【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

生命保険の見直しファイナンシャルプランナー

評判が悪かったアカウント型保険の問題点と組み立て型保険の注意点

更新日:

アカウントとは英語で『口座』という意味です。パソコンだとメールのアカウントということで個人を認識するものとして使われると思うのですが、
生命保険のアカウントとは、そのまんま『お金を貯める口座』の意味で使われます。

アカウント型保険というのは

「お金を貯める口座」と「万が一の保障、その他医療保障などなど」を組み合わせたタイプの保険のことです。

2000年ごろから出てきた商品なんですが、
お金を貯めるのと保障を一緒に持つことができるということを売りにしていて、一見良さそうにみえますがとても評判が悪いです。

というのも、仕組みとしては主契約がアカウント部分(お金を貯める口座)、特約が定期保険や医療保障というもので、生命保険なのに、肝心の保障部分が特約になっているんです。

特約とはオプションのことです。つまり、特約部分だけを持つことができず、必ずアカウント部分(口座)も持たないといけなくなります。

アカウント部分は銀行でいう積立預金のようなものですが、
生保の営業職員が「新しい保障が出ました」といって契約転換をすすめて、アカウント部分の積立金が契約転換時に新しい保障の頭金として使われてしまう形になり、結局、顧客には一銭も残らないんです。

積み立ててるつもりなのに、いつのまにか積立金が消えてしまってた!
ということになるんです。

生命保険は仕組みがややこしいので、営業職員もきちんと説明せずに「保険料が前と変わらずに保障内容がよくなりますよ!」というセールストークで顧客を丸め込んでしまってたんですよね。

きちんと顧客に説明してる営業職員ももちろんいますが、そうではない営業職員もたくさんいたため、アカウント型保険が悪評高くなってしまったんです。

アカウント型の悪い面をこっそり引き継いでいる組み立て型保険

評判の悪いアカウント型保険を全面的に売り出すわけにもいかなくなった保険会社が次に考えたのが、組立型の保険です。

ということでこの組立型の保険も要注意!

主契約と特約という概念をなくして「自由に設計できます!」というのを売りにしています。

しかし、よくよく見てみると、アカウント型保険のように積立タイプの保障と大きな死亡保障を組み合わせてプランニングし、何年かしたらその積立金を取り崩して契約転換しようとしてる保険会社(明治安田生命などが顕著)もあって、注意が必要なんです。

昔と違って「アカウント型」と大々的に名前をつけていないため、より注意が必要なんです。

組み立て型の保険を販売しているのは(2017年現在)

日本生命
明治安田生命
富国生命
太陽生命
三井生命
です。

朝日生命も組み立て型の保険とうたっていますが、積立保険を必ず付けないといけないので、アカウント型の保険に近いイメージです。

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-生命保険の見直しファイナンシャルプランナー

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.