【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

カードのキャッシングと信販系カードローン

信販会社のキャッシングの流れ。申込、審査時間、借入と返済

投稿日:2013年9月13日 更新日:

信販系キャッシングの申し込み

信販会社のキャッシングを利用する場合は、事前に申し込みが必要となります。これは、お金を借りるためには、その人の信用の度合いについて、「審査」を受けなければならないからです。これはクレジットカードの申し込みについても同じことが言えます。
「キャッシングカード」や「クレジットカード」の申し込みは、大手量販店と提携している信販会社などでは、量販店の店頭でも随時受け付けています。しかし、現代の主流はインターネットを使った申し込みと言えるでしょう。
どこの信販会社であっても、自前のWebページを持っている時代です。自社のキャッシングの条件の提示から、利用方法、シミュレーション、問い合わせ、そして申し込みまで、ほとんどのサービスの概要はWebページで確認することが可能です。
量販店の店頭で申し込むクレジットカードやキャッシングカードについては、受付から手続きに移行するまで、若干のタイムラグがありますが、Webを使った 申し込みなら、数日から、早いところでは「即日」で利用可能か否かの判断を示してくれるようになってきました。最終的には、身分を証明する書類をFaxや メールで送り、手続きが済めばカードが郵送されてくる形で完結します。
銀行のキャッシングは、「審査」が厳しいことで知られていますが、それに次ぐ厳しさが「信販会社」のキャッシングにもあります。しかし、厳しさの裏側には、安目の金利設定がありますので、信販会社のキャッシングにも、大きなメリットがあると言えます。

信販系キャッシングの審査

「キャッシング」を利用して、お金を借りるためには、前もって申し込まなければなりませんが、これは個人の信用について、信販会社によって「審査」を受け、お金を貸しても、きちんと返済してくれる人であるかどうかの判断を受けなければならないからです。
「キャッシング」を商いとして取り扱っている会社は、どこもこの「審査」という工程を踏みます。逆に「審査」が甘いとか、審査無しという業者は、むしろ裏の側面を持ち合わせている信用できない会社であると考えて、ほぼ間違いありません。
お金の借りる際の「審査」の厳しさは、「銀行系統」と分類される金融会社が、一番厳しいとされています。その次に厳しいと評判なのは「信販会社系統」で す。これらの金融会社は、人々の社会での生活に、常に密接に関わっている会社ですので、その信用度も高く、それを保つためには、「審査」も厳しく行う必要 があるからです。
その反面、借りられるお金のマックスの額は、銀行系は多めになっている傾向があり、また、借りたお金に掛かる金利のパーセンテージは、低めに設定されているケースが多いと言えます。
「消費者金融系統」の「審査」については、「信販系統」よりも厳しくないですが、借りられる条件は、低めの額と高めの金利という傾向といえるでしょう。
「信販会社」のキャッシングは、「銀行系統」より厳しくなく、「消費者金融系統」よりも条件が良いという、中間的なポジションですので、利用しやすさという点では、バランスの良い「キャッシング」のスタイルと言えます。

審査に掛かる時間

お金を借りるときに貸主が借主に求めるものは、その人の「信用」であると言えます。「この人にお金を貸しても、約束どおり戻してくれる」という信頼の元に、お金の貸し借りが成り立っているからです。
親戚や友人関係からの借入であれば、その人の信用度はすでに計り知れているといえますが、これを生業とした金融会社にとっては、お金を借りたいと申し出た者の信用度は、まだ不明のままなのです。
そこで、この信用度のチェックを行いますが、これを「審査」と呼称しています。お金を借りるのであれば、その金額の大小や、期間の長さに関わらず、この 「審査」は必ず受けなければなりません。これは、お金を貸す金融会社が、返済の滞りのリスクをなるべく小さいものにしなければならないからです。
以前のキャッシングは、「審査」に掛かる時間が数日は必要とされていました。しかし、多くの金融業者が存在する現在、サービスの向上という点では、「審査」に掛ける時間の短さを謳い、他社との差別化をアピールする材料となってきました。
「審査」が厳しいとされている「銀行系統」のキャッシングサービスでさえも、「審査」の可否について、その日のうちに通知するというところまでになってき ていますので、「信販会社」の「審査」に掛ける時間も、当然ながら速くなってきています。これは、インターネットの高速化により、「個人信用情報」のデー タにアクセスし、速やかに個人の信用度を参照し、速いながらも正しい「審査」を行えるシステムが確立されたからであると言えます。

借入の手段

信販会社のキャッシングは、私たちの生活にとても身近なものとなってきました。利用申し込みから利用開始までに要する時間も迅速になってきた現在、実際に お金を借り受けるときに面倒では使い勝手が悪くなってしまいます。しかし、その借り入れの手段はとても容易で、それでいて時間に左右されない便利なものと なっています。
インターネットが普及して、自宅にパソコンを持ってらっしゃる方も多いと思いますが、キャッシング利用の手続きを行った信販会社のWebページから、借り 入れの申し出を行うと、指定した口座へとお金が振り込まれます。また、ゆうちょ銀行や大手銀行の「現金自動受払機」や、街中にあるコンビニエンスストア店 内の「現金自動受払機」からでも、お金を引き出すことが可能です。二十四時間開いているコンビニエンスストアですから、借り入れも二十四時間可能であると 言えます。
自分の銀行口座に、預金があって、それをコンビニエンスストアで引き出す場合、二百円程度の手数料が発生します。しかし、信販会社のキャッシングカードを使ってのお金の引き出しには、手数料が無料という信販会社も存在します。
キャッシングは借金ですから、その利用に対して金利が発生します。多くのケースでは最高で十八パーセントの利率と、決して安いパーセンテージではありませ んが、小額の借り入れで、速やかに返済すれば、自分のお金を引き出す手数料の二百円よりも安く済んでしまうこともあるのです。

返済の手段

信販会社の取り扱っているキャッシングサービスは、他の金融会社系統のキャッシングサービスよりも利便性が高いと言われています。その理由は、借り入れから返済の方法が容易で、二十四時間いつでも対応できるという融通の利く点と、それに伴う手数料が格安や、会社によっては無料というところもあるからです。
借りたお金は、必ず戻さなければなりません。しかし、現在の多忙な生活を送る人たちが、平日の日中に、キャッシングの返済のために銀行の窓口に出向くのは、なかなか容易なことではありません。そこで便利なのがコンビニエンスストアの店内に設置されている「現金自動受払機」です。
このコンビニエンスストア内の現金自動受払機を利用するには、所定の手数料が必要ですが、信販会社が取り扱っているキャッシングでは、提携しているコンビニエンスストアでなら、手数料が無料で借りたお金の返済が可能というサービスを行っています。これならば、忙しい人でも、会社の帰りにコンビニエンスストアに寄って、買い物のついでに借りたお金の返却も出来るのです。
また、ネットバンキングと呼称されている、自分の銀行口座をインターネットを利用して管理、利用できる契約をしている人ならば、ネットバンキングを使っての振込みによる返済も可能ですから、わざわざコンビニエンスストアに出かけることすら必要が無いとも言えます。
また、クレジットカードの「キャッシング枠」を利用したならば、クレジットカードの利用請求と共に返済の引き落としが行われるので、預金残高さえあれば、自動で返済することも可能です。

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-カードのキャッシングと信販系カードローン

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.