【マネラテ】自営業のお金ブログ!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など

住宅ローン審査と金利/自営業のマイホーム

住宅ローン審査に落ちてしまった人は再申し込み可能?

更新日:

住宅ローン審査に落ちてしまった人は再申し込みをしても意味があるのでしょうか?また、落ちた理由は教えてもらうことは可能なのでしょうか?

落ちた理由は教えてもらえる?

銀行は審査に落ちた理由は基本的に教えてくれません。「総合的判断により今回は融資を見送らせていただくことになりました」というのが常套句です。
これは、保証会社の保証がつかないからというのが本当の意味です。
銀行は基本的に保証会社の保証が付かない限りは個人向け融資を行っていません。しかし、審査の主体はあくまでも銀行ですし、顧客は銀行にローンを申し込んだのであって保証会社に申し込んだわけではありません。
そのため「保証会社の保証がつかないから」と言ってしまったら「じゃあプロパーは?」という話になりますが、銀行は保証会社の保証が付かない人へプロパー融資を実行する気はありません。
そのため、きわめて曖昧な「総合的な判断」という話になるのです。
しかし、どうしても教えてくれと言えば、一般論として、年収が低すぎて返済比率が満たないとか、今まで信用情報が汚れる支払いをしなかったですか?などと言うことは教えてくれますが、決して「ここに問題があって審査に通過できない」と確定的なことは言いません。
それを言うのは団体信用生命保険の審査に通過できない時だけです。

落ちた履歴は半年間残る

住宅ローンに申し込んだ履歴は信用情報に申し込んだという記録が付きます。また、審査結果も分かるようになっています。
このため、住宅ローン審査に落ちた後は、申込情報が消える6か月経過後に再度申込を行ったほうがよいでしょう。

一度落ちた後には再申し込み可能?

住宅ローンはカードロ―ンとは異なりますので、基本的には一度審査に落ちてしまった銀行でも、審査落ちの原因さえ解決できれば審査に通過することは可能です。
筆者はむしろ、過去数年前に審査に落ちた人に再度申込の営業をかけて、実際に住宅ローンを実行したということが過去何回もあります。
数年たてば、審査否決の理由も解決できていることも多いため、過去の申込書を見て、「今なら大丈夫」と判断できた人には借り換えの営業を行っていました。
このため、過去の住宅ローン審査に落ちた人でも審査落ちの原因が解決していれば問題なく住宅ローン審査に通過できることもあります。

再申し込みが不可能な場合

当該銀行で住宅ローン審査に落ちたばかりの人や、過去にその銀行でトラブルがあったような人は申込段階から断られてしまうことがありますので、この場合には他の銀行へ申し込んだ方がよいでしょう。

他社に申し込むならどこがいい?

住宅ローン審査を行っているのは実際には保証会社です。
このため、前回審査に落ちた保証会社とは異なる保証会社の銀行へ申し込んだ方がよいでしょう。
また、そもそも保証会社がついていないフラット35への申込を行ってみるというのも1つの方法です。
しかし、住宅ローンの融資基準はどこもそう大きくは変わりません。このため、まずは、自分が審査落ちした原因をしっかりと把握して、そこを改善するということが最優先です。
審査落ちの原因を改善せずして審査に申し込んでも基本的には1社に落ちたら他社の審査にも落ちると考えたほうがよいでしょう。

アドセンス

スポンサーリンク

-住宅ローン審査と金利/自営業のマイホーム

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.