【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

マイホーム・住宅ローン

元利均等返済と元金均等返済の違いと活用方法

投稿日:

ライフプランを立てる際、支出の面で大きな部分を占めるのが住居費です。
この住居費をどれだけ抑えることができるかは、人生の資金計画を立てる上でとても重要な部分となります。

 

そこで注目したいのが、住宅資金を住宅ローンで借り入れする際に、毎月どのように返済していくか、という点です。
住宅ローンの月々の返済は、元本と利息の返済に充てられることとなりますが、その返済の割合をどの程度にするか、2つの選択肢から選ぶことが可能です。

 

まず、一つ目の選択肢が元利金等返済という返済方法です。これは、毎月の返済額を一定にするもので、借り入れ当初は元金返済の部分が少ないため、総支払い利息が増えるという特徴を持っています。

 

こう書くとデメリットが大きいように感じられますが、教育費の準備が十分でない場合でも、教育資金が重くなる時期に毎月の返済額を抑えることができるなど、使い方によって大きなメリットを得ることが可能です。

 

また、返済額が一定のため資金計画を立てやすい、20代30代といった給与水準が比較的低い年代でも無理せず返済ができるといった利点もあります。
加えて、繰り上げ返済を併用することによって、支払利息を軽減することも可能です。

 

もう一つの選択肢が元金均等返済という返済方法です。これは、元金を月々一定の金額で払って行く方法で、毎月の支払いは元金に利息が上乗せされる形となります。
そのため、返済当初は残高が大きいため利息部分が多く、月の返済額も高くなりますが、返済が進むに従って利息が少なくなり、それに比例して月々の返済額も低くなっていきます。

 

元利金等返済と比較して元金の減りが早いため、総支払利息を抑えることが可能となる返済方法ですが、場合によっては月々の返済額が、収入に対して無理なく返済できる金額を超えてしまうケースも見受けられますので、選択をする場合はライフプランと返済計画を照らし合わせながら、慎重に検討する必要があります。

 

この2つの返済方法ですが、30年から35年といった長期ローンを組んだ場合、ほとんどの方が元利金等返済を利用されます。
これは、元金均等返済の方が総支払い利息を抑えられると分かっていても、やはり資金計画が立てやすい、若い内でも無理のない返済を行えるというメリットが重視されている結果だと言えるでしょう。

 

しかしながら、住宅資金に回せるお金に余裕があるご家庭で、働き盛りの内にどんどん返済を行いたい!という意思があるのであれば、元金均等返済の方がより多くのメリットを得られます。

 

それぞれの返済方法の特徴と、ご自分のご家庭のライフプランを照らし合わせながら、よりメリットが得られる返済方法を選択するようにしましょう。

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-マイホーム・住宅ローン

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.