マネラテは、仕事と資金繰りと生活を同時に考える必要がある自営業のお金にまつわるブログです。生活費の実態や節約 節税、自営業の資産構築方法&生き残る仕事を戦略的に考察することも。

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など

保険の選び方/保険ショップどこがいい?

生命保険会社の健康相談 介護相談 治療サポート等のサービス

更新日:

「生命保険=万が一=めったに使わない」そんなイメージではないでしょうか?
けれど実は、日常のちょっとした「まさか」なときにも生命保険は役に立つんです。

というのも多くの生命保険会社では、契約者に対して様々な無料のサービスを提供しています(一部有料あり)。

たとえば無料の健康相談サービスをご存知ですか?

「今までにないくらい頭が痛い。これは脳卒中の前兆?それとも休んだら治るもの?」そんな時に、加入している生命保険で無料の健康相談サービスを受けることができるんです。

 

子供の急な発熱・高熱の相談を生命保険の健康相談サービスにした

最近私が経験したのが子どもの夜中の発熱でした。

夕方までは元気にしていて普段と同じ夜8時には寝たのに、日が変わろうかという頃にひどい咳をしながら起きてきたんです。様子も少し変で、熱を測ったらすでに38.5℃を超えていました。

咳は、普段よくする「コンコン」というものでも、風邪をひいたときの「ゴホゴホ」というものでもない、甲高い音の咳でした。後でわかったのですがクループ症候群というものでした。

急いで無料健康相談サービスに電話をしたら子どもの咳を電話口を通して聞いてくれて、「いますぐ救急にかかったほうがいい」と受診をすすめられました。

そして、自宅近くの病院で小児救急を受け入れてくれるところを探してくれました。

あいにく該当する病院がなかったのですが、今度は自治体の消防本部の電話番号を教えてくれ、消防本部に問い合わせるとよいですよとアドバイスをもらいました。

消防本部で、隣の市にある小児救急を受け入れている病院を探してくれて、無事に受診することができました。

子どもの体調は急変しやすいので判断や対処の遅れが致命的になることもあります。

けれど夜間や休日は救急車で運ばれる場合しか患者を受け入れていない病院もあり、どの病院に駆け込んでいいものでもありません。特に子どもの場合は小児科医がいないと受け入れてくれない病院もあります。

そんな時にスムーズに状況を把握し、受診するのがいいのか一晩様子を見るのがいいのかを判断してくれる人がいると、親としてはとても安心できました。

それに、一呼吸おいて相談することで、親がパニックになるのも防いで冷静に動くことができました。

 

今回は子どもの体調不良の場合ですが、生命保険会社の無料健康相談サービスは、子どもだけでなく、どの年齢の方でも使うことができます。

また、体の不調だけでなく心の不調(メンタル)についても相談することができる場合もあります。

「わざわざ病院に行くのも面倒」「友達に相談しても、友達には迷惑がられそうだな」など、心が不調な時は誰かに相談するのも躊躇してしまうことがあります。

また、勤務先に産業医が常駐している場合はいつでも産業医に相談できそうなものですが、「相談したことが上司にばれるのではないか」と、産業医に相談できない場合もあります。

そんな時に、電話の向こうの赤の他人に話すだけでも気持ちが晴れるかもしれませんし、いい解決策が見つかるかもしれません。

他にも、セカンドオピニオンサービスといって、治療の難しい病気(がんなど)で他の専門医の治療方針も聞いてみたいという場合には、生命保険会社と提携する医師紹介サービス会社が専門医を紹介してくれます。

さらに、介護用品のレンタル、家事代行会社との提携などもあり、
日常の「ちょっと困った」という時にも活用できます。

生命保険会社は、生命保険の商品を提供することで、公的な保障(社会保障制度)だけでは不安なお金の問題を解決し、そして社会貢献しています。

保険金や給付金を支払うだけでなく、突然の病気でもあわてずに対処できるようにサポートしたり、優秀な専門医を紹介してより良い医療を受けて社会復帰するのをサポートしたりすることで、契約者へ還元しています。

 

無料の健康相談サービスも、セカンドオピニオンサービスも、
生きていく上で必ずしも必要なものではないかもしれません。

しかし「困った」という時に、
相談する選択肢がたくさんあるというだけでも気持ちが楽になるのではないでしょうか。

こういったサービスは、保険に加入していてもなかなか知る機会がないかと思います。

生命保険会社のホームページにはこういった情報が掲載されていますが、日常生活の中で保険会社のホームページを見ることはあまりないと思います。

しかも、保険の営業職員からは新商品の売り込みしかしないとしたら、このような無料のサービスの存在なんて知る由もありません。
なんだかもったいないですよね。

ちなみに私は、子ども(2017年3月時点で1歳2か月)の体調のことですでに3回健康相談サービスを利用しています。

症状、相談内容 相談サービスの指示 結果
生後4か月

土曜日のお昼前

突然激しく泣いて泣きやまない。ミルクも母乳も拒否。 近くの休日診療所を教えてくれた。 異常なし。大泉門が凹んでいたので、水分不足との診断。お腹がすきすぎて泣いていたようだった。落ち着かせてからミルクを飲ませたらちゃんと飲んだ。
生後7か月

日曜日のお昼前

熱っぽい。1日様子見て翌日かかりつけ医に行くか、休日診療所に行くか相談。 近くの休日診療所を教えてくれた。 風邪。高熱が出た時用の熱さましなどを処方してもらう。
1歳2か月

