【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

ローン&借金みんなの体験談

債務整理の費用と種類。自己破産、過払い訴訟、特定調停、個人再生

投稿日:

債務整理の費用

債務整理をするうえで気になってくることのひとつとして、債務整理自体に掛かる費用があるとおもいます。もともと借金で苦しんでいる上に債務整理自体に費用が掛かってくるためにご心配される方も多いと思われます。借金返済と並行で費用が発生するのは確かに気がかりになってくるとは思います。しかし専門家の事務所では借金での取り立てを業者から辞めさせてもらいその後で債務整理の費用を支払ってもらうという形の事務所がほとんどです。また債務整理における費用について実際はどのくらい掛かっているのか相場についていうと率直に申し上げると人によってマチマチになってきます。専門家が地方だった場合はお客様に合ったり、また裁判するのにも時間が掛かったりする場合もありますので一概には債務整理の費用は安いとも一言で表すのが非常に難しい限りです。また大まかな費用の内訳について説明しますと着手金があります。こちらは例えば債権者が1社または2社だった場合は5万円以内やこれが3社以上になってくると単価2万円×債権者の数になってきます。その他にも報奨金として2万円×債権者数ということが一般的にも言えることです。これらを踏まえた上で、相談する相手が司法書士や弁護士が法律相談センターより価格が高く付く場合には、法律相談センターから専門家を調査してもらう方法もございます。法律相談センターからのご紹介でしたら間違いなく本物の専門家を紹介してもらえるメリットがございます。

自己破産

債務整理をした結果、債務整理ではどうしようもない状態に陥った場合に行う最後の手段となります。破産そのものは貸主・借主のどちらからでも申し入れが可能となっております。もし仮に依頼する場合、信頼のおける弁護士に依頼することが必然です。また自己破産においてもメリットとデメリットがある事を念頭に置いておいてください。メリットに関しては、免責が許可されるならば借金が0円になります。またデメリットに関しては、破産後に7年の間は免責が認められなくなってしまいます。またそれと官報という冊子があるのですがそちらに自己破産者の名前と住所が掲載されてしまいます。また本籍地の破産者名簿に記載されてしまい、身分証明書には破産者と記入されたものを記載されてしまいます。また借金に保証人がついていた場合保証人が取り立てを受けてしまう場合が考えられます。また株式会社の取締役や監査者にはなれません。また自宅・車をもし持っていた場合ならこれらを失う可能性は非常にありますので注意が必要です。またもし今賃貸契約で部屋を借り入れているならば解除する可能性も非常に高くあります。また自分あてに破産管財人が開封している場合もありますので個人情報の漏えいの可能性が十分考えられます。また個人では手続きは複雑なので難しいです。また問題が解決に至るまでには通常でしたら半年以上かかってしまうことも十分にあり得ます。また借金をギャンブルで作ってしまった場合には原則ですが、借金がなくなる制度が認められる可能性は限りなく0に近いです。

過払い訴訟

過払い訴訟という言葉は普通に生活をしているとはあまり聞きなれない言葉かもしれません。この意味は残っている借金を利息制限法を用いて引き直し計算をして元金が減るかと思いきや、借金が実は無くなっていてそれよりもむしろ払いすぎていた場合に過払い訴訟を起こして払い過ぎた分に関しては取り戻すような訴訟をするということを覚えておいてください。こちらも一長一短でメリットもあれば、デメリットも存在します。メリット・デメリットをそれぞれ良く把握しておいてください。まずはメリットですが取引履歴から引き直しをしてみたら払い過ぎていたということが判明した場合です。取引が長い場合に関してはお金を返してモラル事ができます。また次のメリットですが、手続き内容に関しては非常に簡単で分かりやすくなっています。このような理由により少しの知識さえ自分に身についているならば個人で訴訟を起こすことも可能となります。次にデメリットですが、こちらに関しては信用情報に傷が付いてしまうことがありますので注意が必要です。またここ最近の傾向に関しては引き直しをした場合残額が残らない場合も考えられます。このように残額が残らないとするならば金融業者には強く申し出をすることによってこれらを回避することも可能でございます。また過払い訴訟を起こすのであれば住んでいる近くの裁判所でおこなうことになります。こちらは簡易裁判所で手続きをおこなうことにはなります。またこちらは金額の面からでいうと140万円以下が分岐になります。140万円を超えるようであれば地方裁判所ということになりますのでこちらの知識を入れておくと便利です。

特定調停

特定調停とは、裁判を金融業者に対してするものではなく、債務整理を裁判所で活用することです。交渉をあなたがしなくても、専門家で調停委員と呼ばれる人が話をしてくれ、また費用も安いです。また取引が長ければ長いほど大幅な借金の減額が見込める制度です。借金が半分になることや、借金自体がうれしいことになくなることもありえます。通常は将来利息も止まりますこともあり得るのです。公にされている債務整理の中で最もオススメだと思います。その理由として、個人でも十分に簡単なものだからです。弁護士に数十万を費用として払うお金を使わずに自分で無料で出来て、その上しっかりと借金が減るケースが多いからです。ちなみに法人や個人関係なく利用できます。
こちらもメリット・デメリットがございますので把握しといてください。メリットとしては、簡単な手続きで個人でも十分に可能で他の債務整理とは違った方法です。また申し立てが受理された時から取り立て解放されます。利息制限法の引き直しによって借金が減ります。また取引期間が長いことにより何百万あってもそれが0円となります。そして将来の利息が付かなくなるために調停終了後には残った元金のみの返済で済みます。また調停委員と呼ばれる専門家が話をつけてくれたりもします。そして費用がかなりの格安料金です。以上の事がメリットとも言えます。次にデメリットとしては和解後の3~5年をかけて完済できるようにされるので利息制限法によって引き直しをした後に借金が多額だと対応が難しくなります。信用情報に傷がついたりもします。

個人再生

個人再生とは、任意整理と自己破産の間に一般的には位置するとも言われています。特殊な例として、マイホームを所有したまま債務整理をできる例もあります。せっかく購入した住宅を残したい人とか、破産はどうしても免れたいという人の場合や働いているので収入は継続してある場合に行われることが数多くあります。住宅ローン等は除きますが、3000万円以下の債務額での個人債務者で、働いているので一定の収入を将来見込める人であれば利用が可能です。債権者(貸主)の同意を必要とする「小規模個人再生手続き」の場合と、債権者の同意を必要としない「給与所得者等再生手続き」の2種類が存在します。小規模個人再生手続きであるならば、無担保の借金が3000万円以下の個人が行える手続きです。この場合には住宅ローンなどは除きます。自営の人やサラリーマンの人が利用できます。この制度の目的は、経済生活の再生です。条件としては債務者が将来の収入からある程度の返済が行える場合に限ります。給与所得者等再生手続きとしては、小規模個人再生手続きの特則として出来たものです。債務者が安定した定期収入が見込めて収入変動の幅が小さい時に申し込めます。ですから公務員やサラリーマンなどが有利でしょう。法律の専門家でないとかなり複雑で処理はかなり難しいはずです。債務整理の方法として知識に入れとくことで、難しいと思われた場合も債務整理については本を読んでおいて損はないと思います。個人再生で仮に借金を処理する場合は、各弁護士会に相談してください。そこで信頼できる弁護士等に依頼することが良いと一般的には思われます。費用はおよそ50万円ぐらいです

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-ローン&借金みんなの体験談

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.