【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

マイホーム・住宅ローン

金利タイプ別に見る住宅ローンの特徴

投稿日:

住宅ローンの金利タイプは「全期間固定金利型」「変動金利型」「固定期間選択型」の3つに大別できます。
住宅ローンの選択において金利選びは大変重要な項目ですので、それぞれの金利の仕組みと特徴を掴み、理解することが大切になってきます。

 

まず、全期間固定金利型は、最初から最後まで金利が変わらないタイプの住宅ローンです。メリットは金利が上昇しても適用金利が変動しないため、返済額に変わりがない点にあります。一方、他の2つの金利タイプと比較して金利が高い傾向にあります。
代表的な商品には、フラット35があります。

 

次に、変動金利型は、借入期間中、半年ごとに金利が見直される住宅ローンです。毎月の返済額は5年間固定されますが、半年ごとに元金と利息の割合が見直されるため、金利の上昇が急激な場合などに、利息が返済額を超えるといったリスクが生じます。
但し、現在のような超低金利が続き、今後も金利の上昇があまり見られなければ、現状の低金利の恩恵を受けることができるというメリットもあります。

最後に、固定金利期間選択型は、一定期間金利が固定されるタイプの住宅ローンです。固定期間は2年から25年といったように金融商品によって異なり、固定期間終了後は、新たに金利タイプを選択することになります。
全期間固定型と比較して金利が若干低いというメリットがありますが、固定期間終了後、金利上昇リスクがあるというデメリットも持ち合わせています。

 

これらの金利タイプの特徴を掴んだ上で、どのタイプを選べば良いか考えていくことになりますが、重要なのは、住宅資金だけを単独で見るのではなく、教育資金や老後資金も含めたライフプランを立てた上で、住宅資金について考える・検討するということです。

 

例えば、固定金利は他の住宅ローンと比較して金利が高いですが、返済額が変わらないため、教育費や老後資金に重点を置く人の場合、将来の計画が立てやすいというメリットが得られます。

 

また、自己資金に余裕があり、すでに老後資金や教育資金にある程度の目処がついている場合は、変動金利型の方が向いているケースもあります。
加えて、ライフイベントに合わせて固定金利期間選択型を選択するのがベターという場合もあります。

 

近年、住宅ローンは金利変動時代に対応しながら多様化しつつあります。住宅ローンを選ぶ時は、まずライフプランを立てシミュレーションを行って上で、ご自分の家庭環境に応じた商品を選択してみて下さい。

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-マイホーム・住宅ローン

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.