【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

個人信用情報とクレヒスの基礎知識

個人信用情報におけるクレヒスの実態

投稿日:

クレヒスについての悩み

クレジットカードを使用していても、クレヒスを意識した使い方をしていないと、うっかり悪いクレヒスを残したりするものです。

クレジットカード利用者のクレヒスについての悩みには、そのようなところからきているものが少なくありません。

たとえば、口座にお金を入れ忘れてしまい引き落しに間に合わなくなってしまい延滞になってしまった。すぐ支払ってもブラックになるのか、といった悩みです。

せっかく長年かけて積み上げた信用が、一度の延滞でダメになるのではないかと不安になる人は多いようです。

この場合、すぐに気づいてカード会社に連絡して、指定の方法で支払えば問題ないとされています。しかし、何度か繰り返してしまうと、利用制限や強制解約されるケースがあるとのことです。

うっかりしていた、あるいはどうしようもなかったのであれば、早急に対処すれば問題なしということです。

また、もしそれでクレヒスについて延滞を示す「A」がついてしまうかは、カード会社の判断によるところが大きいとされていますが、数日の延滞ではつかない場合が多いようです。これは、個人信用情報を開示してみれば確認できるので、自ら開示してみるといいでしょう。

しかし、延滞の日にちが長くなると、カードの利用が停止される可能性もあります。ほかにも、利用限度額が少なくなったり、強制解約されることもあります。

そして、ひどい延滞の場合は、信用情報機関のほうの個人信用情報に強制解約の記録が残ることもあります。

そういった場合は、最低5年間は新規のクレジットカードの審査だけでなく、ローンの審査にも通りにくくなったりします。この状態が、いわゆるブラックと呼ばれる状態です。

クレジットカードで買い物をするということは、信用によって買い物をすると考えなければならないのです。

クレヒスについて多い疑問点

クレヒスというのは、個人信用情報の一部として、カード利用者の利用状況が客観的にわかるように記録されるものではありますが、マークなどで記録されているため一般にはわかりにくくなっています。

また、本人開示制度などもあって、自分の個人信用情報を見ることもできるのですが、クレジットカード会社が独自の判断材料を持っており、それをもとにつけることも多く、自分のクレヒスがどのようにつけられるのか疑問に思う人も多いようです。

おまけにクレジットカード会社は、加盟店で買い物などをされたとき、そこからの請求に応じて利用者に代わって支払いをし、その後に支払った分を利用者に請求するということになるので、買い物と支払いまでの間にタイムラグが生じてしまいます。この点も、利用者にとっては見えない部分となっています。

たとえば、締め切りの日までに加盟店で買い物をしても、支払い日にクレジットカード会社からの請求がないときがあります。

これは、クレジットカード会社が利用者に請求を送るまでの間に、買い物をした店舗やクレットカード会社などの手を経ることから生じるものといえます。

クレジットカードを使って加盟店で買い物をしても、まずその加盟店が売上げの請求をクレジットカード会社へ上げる過程があり、次に、クレジットカード会社がその請求を処理するという過程があります。

加盟店が売上げの請求をクレジットカード会社へ上げる日については、加盟店の都合次第というところで、まちまちです。そこで、買い物をしても、すぐには請求がこないということがあるわけです。

クレヒスがどうなっているか知り、それを意図的に育てていくためには、まずこのような細部についても知る必要があります。すべてにおいて優良なクレヒスというものを育てるということ自体が難しいのかもしれません。

クレヒスなしでのカード申し込みのひと工夫

クレヒスを作るうえで大事になってくることは、入金情報をきちんと更新してくれるクレジットカード会社を選んで、延滞しないで毎月小額でもいいので使用していくことです。

クレジットカードを毎月忘れないように使用していくというのは大変なので、ちょっと工夫して、携帯電話の使用料金や公共料金の支払いといった、必ず毎月の支払いになっているものを宛てると便利です。

