【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

マイホーム・住宅ローン

住宅ローンの繰り上げ返済と借り換えのポイント

投稿日:

住宅ローンのメンテナンスを行う方法には、繰り上げ返済と借り換えがあります。
それぞれメリット・デメリットがあり、注意すべき点も異なりますが、上手く活用することで月々の返済額や総支払額を削減することができる部分も共通しています。

 

繰り上げ返済と借り換え、どちらを選択した方がより多くのメリットが得られるか。この点に関しては、現状の住宅ローンにおいて、どの部分を今後どうしたいか、によって変わってきます。

 

例えば、総返済額を減らしたいという場合は、借り換えよりも期間短縮型の繰り上げ返済の方が高い効果を示します。
期間短縮型とは、住宅ローンの返済期間を短縮する目的で行われる繰り上げ返済です。
仕組みとしては、一定額を繰り上げ返済し、返済期間を数年短縮するというものとなり、毎月の返済額を変更する事なく、支払い利息を減らす事ができます。

 

また、毎月の返済額を減らしたいといった場合は、返済額軽減型の繰り上げ返済が有効となります。期間短縮型と比較して利息の軽減効果はあまりありませんが、毎月の返済額を減らすことができるため、まとまった資金が必要な期間などに活用すると家計のやりくりが楽になります。

 

一方、今現在の住宅ローンよりも返済条件を有利なものへ変更したいという場合は、借り換えが有効となるケースがあります。
借り換えは繰り上げ返済と比較して、借り換え手数料・諸費用が高いというデメリットがありますが、現状よりも金利が有利なローンに借り換えができれば、毎月の返済額や総返済額を削減することができます。

 

加えて、最近は借り換えの際の諸費用の中の大部分を占める保証料が不要という商品も出てきていますので、金利差が僅かな場合であっても、借り換えの効果が出るケースも増えてきています。

 

繰り上げ返済も借り換えも、人生の最も大きな支出である住居費を節約できる、大変有用な手段です。
しかしながら、手数料や諸費用が必要となる、借り換えであれば再審査があるなど、ある程度のハードルのある方法でもありますので、検討をする場合は各商品の特徴や内容について、しっかりと把握をすることから始めるようにしましょう。

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-マイホーム・住宅ローン

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.