【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

マイホーム・住宅ローン

家を借りるか購入するか明確にしましょう

投稿日:

人生設計を行う上で非常に重要なポイントとなる住居費。
住居費は、マイホームを購入するにしても、一生賃貸で生活をするにしても、人生において最大の支出となる部分です。

 

そこで、まず注目したいのが、マイホームは購入すべきなのか、それとも賃貸にすべきなのか、という点です。
賃貸と持ち家、どちらが有利か?これは、ライフプランを考えるにあたっては非常に重要なテーマとなると同時に、基盤ともなるものです。

 

賃貸と持ち家について、50年間の総支出をざっと計算して比較した場合、実はそれほど支出に大きな差は出てきません。
4000万円の新築分譲マンションを購入した場合、購入代金や維持費、ローン金利などを合算すると約1億円、同レベルのマンションを賃貸した場合は、家賃・更新料・移転費用などを合算すると約9800万円という試算となります。

 

これらの住居費の試算には、家賃の上昇率や住み替え費用、物価上昇率などを加味してありますが、いずれにしても賃貸と購入では意外にも大きな費用の差はないというのが現実なのです。

 

では、ライフプランを立てる際、なぜ賃貸と持ち家のどちらを選ぶかが重要になってくるかというと、経済的な有利不利ではなく、自分の家族の人生の中で、住居がどのような意味を持つのかを明確にすることが望ましいからに他なりません。

 

そして、この部分に対する考えが固まってくると、賃貸・持ち家それぞれのメリット・デメリットを客観視できるようになり、人生設計・資産運用に関する具体的なプランも立てやすくなってきます。

 

例えば、マイホームを購入した場合、例えローン返済が困難になった場合も、売買したり賃貸したりするのは容易ではありません。
そのため、収入に対する支出に関して優先順位を付けた上で、子供の教育費や老後資金などを含めた安心できる資金計画を立てる必要があります。

 

また、賃貸の場合は住宅ローンや固定資産税に悩まず、収入の変化に応じて住み替えができる反面、国の持家支援政策のメリットが受けられない、一生家賃を払い続ける必要があるといったデメリットがあります。
そのため、将来を見越した貯蓄が大変重要になってきます。

 

このように、住居を持ち家にするか賃貸にするかによって、その家庭の資産計画・資産運用の目標や流れは変わってきます。
住居に関しては、周囲の人の意見や状況に流されることなく、自分の家庭環境をしっかりと見据えた上で、目的意識を持って決断を下すようにしましょう。

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-マイホーム・住宅ローン

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.