【マネラテ】自営業のお金ブログ!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など

自己破産になる前に/返済不能と債務整理

住宅ローンの基本と滞納のリスク。返済、支払、滞納と任意売却

更新日:

住宅ローンの特徴

住宅ローンとは、新しい住居を購入するための費用をローンとして金融機関からお金を借りて、先払いで住居が買えるという仕組みですが、住宅は高価な場合が多く、住宅を購入する人のほとんどが住宅ローンを利用して住宅を購入する人が多くなっていますが、住宅ローンを毎月返していく必要のある最低返済額に関しても高額なことが多く、完済までが長期になることから、住宅ローンが返せない状況になり、滞納をして返済不能になってしまうというケースは多くあります。

住宅ローンは返済が長期なるということと、借り入れ金額が多いという特徴があることから、金融機関では住宅ローンにかかる金利を一般的なローンよりかなり低く設定しているところがほとんどですが、住宅ローンという性質上、元本がかなりの金額になっているのでほんの1%の金利変動でも大きなダメージを受けてしまうというリスクがあります。

住宅ローンが返せなくなり、返済不能や滞納で苦しい状況になってしまったら、一刻も早く対策を立てることが大事だといえますが、借金問題解決でよく言われている自己破産による債務整理で問題解決するのは注意が必要です。

住宅ローンが返せないからと言って、すぐに差し押さえになるとか競売にかかるというケースはほとんどなく、事前にある程度金融機関側に伝えておくことで、一定の猶予を与えてもらえる場合もありますが、任意売却を考えている場合は早めに対応することをおすすめします。

住宅ローンの返済に関して

住宅ローンが返せない状況になっている場合は、住宅ローン以外のローンを抱えているケースも少なくなく、特に消費者金融からお金を借りて住宅ローンの返済に充てるという人も少なくないと思いますが、住宅ローンというローンはローンで借り入れることのできる最高クラスの金額が借りられるローンということもあって、通常のローンと比べると金利や保障の面がかなり異なっているという特徴があります。

住宅ローンでお金を借り入れるとなると、その金額は1千万円を超えているケースがほとんどだと思いますが、それだけの高額のお金を借り入れて長期的に返済していくことが可能になっているのが住宅ローンであることから、住宅ローンは便利なローンと言えますが、その反面で、住宅ローンが返せないといったことや返せなくなった住宅ローンを滞納して苦しい状態になり、最終的に返済不能になってしまったという話しはよくありますが、借金による精神的な苦痛から問題解決を自己破産で済ませようとする人が多くいます。

自己破産は債務整理の中で最も影響力の強い債務整理となっていますが、借金を帳消しにしてくれるという最大のメリットの裏には多くのペナルティが潜んでいるので、住宅ローンが返済不能になった場合は、任意整理などの債務整理からはじめ、最終的には自己破産で問題を解決させるのではなく、購入した住宅を売価する、任意売却による問題解決を図っていきましょう。

住宅ローンを組んでからの支払い

住宅ローンは借り入れる金額が高額であるということに加えて、長期的に返済していく必要があるということから、数あるローンの種類の中でも審査が難しいとされており、過去に遡って様々な信用情報を基にして審査が進められていきますが、当然ながら住宅ローンを組んでいるということで、その難しい審査に通過して現在ローンの返済を行っているということなので、本来なら返済能力があるはずなのですが、返済が長期になるということから返済していく間には様々な生活変化もあり、ローンを組んだ時には予期せぬ事態になるというケースが多いのも住宅ローンならではの特徴だと言えます。

この予期せぬ事態によって多くの人が住宅ローンを返せない状況になったり、滞納をしてしまい返済不能な金額の滞納金額になってしまったというケースが出てくるのですが、長い間滞納をしていたということで、この場合はかなりの負債を抱えていることになります。

返済能力を超えた借金をしてしまうと、完済はほとんど不可能に近くなってしまいますが、返済不能になって苦しいからといって、すぐに自己破産を考えるのではなく、返済不能に陥ってしまったらまずは住宅ローンで支払っている家を任意売却して借金を減らすことから考えていく必要があります。

また、任意売却しないでも簡単な債務整理をするだけで家を手放さないで借金問題が解決できる場合もあるので、様々な手段を検討するようにしましょう。

金利の仕組み

住宅ローンに限ったことではありませんが、金融機関でお金を借りようとする場合は住宅ローンとして借り入れたお金に対して一定の利率を乗じた金利が発生することになりますが、これは銀行と消費者金融のいずれの場合も金利を支払う義務が生じることになっており住宅ローンの金利はローンの金利の中で低いとされていますが、元本が高いので金利の支払いはかなりのものになります。

当然ながら金融機関側は住宅ローンという高いお金を貸す見返りを金利という形で受け取っているのですが、単に金融機関だけの収入だけでなく、維持管理費を含め、保険代など様々な用途で金利が使われることになります。

また、金利は景気に影響されやすいという特徴があるため、金利の支払いだけでもかなりの高額になるケースがありますが、この金利に翻弄されて住宅ローンが返せない状態に陥り滞納をしてしまい苦しい状態になってしまうことになります。

返済不能になったらすぐに問題を解決させる必要がありますが、金利が高いという理由で滞納をしたというなら、返す見込みは0ではないので、自己破産より任意売却によるトラブル解決を図り、可能なら任意整理や民事再生も検討してみると良いでしょう。

金利は3年固定や5年固定など周期的に変わるタイプのものが多く、金利が上がっていることに気付かないことで住宅ローンが滞納してしまうケースが多くあるので、金利が変わる年は事前に把握して対応しましょう。

