万円~90万円と決まっています。
一方楽天銀行カードローンの金利は金額ごとに以下のように決まっています。
100万円未満:14.5%
100万円以上200万円未満:9.6%~14.5%
200万円以上300万円未満:6.9%~14.5%
300万円以上350万円未満:4.9%~12.5%
350万円以上500万円未満:4.9%~8.9%
500万円以上600万未満:4.5%~7.8%
600万円以上800万未満:3.0%~7.8%
800万円:1.9%~4.5%

楽天カードの場合90万円までしか借りることができないため、どの金額を借りたとしても上記金利との比較では楽天銀行カードローンの方に金利面ではメリットがあります。
50万円を1年間楽天カードと楽天銀行で借りた場合の利息負担の比較はどのようになるのでしょうか?
楽天カード:50万円×18.0%=90,000円
楽天銀行カードローン:50万円×14.5%=72,500円
20,000円近く楽天銀行カードローンの方が利息の支払額が少なくなります。
また、カードローンは限度額によって利息が決まっていますので、楽天カードで限度額800万円のカードローンを作成した場合にはいくら借りようとも適用利率は1.9~4.5%です。
もしも1.9%のカードローンを作成できた場合に50万円借りた場合の1年間の利息負担はどの程度になるのでしょうか?
50万円×1.9%=9,500円
楽天カードで借りた時よりも利息負担は9分の1以下になります。
このようにカードローンは限度額の大きなカードローンを作成すれば低い金利が適用され、クレジットカードのキャッシングに比べて利息のメリットはより大きくなります。


とにかく低金利・安い利息で探したい方は↓へ
1番安い低金利キャッシングのカードローンは?<今年最新版>

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

保険ショップを比較!保険見直し加入・無料相談窓口おすすめは?

無料のマネー講座がいろいろ!資産の構築方法を考える

-カードローンの審査や金利の知識

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.