【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

景気と経済・金融ニュース

東京オリンピック開催による東京経済の今後の傾向と対策

投稿日:

未だ熱帯夜の暑さが残る2013年9月8日の早朝に一報は飛び込んできました。

「2020年 オリンピック開催地 東京に決定!」経済再生の進む中でのニュースは、将来への景気回復への希望を描いた、2013年、日本全体を興奮させた近年にない最も明るいニュースとなりました。

東京においては、世界的にも代表的な都市であるにもかかわらず、バブル経済の崩壊後、1996年に開催予定されていた世界都市博覧会の半ば強引な計画中止決定以降、大イベントの話がほとんどありませんでした。

前回の2009年10月に行われた、2016年のオリンピック開催地に立候補しましたが、最終選考まで残るも落選という結果から焦燥感すら漂っていましたが、石原前東京都知事の諦めない強いリーダーシップを引き継いで念願が叶いました。
政財界や多くの東京都民をはじめとする日本人が未来に期待をふくらませる結果になりました。

ところが、興奮未だ冷めやらぬ11月に飛び込んできたニュースがオリンピック開催地の招致に石原都政の時代から尽力した、猪瀬都知事(2013年11月当時)の収賄疑惑です。

2013年の暮れに起きた事件により、オリンピック開催決定のお祭りムードは一転、猪瀬氏は、都民に怒りと失望感を残して都庁を去りました。

そして、2014年1月に公示となった首都東京は、その運営とオリンピック開催に向けて、強いリーダーシップで発揮する新しいリーダーを選ぶ選挙となりました。

それぞれの候補者は、争点となっている、福祉・防災・原発など様々ですが、要の候はオリンピック開催の成功に向けて前向きな姿勢で望むことを表明しました。

話が前後してしまいますが、2014年1月6日、新年の仕事始めに合わせるように、竹中平蔵氏らが試算した、2020年 東京オリンピックによる経済の波及効果が発表されました。

その試算によると、合計で19兆3522億円もの経済効果(生産誘発額)が見込まれ、それに伴う雇用創出は、なんと延べ約121万2000人にも及ぶことが想定されるそうです。
竹中氏らの行った試算の中には、「ドリーム効果」と呼ばれる、国民それぞれの消費拡大も大きく計上されているところがポイントです。

竹中氏は、御存知の通り金融経済分野において信頼の置ける経済学者です。
そして15年以上も日本の政治の内外から日本経済に関わっていますから、今回の発表は、試算を発表した日時や試算内容から見て多分に日本経済市場への期待が込められていることも加味されていることでしょう。

デフレ経済により長くくすぶり続けていた憂さを晴らすように、東京オリンピックの開催を機に東京と日本の経済再生は、加速することが期待できそうです。

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-景気と経済・金融ニュース

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.