【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

自己破産になる前に/返済不能と債務整理

自己破産に悩む前にまず債務整理の相談を

更新日:

債務の相談は弁護士へ

おまとめローンや多重債務についてお話をしてきましたが、それでも返済が厳しい場合や、調子に乗って借入をしすぎてしまい、返済が厳しくなってしまった場合に、藁をもすがる思いで頼った金融がヤミ金融であったらとんでもない事になります。債務の悩みは、ひとりで抱え込んでしまわず、法律に精通した専門家に相談しましょう。
また、すでにヤミ金融から借入をしてしまい、困っている場合も、まず相談をするのは警察ではなく、弁護士になります。勿論、法律に触れて営業をしているヤミ金融を裁くのは警察の仕事になりますが、このような時に警察は、案外頼りにならないものです。債務の問題で一番優先するべきなのは、時分の身の安全です。弁護士に相談をする事で、大きな助けになってくれるでしょう。
もちろん、依頼をするのにお金はかかりますが、弁護士に依頼する少額のお金で大きな債務の負担が軽減されるのならば、弁護士に相談した方がいいに決まっています。近年では、こうした多重債務者が増えている事から、法律相談事務所や債務相談をおこなえる弁護士事務所が非常に増えています。債務の相談は、債務経験の豊富な弁護士や、弁護士事務所に相談するのが一番でしょう。
多くの場合、初回の相談や電話相談が無料でできますので、少しでも困っているのであれば、藁をもすがる思いでヤミ金融ではなく、警察でもなく、弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

債務整理をする

弁護士にお願いする最大のメリットは、法律に精通しており、金融業者も強く出られない立場にいる事にあります。金融業者も法律に則って運営をおこなっていますが、法律の全てを把握しているわけではなく、弁護士に摘発されては困る部分も多いためです。
このような弁護士は、裁判を行う上でも、消費者のかわりに法廷に立って証言する事や、各種書類手続きを代行しておこなう事ができるため、消費者にとってはまさに救世主のような存在です。
弁護士を通して、おこなえる事に債務整理というものがあります。たとえ、自己責任で借入をおこなったとして、返済ができなくなったとしても、法律では消費者を守る最終手段がいくつか存在するのです。そのひとつとしてあげられるものは、任意整理と呼ばれる債務整理です。任意整理は、裁判を行わずに金融業者と消費者の間で任意におこなわれる交渉です。金融機関に払いすぎていた金利分などを弁護士を通して取り返す事ができ、その額を返済分に当てて返済額を減らす事ができるのです。
続いて利用できるのが、民事再生と呼ばれる債務整理です。これは、裁判を通して、返済が難しくない範囲まで債務を減らす事ができるもので、しっかりと返済する意思はあるが、現在の額を完済するのが難しくなってしまったという場合に利用できる方法になります。
これらの方法では、たとえ不動産や土地、車などの価値のあるものを所有していた場合でも、それらを手放す必要がなく、債務を整理する事ができる手段です。

最終手段の自己破産

債務整理の2種類を紹介しましたが、それでも返済が難しい場合や、返済の能力が無くなってしまった債務者に対して、国が認めている最終手段としては、自己破産という方法があります。自己破産をする事で、返済の義務から開放されて、一から生活をスタートする事ができます。今までに、生活が苦しくて多額の債務を作ってしまった場合に、この先もずっと債務について悩んでいく不安から開放されて、新たに生活をスタートさせる事ができます。
自己破産もまた、弁護士を通して裁判所に申請を出す事ができます。自己破産をした際に不動産などの大きな財産を有している場合は、まずそれが返済の足しに回されます。まったくそのような財産がない場合でも自己破産は可能で、返済額がゼロになるかわりに、金融業者の信頼もゼロになるため、その後数年間は借入をする事ができません。そのため、自己破産後は借入をする事なく、自身の力で生活していく必要があります。
とはいっても、自己破産をしたからと言って、会社に通知が行くわけでもなく、そのまま今まで通りの生活が送れます。収入さえあれば、新たな車を購入する事もできますし、旅行に行く事もできます。しかし、車を購入する際に恐らくローンは組めません。
このような、法律に消費者は守られていますので、多重債務で返済が難しくなったからといって、思い詰める事はありませんが、もとから借入をする際は、人からお金を借りるという事を意識して計画性のある借入をしっかりと考えていく必要がある事は言うまでもありません。

計画性のある借入をしましょう

このように債務の相談や債務整理をする事ができ、消費者の人権は守られていますが、自己破産をすると金融業者の信頼を一気に失う事になります。その後の社会生活に大きな支障はありませんし、会社をクビになったりする事もありませんが、借金は、人からお金を借りる行為です。もとからそのような無理な借入をしなくて済むように、しっかりと考えた生活をしていく必要がありますし、借りたお金は期日までにしっかりと返済するというのは当たり前の事です。
返済が難しくなる前に、本当にそこまでの借入をする必要があるのかや、なぜそこまで債務が増えてしまったのかをしっかりと考えましょう。そして、これから借入をするという人は、借金を軽視すると、自分もこのような多重債務者になりかねないという事をしっかりと把握した上で借入をおこなうべきです。
そもそも、借りたお金はもともと自分のお金ではありませんから、やむを得ない事情以外の私的な理由で使用する事自体が問題であると筆者は思います。とはいっても、自動車を購入するためのローンや住宅ローンは、時として必要になりますので、私的な理由でも計画性を得ていればそのような借入も問題はないかと思います。
大切なのは、しっかりと考えて借入をおこなうというところにあります。多重債務者になって、債務整理をする事のないように、借入をする前からしっかりとここら辺の点を考えておきましょう。

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-自己破産になる前に/返済不能と債務整理

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.