【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

ローン&借金みんなの体験談

ペットローンやペット保険とペット業界で働く求人

更新日:

猫をペットローンで買った話

飼っていた猫が亡くなってしまい、新しいペットを考えていた際に、ペットショップを覗いたらとても可愛い猫がいて、思わず飼いたくなったという方がいます。ここではTさんとしておきます。ペットショップで販売されているペットは、種類などによって値段も変わりますが、とても高く、その猫も数十万していました。あまりにも可愛く、Tさんは値段の高さでも諦めきれず、店員の方に確認して数日考える時間を欲しいという事を伝えておきました。店員の方は、すぐには売れないと思うが、念のため予約にしておくと言ってくれました。

 

3日考えましたが、Tさんは金銭的な工面がどうしても付きませんでした。諦めかけていたその時、インターネットで再度ペットの情報をチェックしていると、ペットローンがあるという事を知りました。ペットが高額で手が出ないという方はTさんだけではなく、多くの方が悩むポイントでした。そうした事を解消するために、ローンを組む事ができ、中には金利が割安で組めるものもあるという事を知りました。ローンを組めば、分割で支払っていけるため、Tさんは早速ペットショップに行く事にしました。店員さんに確認した所、ローンでの購入も可能で、10回までの分割なら金利がゼロというキャンペーンを行っていました。Tさんは迷わず10回の分割で購入をする事を決め、念願の新しい猫を購入し、可愛がっています。

 

このように、ペットローンはペットを飼いたいけれど手が出ないという方に、購入の敷居を下げてくれるため人気となっています。月に数万円の支払いで、念願のペットを購入できるので、検討してみるのもお勧めです。ペットローンでの購入の流れは、各ペットショップが詳細を決めているので、検討する際は確認する事をお勧めします。

最近のペットの医療保険

最近はペツトブームです。 核家族化が進み、子どもたちも独立すると家の中には老夫婦が二人きりなんてことも多いようですね。 家族の会話というものも面白いようで、子供がまだ小さな時には、子供を間に挟み学校の
ことなどを必然的に話すことが多く、会話も弾んでいたと思います。 子供が1人いるかいないかで、家の中の音が違いましたね。

 

例えば、学校行事で外泊している何日間の間でも、家の中の音は「無音」の状態に近かった記憶があります。 若い夫婦の時代では、それはそれで別に気にならなかったものです。 しかし、子供が生まれ、子供を挟んでの夫婦の会話が日常的な事となってからでは、子供が家の中にいるかいないかで、空気が違っていました。 昔から言われていた「子は鎹」ということは、本当でした。 大人の夫婦二人きりでは、テレビでもつけていないと会話も成立していないのです。

 

そんな時代のせいなのか、またペットに「癒し」を求める人が多くなったせいか、朝夕の散歩はラッシュ状態です。 そして、ペットも病気をします。 最近では、人間並みにアレルギーの症状や今まで考えもしなかった病気も発症しています。 しかも屋内で犬を飼う事になると、それだけ犬を観察している時間も長くなり、昔なら気付かなかった症状にも気付くことができるので、すぐに動物病院へ駆け込みます。 確かに犬や猫の平均寿命は人間並みに長くなったと聞きました。 そして、いろいろな犬種用のドッグフードも販売されるようになりました。 ペットの病院も多く開院するようにもなりましたね。

 

うちで飼っている犬も夏に発病し、かかりつけの動物病院で入院と手術を受けました。 同じ病気で他のお宅で飼われていた犬は、病院で診察されて「助からない」と一言だけ言われてしまい、亡くなったということです。 ペットの医療費は、全額支払わなければなりません。 人間のような健康保険がなかったからです。 しかし、ここ最近でペット用医療保険が多くなりました。 以前、薦められて加入していた保険会社の内容では、年齢ごとに掛け金が高くなっていく

 

