【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

保険関連ニュース

外資系の生命保険はなぜ人気が高まっているのか?

更新日:

現在、日本で営業販売している生命保険は、43社ほど国内で営業しています。

その内でも目立っているのが外資系の生命保険で、テレビCMやインターネットなどの通販、保険比較サイトなどのファイナンシャルプランナーによる提案などで、この10年ほどでかなりの数の保険商品が出まわるように成りました。

では、良い保険商品を見極めるコツをかんたんにご紹介しましょう。
結論から先にお伝えすると、どの保険も間違いのない商品ですが、人によってフィッティングの違いが出てしまいこれがベストというものはありません。

つまり、良い保険を選ぶコツは、自分のリスクをしっかりと評価して、ライフプランニングを行い自分に合った保険商品を選ぶことが大切です。

そのような、ライフプランニングによるコンサルティングセールスによる販売が、日本では1980年代後半にソニー生命が外資のプルデンシャル生命のノウハウを日本に持ち込んだことから外資の生命保険会社の営業社員が活躍するように成りました。

ファイナンシャルプランナーは、元はといえばアメリカから入ってきた言葉と資格です。
最近では、保険比較サイトなどに所属のファイナンシャルプランナーによってライフプランニングとアドバイスそして商品説明により保険を見直す人が増えているようです。

しかし、保険は金融商品の一つですから、厳格なルールがあります。
ところが最近の生命保険の販売については、目を覆いたく成るような違法スレスレの販売方法も目に付くようになったためか、金融庁から厳しい規制強化の発表がありました。

代理店による保険募集人への再委託を厳しく取り締まるということです。
これが、厳正に行われるように成るといわゆる、再委託を受けて活動中のファイナンシャルプランナーの人たちは、自身で保険会社と代理店契約を結ぶか代理店との雇用契約を結び社員の状態にならないと販売ができなくなります。

つまり、現状の乱れた状態を一旦元に戻し整理するということです。
そうすると、力を発揮してくるのは、先に紹介した外資系生命保険会社専属のライフプランナーです。

外資系生命保険商品は、ライフプランニングに合わせた組み合わせ設計ができて、無配当の定期保険や終身保険、変額終身保険などを多様に組み合せることで顧客のニーズに合わせた保険商品を構成してくれます。

金融庁の取り締まりにより、より質の高い外資系生保のライフプランナーに改めて注目が集まりそうな気配です。

但し注意も必要です。
参考:日本を去る外資系保険会社の契約はどうなる?外資系の神話崩壊!?

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-保険関連ニュース

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.