また、クレジットカードは長年の間契約をしておけば、自然とクレヒスが積まれていくということがあるので、クレジットカード会社からの信用を得るには長く続けるということも必要です。

CICの個人信用情報に記録されるクレヒスでは、クレジットカード使用における返済状況のほかに、キャッシングの残債額や次回の請求額などもわかるようになっています。

そこで、もしクレジットカードを使用していても「$」の記号をクレヒスとして毎月更新してくれないような会社であっても、残債額や請求額などがきちんと記録されていれば、クレジットカードを使用していることがわかるので、客観的にもお客の信用性を判断することができます。

また、注意しなければならないのは、個人信用情報におけるクレヒスでの「異動」という文字です。返済状況での通常の記載は「成約」ということになっていますが、この部分が、もし「異動」という文字になっていると、これはひどい滞納があった場合、破産宣告を受けているということを示しています。

CICの個人信用情報におけるクレヒスを自己開示してみて、この文字が見つかれば、ほぼ新しいクレジットカードを作ることは無理です。この記録は、最低でも5年から10年は残ってしまうので、その間はほかのカードで代用するなどして耐えるしかなくなるでしょう。

クレヒス作りのためのマメ知識

クレヒスを作るということは、新たにクレジットカードを作ったりカードのクラスを上げるための審査に有利になるということにほかなりません。

そこで、優良なクレヒスを作るためには、クレヒスに関するちょっとしたことでも知っておいたほうがいいでしょう。

今持っているクレジットカードを使っていて、もし、延滞をしてしまい、CICなどの信用情報機関の記録に載ってしまったときは、2年間は解約をしないほうがいいといえます。

というのも、延滞の記録は2年間延滞の記録が残ったままになり、その後更新されていくためです。そのため、延滞の記録があるうちは、新たなクレジットカードを作ったり、クラスを上げようとするときに審査において不利に働くということがあります。

そして、この2年の間に解約してしまうと、この延滞の記録はその後5年間消えないのです。そこで、2年経つのを待って解約したほうが、不利な記録を消せるということになるのです。

もし、信用情報機関に延滞の記録が残ってしまったら、なるべく延滞の記録が更新されてから解約したほうが、少しは有利になるということがいえます。

逆に、毎月クレジットカードを利用して、きちんと支払いをしているとつけられる優良マークも、2年間単位で更新されていくため、2年間続けてから解約すると、優良マークも5年間は残されることになります。

この記録はかなり有利に働くため、新しくクレジットカードを作ったりする場合も、審査に置いてはかなり有利な条件となっていくのです。

クレヒスの記載内容の変更について

クレジットカードを申し込むときは、個人情報について書き込んだ申込書を提出しなければなりません。

そこで、クレジットカードを利用しているうちに、もしクレヒスが記録されている個人信用情報について変更があれば、変更の届け出が必要になります。

しかし実際は、変更の届け出を必ずしなければならない項目と、別に変更の届け出をしなくても問題のないものがあります。

たとえば、クレジットカードの申し込みをしたときに在籍していた会社を辞めてしまったというときは、基本的には申告しなければならないとされています。

しかし、会社を辞めて無職になっていたとしても、延滞なくクレジットカードが使用されていれば問題のないケースが多く、次の会社などが決まったときの事後報告で構わないようです。

ただし、自営業になったといった場合は、職業の形態の変更ということで、すぐにクレジット会社に変更の届け出をしなければなりません。自営業の場合、そもそもクレジットカードを作るときも審査が厳しくなる傾向があるためでもあります。ただ、届け出をしたからといって、デメリットが生じるわけではありません。

そして、転職したといったときや、アルバイトになったといったケースも、すぐにクレジットカード会社に連絡したほうが無難でしょう。

変更になったことをクレジットカード会社に逐一連絡しなくても、問題のないケースは多いのですが、次回の申し込みに影響が出たり、利用限度額が上げられなかったりと、後にいろいろと影響が生じるケースもあるので、逐一連絡するに越したことはないようです。

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-個人信用情報とクレヒスの基礎知識

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.