住宅ローンを滞納してしまった場合

住宅ローンに限らず、ローンの支払いという時点でそれは借金を返すということになりますが、当然借りたお金はきちんと返さなければいけませんが、中には借金していることにも気付かないで知らず知らずに借金が膨らんで行っているような人がいたり、滞納を知っているにも関わらずどうしていいか分からないということから問題を放っている人など住宅ローンを滞納している人も人によって様々な理由で滞納しているのですが、住宅ローンが返せないと分かった時点で滞納をするのではなく、住宅ローンを借り入れている金融機関に相談をして問題解決を図るようにしなければいけません。

住宅ローンが返済不能になり滞納で苦しい状態になっている状況では、手遅れの状態とも言えるので、できるだけ早い段階で相談するようにしましょう。

住宅ローンの滞納を放置してしまうと、住宅ローンを貸し出している金融機関が勝手に競売に出して住宅を売ってしまうこともあるので、早い対応が急務になりますが、競売に出されてしまうと自己破産や任意売却による問題解決は難しくなるので注意が必要です。

滞納の期間が短いのであれば、急に競売にかけられるようなことはまずありませんが、問題解決の選択肢は狭くなり、本来なら自己破産より任意売却で問題解決を図るのが理想なのにも関わらず、期間的な問題から任意売却が難しくなってしまい、最終的に自己破産の選択肢しか残っていない状況になることもあります。

住宅ローンが返せなくなった場合

住宅ローンが返せない状況になってしまい、払うお金が無いことから住宅ローンの滞納をしてしまい、滞納を重ねた結果、返済不能に陥るという悪循環に陥ることも住宅ローンの返済においてはそこまで珍しいことではありませんが、返済不能になった住宅ローンをどうするかということを考えていると精神的に参ってしまい苦しい状態になってしまうこともあります。

住宅ローンは返済が長期的になるので、金融機関側もある程度事前に覚悟をしてお金を出してはいるのですが、短期的な滞納ではなく長期的な滞納になってくると、返済能力が無いと見られるようになり、滞納期間に合わせた処置を行うようになってきます。

滞納している場合は一秒でも早く、金融機関にその旨を伝える必要がありますが、滞納期間が短ければ短いほど返せなくなった住宅ローンに対しての対応策は多いので、自己破産をしないで任意売却もできればしたくないという場合は早い段階で相談に行くことが大事です。

借金が帳消しになるという自己破産より任意売却による問題解決の方が良いと言われているように、できるだけ自己破産という形での借金解決は避けたいものですが、任意売却でこれまで住んできた住居を売却するというのもそれなりの覚悟が必要です。

一時的な収入の減少なら任意整理で今後返済できる可能性は残されていますが、多重債務に陥ってしまったなどの理由によって住宅ローンが返せなくなった場合は任意整理などの返済方法では難しくなります。

任意売却に関して

住宅ローンでお金を借り入れて住宅を購入した場合は、通常なら数十年単位のローンを組んでお金を返済することになりますが、住宅ローンの返済は長期にわたるケースが多いことから途中で住宅ローンが返せなくなるということは十分にあり得ることで、現に住宅ローンが返せなくて住宅を売却している人も多くいますが、住宅ローンが返せなくなったからといって滞納を続けるのは厳禁で、返済不能で苦しい状況になった場合は、早め早めに対処を考えていく必要があります。

特に、住宅ローンが返せなくなった人の多くは自己破産という手段で問題を解決させるケースもありますが、後々のことを考えると自己破産はできるだけ避けて問題を解決させるのがベストです。

そのため、住宅ローンが返せなくなった場合は住宅ローンを売って、売ったお金を借金に充てるのが理想なので、滞納で苦しい状態になった場合は自己破産より任意売却による問題解決をしていくことをおすすめしますが、滞納が続いている状態になっている場合は勝手に競売が進められていく可能性があるので注意が必要です。

任意売却も競売も売るという点では一致しているのですが、競売の場合は強制的に売られることになるので、任意売却に比べて売値がかなり低くなるのが一般的で借金返済に至らないことも考えられます。

そのため、競売にかける前に任意売却で家を売る方が金銭的にも精神的にも負担が少ないので任意売却による住宅を考えることをおすすめします。

任意売却と競合

住宅ローンは生活費の中で占める割合が大きいケースが多いので、当然ながら生活が苦しくなってくると一番最初に負担がかかってくる生活費になってくると思いますが、生活費におけるウエイトを占める部分が大きいことで住宅ローンが返せないとなると滞納が続いてしまうことになり、なかなか滞納した住宅ローンを後から返すとなると難しくなってきます。

返済不能に陥り苦しい状態が続いても出来る限り滞納という状態は避ける必要がありますが、住宅ローンを滞納するリスクは単に借金が増えるというだけではなく住んでいる住宅が自動的に競売にかけられるというリスクもあるので、住宅ローンが返せない状態にあり返済不能だと思った時点で、任意売却による準備を進めていきましょう。

問題解決の方法には自己破産という債務整理の方法もありますが、現実には自己破産より任意売却をおすすめします。

また、滞納を放っておくと住宅ローンを貸し出している金融機関が自動的に住宅を競売にかけることになりますが、基本的に競売にかけられる家は安価でしか取引されないため、競売で売れたとしても購入した時の金額よりはるかに低い金額になるケースが多いため、競売で売ったとしても借金がすべて消えるということはほとんどありません。

競売に比べると任意売却の方がまだ高い金額で売れる場合が多いので、任意売却の方が競売よりはいいのですが、任意売却による住宅の売却の場合でも借金が残る可能性があるということを認識しておきましょう。

 

この記事を書いた人

HN:マネラテわんわん
HN:マネラテわんわん
お金喫茶マネラテの看板犬です。
鼻が利くので、いろいろな情報記事を担当していますわん。雑多な記事はたいてい僕が担当したものです。

アドセンス

スポンサーリンク

-自己破産になる前に/返済不能と債務整理

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.