金曜日の真夜中

高熱とひどい咳。夜間救急に行くべきかどうか相談。 小児救急を受け入れてくれる病院を探してくれた。 風邪からクループ症候群(咽頭が腫れて気道が狭くなり呼吸が苦しくなる)になっていた。軽いステロイド吸入をして呼吸を楽にしてもらった。

初めての子育てで、子どもの体調のことも判断に迷うことが多く、しかも子どもが体調を崩すのは夜や休日。かかりつけの小児科が休みで行けないため、このような健康相談サービスには助かっています。

 

こんな便利なサービスもあるんだということを知ってもらいたくて、各保険会社のサービスについてまとめてみました。

生命保険会社の健康相談 介護相談 セカンドオピニオン相談 サービス一覧

国内保険会社

生命保険会社 サービスの内容(抜粋) 詳細URL
日本生命 健康相談、介護相談、育児相談、女性の疾病の相談

人間ドッグ割引、介護サポート

セカンドオピニオンサービス

https://www.nissay.co.jp/keiyaku/zuttomotto/heartful/care/

https://www.nissay.co.jp/keiyaku/bestdoctors/

住友生命 健康相談、介護相談、

障害年金申請サポート

セカンドオピニオンサービス

http://www.sumitomolife.co.jp/about/customers/support.html
第一生命 健康相談、介護相談、セカンドライフの健康相談、子どもの健康相談、

介護用品の優待

セカンドオピニオンサービス

https://mypage.dai-ichi-life.co.jp/medical/jsp/p34.jsp

 

明治安田生命 健康相談、介護相談、障がい相談、先進医療情報

セカンドオピニオンサービス

http://www.meijiyasuda.co.jp/contractor/myhoken/02.html

 

太陽生命 セカンドオピニオンサービス

シニア向けのサービス(成年後見人制度のサポート、給付金請求のサポートなど)

https://www.taiyo-seimei.co.jp/customer/senior_service/index.html

 

富国生命 健康相談、介護相談、妊娠出産子育て相談 http://www.fukoku-life.co.jp/contract/card/healthy/medical.html
朝日生命 健康相談、介護相談、

メンタルヘルスカウンセリング

ヨミドクター無料閲覧など

https://asahip.jp/bs/scapr/pages/bo/apr/station/health/index.faces

 

三井生命 健康相談、介護相談、育児相談、法律相談、税務相談など http://www.mitsui-seimei.co.jp/life_assured/lp/caresupport.htm

 

外資系、または損保系生命保険会社

生命保険会社 サービス内容(抜粋) 詳細URL
アクサ生命 健康相談、育児相談、糖尿病サポート、3大疾病サポート、

セカンドオピニオン

https://www.axa.co.jp/customer/service/

 

アフラック 健康相談、育児相談、介護相談、ガン治療サポート、

 

http://www.aflac.co.jp/ikiru/service/

 

オリックス生命 健康相談、糖尿病サポート、

セカンドオピニオン

http://www.orixlife.co.jp/customer/support/

 

メットライフ生命 健康相談、糖尿病サポート、ガンサポート、

法律税務相談

セカンドオピニオン

http://www.metlife.co.jp/customer/support/metlifeclub/kls/

 

ソニー生命 健康相談、介護相談、

セカンドオピニオン

https://cs.sonylife.co.jp/lpv/pcms/sca/ct/registration/support.html
マニュライフ生命 セカンドオピニオン http://www.manulife.co.jp/kodawari-iryo02
損保ジャパン
日本興亜ひまわり生命
健康相談、介護相談、医療機関紹介 http://www.himawari-life.co.jp/customer/healthcare/
三井住友海上
あいおい生命
健康相談、介護相談、育児相談 http://www.msa-life.co.jp/lineup/manten/index.html

 

ここで紹介したのは一例です。
契約者のみが登録できるWebサイトがあり、契約者だけが見ることのできる情報もあります。

病気になると治療法や実績の高い病院などいろいろな情報が気になりますが、
当事者となれば信頼できる情報が欲しいもの。
そんな時に、生命保険会社の契約者サービスを活用するとより安心できますね。

保険の営業職員も保険を売ることだけが仕事ではありません。
お客様がより安心して人生を楽しめるように、病気になっても良い治療を選択できるようにと常に思っています。

だから契約者を定期的に訪問し、このような無料サービスの案内をしている営業職員もいます。

もしあなたの保険の担当者が保険加入を勧めるばかりではなく、こういったサービスについても話をしてくれるのであれば信用してもいいと思います。

 

生命保険は、加入する時には様々な保障内容やサービスなどを検討して加入しますが、加入してしまうと保険証券は家のどこかに押し込まれ、定期的に届くお知らせも開封しないまま放置してしまう方が多いです。

しかし、それでは非常にもったいないです。
加入しているからこそ受けられるサービスが他にもあるので、ぜひ活用してみてください。

 

自治体でも、急病のときや救急車を呼ぶか迷ったときなどに活用できる相談窓口を開設しています。
それもここでご案内しておきますので、一緒に活用してみてください。

救急車を呼ぶべきか迷ったら

電話番号 #7119
(ただし、東京都、北海道、神奈川県、愛知県、奈良県、大阪府のみ)

子どもの急な病気に

電話番号 #8000

 

アドセンス

スポンサーリンク

-保険の選び方/保険ショップどこがいい?

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.