【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

カードのキャッシングと信販系カードローン

信販会社のカードローンの内容。有効利用、ローン一本化、金利など

更新日:

信販会社のカードローンの有効利用

信販会社のカードローンは、銀行系カードローンと消費者金融系のカードローンの中間に位置するとされているため、利用の仕方によって、それぞれの良いところが活用できます。
信販会社のカードローンの有効な利用の仕方については、まずその特徴をよく知ることからはじめるといいでしょう。
たとえば、銀行系カードローンでは、高額な借入れをしようと思っても、それなりに年収が高くなければならないという条件がついています。そこで、ワンランク下げた意味で利用可能なのが信販会社のカードローンといえるのです。
また、それほどカードローンで高額なお金を借りたいという意識がなくても、信販会社のカードローンの場合は、サービス内容が充実しているため、それを目的とすることもできます。
信販会社のカードローンには、さまざまな商品タイプが用意してあり、自分の目的に合ったものを選んで利用すれば、たいへん有意義な活用ができるというわけです。
また、信販会社のカードローンでは、クレジットとして活用できるのも大きな強みとなっています。これを利用すると、無利息でショッピングができるケースも多くあります。しかも、ポイントシステムと提携している場合は、ショッピングをすることでポイントも加算されます。
ショッピングを目的としても、有意義な活用ができるのも信販会社のカードローンの強みといえます。特徴を押さえて、サービスをうまく使いこなすことで、快適にショッピングが楽しめるはずです。

信販会社のカードローンによる一本化

多重債務の解決法として知られるのが、ローンの一本化であるおまとめローンへの乗り換えですが、おまとめローンを考える場合によく比較されるのが、銀行系のおまとめローンと消費者金融系のおまとめローンです。
どちらもメリットやデメリットがありますが、最近では、信販会社のカードローンによるおまとめローンの利用というのが、にわかに注目を集めています。一つの例では、主婦などの利用を考えて打ち出された女性専用プランといったものがにわかに注目されています。
信販会社のカードローンによるおまとめローンでは、利用環境の手軽さも特徴となっていて、デパートやスーパーなどの小売店に設置されているATMでも返済が可能です。
もし、主婦が家族や知人に知られたくないといった場合、買い物のついでに返済などで利用することもできるのです。
また、信販系カードローンと呼ばれるものの中には、デパートなどが発行しているカードローンもあります。このカードローンのおまとめローンには生活支援ローンプランというものがあり、計画完済コースとフリーローンという利用法が用意されています。
生活支援ローンプランというのは、審査によって一回だけ融資してもらえるというサービスで、サービスを受けるときは、約定した返済計画に従って返済してい くことになります。自分で計画を立てて返済していく自信がないという人は、このプランを利用すれば、返済計画を立ててもらえるので、うまく活用できるはず です。
それに、生活支援ローンプランのフリーローンを利用した場合は、ほかのローンと違ってカードが発行されないので、繰り返し借りてしまうということも防げます。これを利用すれば、お金の管理が苦手という人もきちんと返済できるのです。

信販会社のカードローンのメリット①

信販会社のカードローンのメリットとして、ショッピング枠が設けてあるということをあげる人は多いかもしれません。
このショッピング枠には、ポイントシステムも連動していることが多く、ショッピングすることでポイントが加算されていきます。
ただし、ポイントが加算されるのはショッピングについてのみで、何度キャッシングを利用してもポイントにはならないので注意が必要です。
ポイントが貯まると、景品がもらえたり、割引のサービスが受けられたりします。
また、飛行機を利用する際に、空港ラウンジを無料で利用できるようなこともあります。さらには、映画の割引や旅行の損害保険がついていたりと、さまざまな特典を得ることができるのです。
ショッピングだけでなく、冠婚葬祭時の出費などで現金が必要なときに便利なのも多くの支持を集めています。
冠婚葬祭で急に現金が必要なときは、キャッシング機能が大いに力を発揮します。ローンカードにキャッシング機能がついていれば、ATMに立ち寄り、銀行口座から預金を引き出す感覚で借入れをすることができるのです。
ただし、信販会社のカードローンについては総量規制があるため、お金を借り入れる場合は、その上限の金額を確認しておくことを忘れないようにしなければなりません。つまり、キャッシング機能を利用するにも限度があるのです。
これらのことを踏まえておけば、信販会社のカードローンは、いざというときのために作ってみておく価値のあるものということができるでしょう。

