【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

カードローンの審査や金利の知識

信販会社のカードローンの基礎知識。信販会社とは?クレジットカードとローンカード

更新日:

信販会社とは

信販とは信用販売の略であり、信販会社というのはその信用販売の取引を主な業務としている会社のことをいいます。この信用販売のシステムはクレジットと呼ばれています。
クレジットを利用するとき、利用者は、小売店などから商品やサービスを購入した代金について、クレジットカードを出して立て替え払いにします。そして、のちに利用者は代金に相当する金額を信販会社に支払うのです。
信販会社は、このクレジット業務のほかに、キャッシングのサービスや集金代行、信用保証といったことを行うこともあります。
クレジットのサービスを提供している会社は、ほかに小売業者などもありますが、もともとクレジットのみを行っている会社を信販会社と呼んでいました。
信販会社は、時折、貸金業者と混同されることがありますが、クレジットの場合は、商品やサービスの購入代金を立て替え払いし、その購入者に対してのちに請求する形をとります。購入者へ貸付けを行う貸金業とはサービスのシステムが自ずと異なっているのです。
しかし、信販会社の中には貸金業を営む会社も存在します。もちろん、この場合は、貸金業法に基づいて登録を受けています。このあたりの事情により、混同されるようになったのかもしれません。
信販会社は、最初はチケットやクーポン券などを通じて、間接的に割賦販売を行う会社として始まりました。デパートなども加盟して潤った時期もありましたが、やがて法律による手が加わり、その営業活動は制限を受けることになりました。
そこに新たな方式として登場したのが、立て替え払い契約というクレジット方式です。これは、銀行法や貸金業法の制限を受けない方式として注目を浴び、消費者金融のほうにも広がりを見せることになりました。これが業績を伸ばしていき、現在へと通じているわけです。

カードローンとは

カードローンとは、その名前が示すように、金融機関などが発行するカードを用いてローンを利用することをいいます。最近では、キャッシュディスペンサーやATMを使って、お金が必要となったときに借入れができるので、たいへん便利なものとして人気があります。
カードローンはカードを用いますが、カードを用いずにローン口座というものから自分の銀行口座などに振り込む形をとるローンもあり、この場合は、ネットローンなどと呼ばれ、カードローンとは区別されています。
カードローンを申し込むときは、金融機関などでその利用限度額を決めて、契約を交わさなければなりません。そして、その利用限度額内であれば、ATMなど を利用することで、いつでも何度でもお金を借り入れることができます。また、返済に関しても、ATMなどで自由に行うことができます。
金融機関でカードローンを申し込むときは、利用を希望する人に対して、個別に審査が行われます。その審査の結果によって、カードの利用限度額と別に利用枠 などが決められることになります。また、基本的には、借入れ総額は年収の三分の一までということが法律によって決められています。
返済については、多くの場合は一括払いではなく、分割払いといった方式がとられています。この方式は、リボルビング払いと呼ばれています。
最近では、お金を引き出すこと自体をキャッシングということが多いため、本来のキャッシングとは区別されなくなってきています。

信販会社のカードローンとは

信販会社のカードローンというのは、今では、クレジットカードなどを取り扱っている信販会社によって発行されるカードローンのことを呼んでいます。
信販会社のカードローンは利用者もたいへん多くなってきています。サービスの充実度と信販会社によって発行されているものという信頼感や安心感により、その人気が支えられているようです。
さまざまな金融機関によっていろいろなカードローンが用意されていますが、金利や審査などの条件を見た場合、現在、消費者金融のカードローンと銀行のカードローンの中間的な存在となっているのが信販会社のカードローンということができるでしょう。
信販会社の業務は、もともとはクレジット業務がその主体となっていましたが、最近では、貸金業者の登録を行って、カードローンの商品を扱う会社がたいへん増えてきました。
信販会社のカードローンには、多くのサービス特典があり、そのメリットを利用したいとして、これを選ぶ人が増えてきているという現状があるのです。
信販会社のカードローンについてくるサービス特典というのは、入会特典であるサービスが受けられたり、会員価格で支払いができるといったものです。
信販会社のカードローンは、よく銀行のカードローンと比較されますが、両者のいちばんの違いは、銀行のカードローンのほうが審査の面で時間をかけて慎重に行っているということです。
また、信販会社のカードローンの場合、インターネットを通じての申し込みでは、即日融資も可能なケースもあり、融資までのスピードを見ても、消費者金融系のカードローンと遜色ありません。