ものですが、6歳にもなると月額4~5000円の掛け金というものでした。 それでも、加入した当時は2歳だったので掛け金も月額2000円でしたが、その頃は健康なので、結局は掛け捨てになってしまうということで止めてしまいました。 そして、保険未加入のまま、今年の手術ということになって、5日間の入院・手術・投薬料金で80000円弱という結果になりました。 今回、このようなことになったので、以前の保険会社とは違ったところを探してみました。

 

外資系の保険会社で試算してみると、6歳では月額2200円ということです。 それで50%負担と30%負担というコースがあり、実際に支払った料金の30%負担の方に加入すれば、24000円の負担で済むこととなります。 ペットは言葉で症状を訴えることができないので、観察して症状を見分けるしかないので、つい過保護になることもあります。 しかし、手おくれで亡くなったというのでは後悔だけが残りますね。 いざという時のために加入して、おいた方がよいのかと思います。

トリマーの求人

近年、ペットの美容師として人気が急上昇をしているのが、トリマーと呼ばれる職種になります。このトリマーの特徴は、人の美容師と異なり、ペットの全身を手入れすることにあります。また、ペットは口を利くことが出来ないことから、全身の手入れを行う前に必ず、身体の入念なチェックを行わなければなりません。従って、トリマーとして作業を始める際には、最初にブラッシングから開始を致します。これは体毛に隠れるノミなどの除去が目的だけでなく、ペットの皮膚病などを確認する予備診断も兼ねています。このことからも、トリマーにはペットの健康診断を行う、医療技術者としての役割も担っていることになります。よって、トリマーは獣医学の基礎的知識を身に付けている必要もあります。例えば、爪切りや耳掃除から始めることで、飼い主が気付きにくい病気を発見したり、強烈な悪臭と戦いながらも肛門線を手入れしてあげることで、炎症を未然に防いであげたり致します。これまではペットとして扱われていた動物も、近年ではコンパニオン・アニマルとして扱われるようになり、品評会なども各地で開かれるようになっています。そこで、愛するペットの手入れをトリマーにお願いすることが、1つのステータスとなって来ています。人の美容師と同様に、カリスマ・トリマーと呼ばれる人も登場をしてきており、トリマーに憧れる若者も増えています。また、トリミング室を設ける動物病院も増えていることから、トリマーの需要は増加傾向が続いています。

動物看護師の求人

少子高齢化社会を迎えている日本では、これまで犬や猫などの愛玩動物を、ペットとして扱っていましたが、これからは家族と生活を共にする伴侶動物として扱うように、その認識に変化が起きています。

 

特に、お年寄りだけで暮らす世帯では、動物を慰めとして迎えいれており、より身近な存在となっています。こうした社会背景の中で、自分の寿命より短い動物の健康管理を託された、獣医師や動物看護師の存在は高まっています。しかし、人間の診療は外科や内科など、専門医師がそれぞれ担当するのと異なり、動物の診療は全て獣医師が1人でこなさなければなりません。従って、獣医師を助ける動物看護師の立場は、とても重要な役割を担っています。

 

こうして、動物看護師を必要とする声が高まる一方で、動物看護師の職種に対した資格制度が、未だに設けられていない事実もあります。従って、動物看護師の職種に誇りを持って、仕事に取り組むのも難しく感じる人も少なくありません。

 

現在、動物看護師になる為の認定制度を設けている民間団体は存在を致しますが、動物病院に勤務をするだけで動物看護師を名乗れることから、地位向上には繋がっているとはいえません。また、公的な資格制度が存在をしないことから、給与の規定にもバラツキが生じています。こうした動物看護師を取り巻く環境から、転職を考える動物看護師も多くなっています。動物を飼う人が増えている一方で、転職する動物看護師も増えていることから、必然と動物看護師を求める募集件数も増加をしています。

この記事を書いた人

名無しの寄稿者さん

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-ローン&借金みんなの体験談

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.