【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

相続・遺産分割・葬儀など

葬式の費用について

投稿日:

葬式の費用について

みなさんは、葬儀にはどのくらいの費用がかかるのか、ご存知でしょうか。「結構、かかるのでは?」と思っている方も、具体的にどのくらい費用が必要となるのか、分からないという方も多いと思います。

では、葬儀の費用には、どのくらいの費用がかかるのか、どういったことに費用がかかるのか、ご紹介しましょう。まず、葬儀費用と言っても、様々な費用がかかることになります。葬儀費用として含まれるのは、祭壇の費用や御棺の費用、ドライアイスの費用や葬儀の際に動いてくれるスタッフの方の人件費などがかかることになります。また、その他には斎場の使用料や火葬する際のかかる費用、葬儀に来てくれた方に出す飲食費用や返礼品などの費用などがかかることになります。別途、お坊さんへの心づけやお布施なども必要となりますから、かなりの費用がかかることになります。お布施や心づけなどは、費用を抑えることは出来ないものとなりますので、注意しましょう。

葬式費用は、地域によっても差がありますが、これらの費用を全て含めると、平均200万円近い費用がかかることになります。葬儀費用としては、130万円前後かかることになりますし、実費費用としては50万円近くかかることになります。不幸は、突然訪れるものでもありますから、葬式の際にはこのくらいの費用がかかることは、事前に頭に入れておいた方が良いかもしれませんね。「そんなお金はない」という方は、家族層などの小さな葬儀を行うなどすることで、費用を抑えることが出来るでしょう。

 

葬式費用の明細

葬式を行う際には、ある程度まとまった費用が必要となります。「今から、葬式のことが心配」と思っている方もいるでしょう。年配の方などは、「子供たちに迷惑をかけないように、葬儀費用などを準備している」という方もいるかもしれませんね。葬式は、あくまでも故人を送るためのものであり、残された人たちのために行われるものとなります。そのため、「こんなに費用は、準備出来ない」という方の場合には、無理に大きな葬儀を行う必要はありません。心のこもった葬儀であれば、どういった形の葬儀でも故人は喜ぶはずですからね。

では、葬式費用の明細について、ご紹介しましょう。まず、葬式を行う際には祭壇が必ず必要となりますよね。祭壇などは、葬儀の規模によって異なりますが、300,000円から準備することが出来ます。「意外に、高いんだなぁ」と感じる方もいるかもしれませんね。また、棺に関しては15,000円から高額なものまでありますので、残された方の予算に応じて選ぶことが出来ます。そして、葬式で欠かせないのはお花ですが、お花は7,000円から準備することが出来ます。遺影に関しては、12,000円から準備することが出来るでしょう。その他、骨壺は17,000円前後から、枕飾りは15,000円から、案内看板は15,000円から、司会者を利用する際には50,000円前後からとなっています。

その他にも、様々な費用がかかることになりますから、葬式を行う際には、それぞれの業者などの費用も見比べた上で選んでいくことが大切となるでしょう。

 

お布施の目安・相場

「葬式の際には、どのくらいの費用がかかるのだろう?」と今から心配している方もいると思います。「あまり、お金はかけられない」と感じている方もいるでしょう。

では、葬式を行う際に必要となる、お布施について、ご紹介しましょう。葬式の際には、利用する業者によって、それぞれの価格設定は異なります。交渉することで、費用を抑えることが出来るものもありますが、お布施に関しては、一切費用は抑えることが出来ませんので、注意しましょう。

葬式を行う際には、戒名が必要となりますよね。宗教などによっても料金などは変わってきますが、戒名を詰めてもらう際にも費用がかかることになります。戒名には、それぞれ段階があり、その段階、宗教に応じて費用が変わってくることになります。戒名などを依頼する際には、事前に確認しておいた方が良いかもしれませんね。例えば、乳幼児などに付けられる戒名の場合には、30万円から50万円程度。子供の場合には、50万円から100万円程度の費用がかかることになります。大人の方で、最も多い名称を付ける場合には、80万円前後から費用がかかることになります。その上の段階の名称を付ける場合には、100万円以上の費用はかかると考えておいた方が良いでしょう。

このように、お布施はそれぞれの希望する戒名の段階によっても費用が変わってくることになります。この戒名に関しては、費用を抑えることは出来ませんので、最低でも50万円程度は考えておいた方が良いかもしれませんね。

 

葬儀と相続

自分が亡くなった時のことを考え、「葬式の費用などは、今から準備している」という方もいると思います。葬儀を行うとなれば、大きな費用がかかることになりますから、「子供に迷惑はかけたくない」と、自分で準備をしている方も多いのではないでしょうか。葬儀が終わった後には、残された家族は相続の手続きなどを行っていくことが必要となります。この相続は、とても手間がかかるもの、揉める原因となるものでもありますから、生前からしっかりと準備しておくと良いのではないでしょうか。