信販会社のカードローンの特徴

信販会社のカードローンは、従来はクレジットカードによるキャッシングのことを指していました。しかし最近になって、ローン専用のカードなども提供されるようになってきたため、区別されるようになりました。
さまざまな金融機関によってカードローンのサービスが提供されるようになった一方で、信販会社のカードローンのサービス自体も広がりを見せているということです。
また、現在の信販会社のカードローンには、ほぼキャッシングの機能もついているため、分割払いで買い物をするときに使用することもできます。
さらには、ポイントサービスが受けられたり、お得な会員サービスが豊富にあったりします。ただし、年会費が必要なケースもあるので注意が必要です。
それでも、カードローンの機能面としては、ほかの金融機関のカードローンよりも進化しているといえるでしょう。
また、機能面とは別に、カードのデザインなども凝ったものが多いということがいえます。消費者金融のカードはそれほど凝ったものは見られませんが、信販会社のカードは多彩なものが用意されています。この点でも、使用時の利用者のことを考えていることがうかがえます。
ただし、知名度といった点で比べた場合は、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンよりもやや劣っているかもしれません。
信販会社のカードローンの審査については、銀行系のカードローンほど時間をかけて慎重に行われることはなく、消費者金融系のカードローンよりも少し時間が かかる程度といったところでしょう。融資までの速さについても銀行系のものに比べると速いものの、消費者金融系のものほどにはいかないといったところで しょう。

クレジットカードとローンカードの違い

キャッシングとローンとは、混同されるケースが多いようですが、その違いはきちんと定義されています。つまり、キャッシングが翌月一括返済の借入れであるのに対し、ローンはリボ払いによる返済が予定されている借入れということになります。
また、ローンカードとクレジットカードもはっきり区別できていない人もいるようです。
ローンカードは文字どおり、ローンを利用するとき、つまりお金を借りるときに使うカードで、クレジットカードはクレジット払いでショッピングをする際に使うカードです。
もともと信販会社は、クレジットカードを発行してクレジットのサービス利用を進めていました。そして、このクレジットカードでローンも利用できるようになったという経緯があります。
その後、ローン専用のカード、つまりローンカードができたというわけです。しかも、このローンカードでクレジットによるショッピングなどもできるようになりました。
そのため、クレジットカードとローンカードは垣根がないような状態に見られ、カードローンとクレジットの違いなどもわかりにくくなったようです。
このクレジットカードとローンカードのいちばんの違いは、信用ということを考えてみればわかりやすいかもしれません。
クレジットの意味自体が信用ということなので、クレジットカードは金融機関が利用者を信用して発行するカードと考えればいいわけです。そのため、ショッピ ングするときにクレジットカードを見せれば、そこで商品の代金を現金で払わなくても済みます。後にクレジット会社に支払いをすればいいのです。その支払い 方法は、一括払いやリボ払いなど多くあります。
つまり、商品の代金の代わりとなるのがクレジットカードと考えればいいのです。もちろんそのカード自体は、きちんと契約され、利用限度額などが設けてあるものでなければならないのはいうまでもありません。

この記事を書いた人

HN:マネラテわんわん
HN:マネラテわんわん
お金喫茶マネラテの看板犬です。
鼻が利くので、いろいろな情報記事を担当していますわん。雑多な記事はたいてい僕が担当したものです。

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-カードローンの審査や金利の知識

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.