【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

カードのキャッシングと信販系カードローン

信販会社のキャッシング基礎知識。カードローンと個人信用情報

投稿日:2013年9月14日 更新日:

 信販会社とは

「信販会社」と言われると、ちょっとピンと来ないかもしれませんが、私たちの生活には、身近な存在であると言えます。そもそも「信販」という言い方は、略 された表現で、その意味は「信用販売」から来ています。「信用販売」とは、買い物をしてその代金を後払いにする「掛売り」のことですが、小売店と消費者の 仲立ちをして掛売りを出来るようにしたのが「信販会社」というものです。
消費者は、掛売りを利用する為に、「信販会社」と契約を取り交わします。消費者の信用が認められれば、掛売りの代行を行える証明としてカードが発行されます。消費者は、このカードを使って、小売店にて掛売りで物を購入し、後日代金は信販会社に払います。
小売店は、商品の代金を信販会社から受け取ります。この際、数パーセントの手数料を信販会社に払う必要がありますが、掛売りをしても信販会社が保証してく れますので、売り掛け倒れは起こりません。この掛けで買い物が出来るカードのことを「クレジットカード」と呼称しています。
しかし、信販会社は、クレジットカードの掛売りだけで商いをしている訳ではありません。お金の貸し付けも行っているのです。これを「キャッシング」と呼称されています。
今や社会人なら、一枚以上は持っているだろうクレジットカードで、お金が借りられたらとても便利なことですね。また、キャッシング専用カードに、クレジット機能をつけたサービスを行っているのも、信販会社の特徴です。

キャッシングとは

「キャッシング」とは、一言で表すならば、現金でお金を借り受ける事です。「キャッシング」を利用するやり方としては、いろいろな手段がありますが、あら かじめ「キャッシング専用カード」を持っていれば、その利用できる範囲の中で、とても簡単にお金を借りることが可能な現代です。
この「キャッシング専用カード」は、それを扱っている会社に申し込みをし、その人の信用度を計ってもらい、信用が認められればカードを発行してもらえます。
「キャッシング」を利用するに当たって、その人の「信用度」に合わせて、借り入れできるマックスの金額が変わったり、借りたお金に対して掛かってくる「金利」のパーセンテージが変わってきたりします。
「キャッシング」を堅実に利用して、信用の実績を積んでいけば、利用できる額が増えたり、掛かる金利のパーセンテージが下がったりします。
「キャッシング」を生業としている会社はいくつも存在しますが、大きく系統で見るならば、「銀行系統」と、「信販会社系統」と「消費者金融系統」に類別することが出来ます。
「キャッシング」を利用する流れとしては、どの系統でも同じようなものですが、それぞれに少しずつ違いがあり、「審査」の厳しさの度合いや審査時間、掛かる「金利」のパーセンテージに、若干の差があります。
「信販会社」の強みは、「クレジットカード」と「キャッシングカード」の機能を併せ持たせることが可能であるという点が挙げられると思います。

キャッシングとカードローン

他人からお金を借りる手段として「キャッシング」や「ローン」と呼称されているものがあります。この「キャッシング」と「ローン」は、どう違うのでしょうか。
基本的な定義で表すのであれば、借りたお金の返し方の違いと言えます。「キャッシング」のお金の返し方は、借りたお金を、まとめて返す「一括返済」であると言えます。
例えばクレジットカードの機能の一つとして付随していく「キャッシング枠」と呼称されるものを使ってお金を借りた場合、翌月以降の利用分の請求に、借りたお金に金利分を上乗せした金額が加えられて請求されるケースです。
一方の「ローン」は、借りたお金を、回数や金額、期間で分けて返していく返済のことです。例えば、家を買うためのローンなどは、十年から三十年という長い期間で、お金を返し続けるのが一般的です。
小口で借りたお金を、少しずつ返してくサービスを行っているのが「カードローン」です。事前にこの「カードローン」を取得しておけば、決められた額の中で、必要なときに簡単にお金を借入することが出来ます。
しかし最近では、「キャッシング」で借りたお金を分割で返していく「リボルビング」というやり方や、「カードローン」でも、一括で返すやり方もありますので、「キャッシング」と「カードローン」の違いは、曖昧になってきています。
どちらにしても、「借金」をするという点では変わりませんので、利用するに当たっては、自分の収入に沿った利用を心掛けなければなりません。