では、葬儀の後に必要となる相続について、ご紹介しましょう。まず、亡くなった場合には、その方の財産を把握しておく必要があります。そのため、事前に預金はどのくらいあるのか、どの銀行にあるのかなど、まとめておくと良いかもしれませんね。土地や家などをお持ちの方は、これらの書類などもまとめて置いておくと良いでしょう。そうすれば、残された家族が、探す手間などを省くことが出来ます。

また、「このお金は、この子に残しておきたい」などの希望がある場合には、遺言などを残しておくと良いでしょう。自分一人で作ったものではなく、専門家に相談しながら作成することで、効力のある書類を作成することが出来ますよ。残された家族は、故人が加入していた保険金などを確認しましょう。これらの費用で、葬儀費用などが賄えることもありますからね。そして、相続をするのかどうかなどを決めていくことが必要となります。

相続に関しては、兄弟などで揉めることが多いものとなりますから、専門家を踏まえた話し合いを行った方が良いでしょう。

 

葬儀の内容について

「葬儀の準備をしておきたい」と考え、費用などの計算を行っている方もいると思います。親族などが、病気などにかかっている場合には、悲しくても現実的な準備を行っておくことも必要となります。故人をしっかりと送りだすためには、事前の準備も必要ですからね。

では、葬儀の内容について、ご紹介しましょう。まず、葬儀を行う際、どのくらいの費用がかかるのだろう?と思った時には、まずは葬儀の内容をまとめておくことが必要となります。例えば、どういった形式の葬儀を行いたいのかを考える必要があるでしょう。信仰している宗教がある方であれば、その宗教に合わせた形式を行う必要があります。そして、どのくらいの規模の葬儀を行うのかも考えていく必要があるでしょう。「家族だけで、しんみりと行いたい」という方もいれば、「大勢の人に、見送ってもらいたい」という方もいるでしょう。それぞれ、残された家族の思いは異なるでしょうから、どういった葬儀を行いたいのか、決めていく必要があります。

参列者の人数が見えてくれば、式場はどのくらいの広さが必要となるのか、祭壇の大きさなども見えてきます。お通夜を行う場合には、食事などを振舞うことになるでしょうから、飲食費用なども考えて置く必要があるでしょう。その他、香典返しは何にするのか、遺族や僧侶などを送迎するためのタクシーは必要か、マイクロバスなどの手配は必要か、霊柩車はどんなタイプを選ぶのかなどを決めていくことで、かかる費用が自然と見えてくるようになります。

 

葬儀費用の見積り

ある程度、「どういった葬儀を行いたいのか、見えてきた」という方は、「実際に、どのくらいの費用がかかるのか、計算してみたい」と考えている方もいるでしょう。また、これから葬儀を出す方は、「出来るだけ、費用を抑えたい」と考えている方もいるでしょう。そんな時は、それぞれの葬儀業者に見積依頼を行うことがおすすめ。「葬儀費用で、見積りなんて出してもらう必要はあるの?」と思われる方も多いと思いますが、葬儀にかかる費用は、利用する業者によって、費用は異なってきます。そのため、一度いくつかの葬儀業者に見積依頼を行い、どの業者を利用するか、検討することがおすすめですよ。「でも、そんな忙しい時に、見積依頼なんて行っている暇はない」と感じる方もいるでしょう。

実は、インターネットからは、葬儀業者の一括見積りを取ることの出来る、便利なサイトもあるんですよ。サイトで一括見積りを行えば、すぐにそれぞれの業者の料金設定なども確認することが出来ますから、「ここの業者は、高いなぁ」「ここは、比較的安いなぁ」など判断することも出来ます。不幸は、突然起こることが多いですから、こういった一括サイトなどを利用することで、すぐに利用しやすい業者を判断することが出来る様になりますよ。もちろん、サイトの利用は全て無料となっていますから、誰でも安心して依頼することが出来ます。

このように、葬儀を行う際、「どの業者が良いか、分からない」「費用を、抑えられる業者を選びたい」という時には、一括見積りを利用するのもおすすめですよ。

 

直葬について

身内が亡くなると、「葬儀を行わなくては」と思われる方も多いと思います。しかし、中には「葬式を出してあげる、費用がない」という方もいると思います。お葬式というのは、あくまでも残された家族のために行われるもの。そのため、費用が出せない方は、無理をして葬儀を行う必要はありません。そんな時は、直葬という方法があります。

では、直葬とはどういったものなのか、ご紹介しましょう。通常、人が亡くなった場合には、お通夜を行い、葬儀を行い、告別式を行い、火葬場などに向かうことになりますよね。しかし、直葬の場合には、お通夜や葬儀、告別式などは一切行わず、亡くなった方をすぐに火葬するという方法。火葬式とも呼ばれており、親族のみで行われるものとなります。「家族葬のことを言うの?」と思われる方もいると思いますが、家族葬と直葬はまた違ったものとなります。