信販会社のカードローンのメリット②

信販会社のカードローンを作る人の目的の多くは、キャッシング枠の利用といえるでしょう。
信販会社のカードローンは、ほとんどの場合においてキャッシング枠が設けてあります。そして、このカードがあれば、改めてキャッシングの手続きをする必要がなく、手軽にキャッシングを利用できるというのがたいへんなメリットになっています。
それに、コンビニなどに置かれているATMのほとんどが大手の信販会社のカードローンに対応しているため、時間を気にすることなく、いつでもお金を借りることができるというのも大きな強みになっています。
手軽さに関しては、ほかの大手の銀行系カードローン以上といったことがいえるでしょう。
ただ、信販会社のカードローンでは、利息については注意が必要となります。
利用方法が手軽な分、銀行系カードローンと比較した場合、金利について少し高めに設定されているためです。
法定利息いっぱいに設定されているケースもあるので、利用の際は、必ず確認するようにしましょう。あくまで短期的な利用の場合にのみにとどめておくというのが、賢い利用法かもしれません。
信販会社のカードローンの借入れ限度額や利息については、利用者のカードの利用状況によっても変わってきます。
カードの利用状況によっては、銀行系カードローンと同じくらい高額な限度額が実現できたり、銀行系カードローンに匹敵するような低金利での借入れができることもあるのです。
自分の利用状況をきちんと把握したうえで、上手に使いこなすことができれば、たいへん役立つ便利なカードローンとすることができるでしょう。

信販会社のカードローンのデメリット

キャッシングの機能がついていたり、たいへんメリットの多い信販会社のカードローンですが、デメリットがあるのも忘れてはいけません。
信販会社のカードローンのデメリットといえるものでいちばん気をつけなければならないのは、貸金業者に対して法的に設けられている総量規制の対象になっているということです。
総量規制とは、貸金業法によって規定されている貸付けに対する規制のことで、貸し付けの総額は利用者の年収の三分の一までにとどめなければならないというものです。
たとえば、年収270万円の利用者の場合だと、90万円までしか借りられないことになります。
これに対し、銀行系カードローンは、時間をかけて慎重に審査が行われる分、利用限度枠も多めに設定されています。
信販会社のカードローンには、ショッピング枠というものもついていて、現金をあまり持っていないときに前から欲しかったものなどを見つけた場合、手軽に購入できるため、便利なサービスとなっています。
しかし、このショッピング枠についても、借入れ状況として見られるため注意が必要なのです。
つまり、このショッピング枠において、過去に返済の遅れなどがあると、カードローンの審査に引っかかってしまうことがあるということです。キャッシング枠 自体の利用も取り消されてしまうことがあるため、自分が総額においてどの程度を使っているかを確認することも、利用する際はつねに気をつけておかなければ なりません。

信販会社のカードローンの金利

信販会社のカードローンの金利については、銀行系のカードローンよりもやや高めに設定されていて、消費者金融系のカードローンよりは低めに設定されているという認識を持っている人は多いかもしれません。
しかし、信販会社によって金利はまちまちであり、借入れの限度額やほかの要素などとも関連して決められているので、それぞれの商品の特徴をよく調べてみてから利用する必要があります。
信販会社のカードローンの金利は、2006年末に貸金業法改正で上限が20%に制限されています。また、利息については利息制限法により、借入れ金額によって上限が異なるようになっています。
借入れ金額が10万円未満では20%、100万円未満では18%、それ以上だと15%の利息が上限となっているのです。
信販会社のカードローンの金利は、実質年率というような呼び方がされています。これは、1年間借りた場合に元本にかかる年利という意味と捉えておくといいでしょう。
信販会社のカードローンの金利は、日割りによってその利息を計算されることが多いので、利息がいくらであるかは、実質年率を365日で割り、これに借り入れた日数をかけた後に元本をかけることで計算できます。
信販会社のカードローンの金利は、今では利息制限法の金利が基準となっているため、もし、それまでに利息制限法を超える金利を払っていたというのであれ ば、過払いとして、支払ってきた金額の一部について元本の返済へ充当されることがあります。これについても確認してみるといいでしょう。

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-カードのキャッシングと信販系カードローン

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.