キャッシングの利便性

手持ちのお金が足りなくて困ったという経験は、どの方もおありかと思います。自分の預金口座に残があれば、それを引き出せば済むことですが、その残も心もとないという時もあるでしょう。このような時に、手軽にお金が借りられたなら、とても助かるのではないでしょうか。
家族や友人から、躊躇無く借りられれば良いのですが、体裁を気にすると、それも躊躇われます。そのような時に役に立つのが、「キャッシング」というお金を借りる手段です。
「キャッシング」を利用するには、事前に申し込んで、金融会社からの審査で認められなければなりませんが、これさえクリアできれば、あとはいつでも、決め られた範囲内で、お金を借りたり返したりできるので、すぐに使う必要が無くても、キャッシングの手続きをしておくのもひとつの手でしょう。
最近の信販会社が扱っているキャッシングは、街の中にたくさんあるコンビニエンスストアの、「現金自動受払機」を利用しての借り受けや返済が出来ますので、忙しいときにでも時間を選ばず利用することが可能です。
また、クレジットカードのひとつの機能として付随している「キャッシング枠」を利用しての借り受けならば、クレジットカードの利用に伴う請求と一緒に、キャッシングで借りた分のお金を戻すことも出来ますので、手間が要りません。
もちろん「キャッシング」は「借金」をすることですので、それに伴う利息を払う必要はありますが、計画を持って利用する小額の借入ならば、それほど負担にはならないでしょう。

キャッシングの種類

「信販会社」が行っている仕事の中心は、やはり「クレジットカード」であると言えるでしょう。小売店と消費者との間の金銭のやり取りを仲立ちし、そこに発 生する手数料を利益としています。しかし、信販会社の仕事は、クレジットカードだけではありません。やはりお金を貸す事業も、今では事業の大きな柱となっ ています。
「信販会社」からの「キャッシング」と聞くと、クレジットカードに付随している機能の一つと捉われがちですが、今では、「キャッシング」をメインとしたカードを取り扱っているのです。
クレジットカードでしたら、ほとんどの人がすでに所有しているのではないかと思いますが、これに付随する「キャッシング枠」というものは、それほど多くの お金を借入することは出来ません。これは、クレジットカードによって決められている限度の額は、買い物出来る額とキャッシング出来る額の合計となっている からです。もしこの「クレジットカード」の「キャッシング枠」を大きくしたいと希望した場合、収入の証明を提出することを求められることがあります。
これとは別に、「キャッシング」をメインとしたカードにも、クレジット機能が付随されているケースが多いです。こちらの「キャッシングカード」で借受けで きる限度の額は、クレジットカードの「キャッシング枠」よりも多くなっており、掛かる金利のパーセンテージも低めの設定です。キャッシングを主な目的とし たクレジットカードを所有したければ、こちらの信販会社の「キャッシングカード」の利用がお勧めです。

個人信用情報

信販会社が発行している「クレジットカード」や「キャッシングカード」を利用するためには、あらかじめ利用の申し出をする必要があります。買い物の支払い をクレジットカードで行う行為も、キャッシングを利用する行為も、「お金を借りている」という点では変わりありません。信販会社にしても、誰にでもお金を 貸していたのでは、返済に滞りが発生してしまう可能性が多くなってしまいますので、利用希望者からの申し出に従って、その人の信用度を調べなければなりま せん。この信用度を調べることを「審査」と呼称しています。
信販会社が、個人の信用度を調べる「審査」を行う際に参照するデータに「個人信用情報」と呼称されているものがあります。この「個人信用情報」のデータを 取りまとめている機関が存在し、信販会社は、信用度をこの情報機関に問い合わせることにより、「審査」の結果を出すために必要な時間を、短縮することが出 来るようになっています。
「個人信用情報」の中のデータは、個人の名前や住所、生年月日はもちろんのこと、職業や会社名、勤続年数。そして年収や借入の有無。借入があった場合の金額。さらに、借入についての返済の状況までデータとして把握しています。
また、クレジットカードの利用状況や、利用に対しての支払いの履歴もデータとしてありますので、もしクレジットカードの利用料の支払いが滞っていたりすると、新たなクレジットカードの申請時に、「審査」で認められないことにつながります

信販会社のキャッシングの歴史と現状

「信販会社」の「信販」とは、「信用販売」という意味で、この商売の歴史は長いです。今では「クレジットカード」や「キャッシング」、などの金融業としての形式を取っていますが、昔からクレジットカードがあった訳ではありません。
その成り立ちは、物を売りたい人と買いたい人の間に立ち、その代金を買主の代わりに売主に支払い、買主から代金を徴収する際に、立替に対して手数料を受け取るという商いの形でした。それが発達し、クレジットカードというものが出来て、今の信販会社の形になってきました。
やがて、物の代金の立替だけではなく、直接お金を貸す賃金業にまで商いを展開してきました。これを今の言い方で表すと「キャッシング」ということになります。
やがて、コンピューターとインターネットの発達により、その仕組みはシステマチックになり、「キャッシング」の利用も、より簡単に、そして迅速になってきた訳です。
現在では、新たに「キャッシングカード」を信販会社に申し込むと、利用に関しての「審査」に掛かる時間もとても短くなり、審査が厳しいと言われている銀行よりも早い審査が出来るようになり、即日で使えるようになる信販会社のキャッシングも存在します。
また、借り受けや返済も、街中にあるコンビニエンスストアの「現金自動受払機」を利用することが可能で、借りることも返すことも、時間の制約に捉われないほど利便性の高いサービスとなっています。

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-カードのキャッシングと信販系カードローン

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.