実は、最近ではこの直葬が増えてきています。「どうして、葬儀などを行わない人が増えてきているの?」と不思議に思われる方もいると思いますが、身内や親族がいない方や、費用が払えない方、故人の意思によるものなども挙げられます。最近では、信仰心なども薄れてきていますから、葬儀を深く考えていない方も増えてきているでしょう。

このように、身内の方が亡くなった場合には、直葬という方法もあります。何らかの事情で、お金を用意出来ないなどの場合には、こういった直葬により、故人を送りだす方法もあります。

 

直葬の費用

「もしも、身内で誰かが亡くなった場合、葬儀を行う余裕はないだろう」と考えている方は、「直葬になるだろう」と思っている方もいると思います。葬儀を行うとなれば、100万円単位で費用がかかることになりますから、生活などもままならない方にとっては、「とてもじゃないけど、葬儀なんて行えない」という方も多いでしょう。しかし、直葬を行う際にも費用はかかることになります。葬儀を行うことを考えれば、かなり費用を抑えることは出来ますが、ある程度の費用はかかることになりますので、頭に入れておいた方が良いでしょう。

では、直葬の場合には、どのくらいの費用がかかるのか、ご紹介しましょう。直葬を行う際には、利用する葬儀社によっても異なってきます。10万円以下で行えるところもあると思いますが、その際にはサービス内容などが狭い可能性もありますので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。直葬儀の目安としては、20万円から30万円程度。このくらいの費用であれば、安心して直葬を依頼することが出来るでしょう。中には、50万円以上かかる業者もありますから、高いだけのサービス内容となっているのか、確認しておいた方が良いでしょう。

直葬の場合にも、それぞれの葬儀会社に見積り依頼を行い、それぞれの費用を比べてみることがおすすめ。葬儀の費用は、地域によっても差がありますので、それぞれの地域の業者に見積依頼をすることで、その地域の平均費用なども把握することが出来ますよ。

 

戒名料について

故人のために、「戒名は、しっかりとしたものをつけてあげたい」と考えている方もいると思います。戒名料の費用は、決して安いものではありませんから、それぞれの予算に応じて付けてもらう必要があります。

では、戒名料について、ご紹介しましょう。そもそも、戒名とはどういったものかというと、故人の方が、あの世で使う名前のこと。宗教によっては、戒名とは言わず、法名と呼んでいるところもあります。戒名は、上から院号、道号、法号、位号、置字が入っていることになり、位によっても料金が変わってくることになります。「戒名料としては、どのくらいかかると考えて置いたら良いのだろう?」と思われる方もいると思いますが、全国の平均としては40万円前後が平均と言われています。宗教によっては、もっと高い料金設定のところもあれば、安い設定のところもあるでしょう。戒名を付ける際には、事前にお寺の方などに相談することも出来ます。料金に関しては、なかなか聞きにくいという方も多いと思いますが、はっきり相場などを教えてくれるお寺もありますので、事前に確認してみるのも良いですよ。戒名料は、あくまでも故人に対する思いや、お寺に対する思いなどによって決まってくるものとなりますから、無理に高い戒名を付ける必要はありません。それぞれの予算に合わせた、戒名を選ぶと良いでしょう。

このように、戒名料は地域によって、宗教によっても変わってくるものになりますから、事前にお寺などに相談してみると良いですよ。

 

心づけについて

葬儀を行う際には、様々な費用がかかることになります。「少しでも、費用を抑えるために、数社に見積依頼を行っている」という方もいるでしょう。葬儀にかかる費用は、業者選びや、物を選ぶことで抑えることが出来ます。しかし、心づけに関しては、抑えることは難しいでしょう。

では、心づけについて、ご紹介しましょう。心づけとは、どういった費用になるかというと、葬儀社の方や霊柩車の運転手などに渡す、いわばチップのことです。葬儀をしっかりと進めてくれた、故人を大切に運んでくれた、というお礼の気持ちを込めて渡すものとなります。「心づけって、どのくらい渡せば良いの?」と思われる方も多いでしょう。心づけは、どういった方に渡すかによって、地域によっても異なります。例えば、霊柩車の運転手に渡す場合には、3,000円から5,000円程度が平均となっています。マイクロバスなどを準備した場合には、マイクロバスの運転手に渡すことになりますが、この際には、2,000円から5,000円程度。火葬場での火葬夫や炉係りには、3,000円から5,000円程度。料理の配膳スタッフには、2,000円から3,000円程度。休憩室の接待スタッフには、2,000円から3,000円の心づけが必要となります。葬儀業者の担当者には、5,000円から10,000円の心づけが必要となるでしょう。

このように、葬儀を行う際には、様々な方にお礼の気持ちを込めて、心づけを渡すことが必要となりますので、事前に準備しておくと良いですよ。「こういった場合には、心づけは必要なの?」という時には、葬儀業者の方に相談してみると良いですよ。

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-相続・遺産分割・葬儀など

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.