【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

全国の地方銀行

全国の地方銀行を掲載しています

北海道 : 北海道銀行 北洋銀行

東北 : 青森銀行 みちのく銀行 秋田銀行 北都銀行 荘内銀行 山形銀行 岩手銀行 東北銀行 七十七銀行 東邦銀行 きらやか銀行   北日本銀行   仙台銀行   福島銀行 大東銀行

関東甲信越 : 群馬銀行 足利銀行 常陽銀行 筑波銀行 武蔵野銀行 千葉銀行 千葉興業銀行 東京都民銀行 八千代銀行 横浜銀行 東京スター銀行 京葉銀行 神奈川銀行 東日本銀行 大光銀行 栃木銀行 東和銀行

甲信越 : 第四銀行 北越銀行 山梨中央銀行 八十二銀行 長野銀行 八千代銀行

北陸 : 北陸銀行 富山銀行 北國銀行 福井銀行 富山第一銀行 福邦銀行

東海 : 静岡銀行 スルガ銀行 清水銀行 大垣共立銀行 十六銀行 百五銀行 静岡中央銀行 岐阜銀行 愛知銀行 名古屋銀行 中京銀行 第三銀行

近畿 : 滋賀銀行 京都銀行 近畿大阪銀行 池田泉州銀行 南都銀行 紀陽銀行 但馬銀行 関西アーバン銀行 大正銀行 みなと銀行

中国 : 鳥取銀行 山陰合同銀行 中国銀行 広島銀行 山口銀行 島根銀行 トマト銀行 もみじ銀行 西京銀行

四国 : 阿波銀行 百十四銀行 伊予銀行 四国銀行 徳島銀行 香川銀行 愛媛銀行 高知銀行

九州 : 福岡銀行 西日本シティ銀行 筑邦銀行 北九州銀行 佐賀銀行 十八銀行 親和銀行 肥後銀行 大分銀行 宮崎銀行 鹿児島銀行 福岡中央銀行 佐賀共栄銀行 長崎銀行 熊本ファミリー銀行  豊和銀行 宮崎太陽銀行 南日本銀行

沖縄 : 琉球銀行   沖縄銀行 沖縄海邦銀行

 

カードローンの基礎知識

カードローンの特徴

自分の所持している金額で欲しい商品を購入することなどが不可能な場合には、ローンという方法によってその商品を購入することが可能になっています。代表的な例で言うと、住宅を購入するために必要となる住宅ローンや、教育費を支払っていくために使用される教育ローン等が存在しています。しかしこれらのローンは、住宅購入や、教育費など使用される目的がきちんと示されていることが絶対条件となっていますが、お金の必要となる条件というものは人によって違うものであり、様々な目的で使用できるローンが必要になります。その使用する目的にとらわれないローンの方法が、カードローンであり、数あるローンの中でも、特に使用される機会の多いものであると考えられています。これがカードローンの最初の特徴である、使途無制限ということであり、これによってカードローンが使用される頻度は大変高いものになっています。
他にカードローンの特徴として、リボルビングによる支払いというものがあります通常の一括での支払いには、では支払い切れない金額であっても、リボルビングによって、毎月少しづつ支払いを遂行していくことができるようになることによって、効果なしなものであっても購入しやすくなるというシステムがしかれているということが、カードローンの特徴になっています。ただしこの時に気をつけなくてはならないものとして、リボルビングによって返済していく期間が長くなればなるほど、金利が高くなることが一般的であるために、できる限り早期の返済を行うことが求められます。

カードローンとキャッシング

カードローンは自分の所持している金額以上の金額の商品を購入する際に、よく使用されるものであり、金融機関が提供する金融商品として、非常に高い需要を持っているものとなっています。カードローンは主に個人へ向けて行われる融資の一つであり、同じように個人に向けて行われる融資に、キャッシングというものがあります。両者はとても似ている部分も多く、実際にカードローンやキャッシングを使用している人の中にも、これらの違いを明確に説明することのできる人はそう多くはありません。カードローンとキャッシングの違いを理解することによって、より計画的な融資の利用が可能になるでしょう。
カードローンとキャッシングの最大の違いは、双方の返済方法にあるとされています。カードローンの返済方法がリボルビング方式と言って、融資を受けた金額を何度かに分割されて返済していくのに対して、キャッシングの場合には、翌月に一括返済、あるいは回数を指定することによる分割での返済というような違いがあります。基本的に一括で返済することが条件となっているキャッシングの場合には、限度額などの面でカードローンよりも少なく設定されていることがあるために、基本的な買い物には適している面が多いものの、長期にわたって返済を続けていくような大きな買い物をするためには適していないという考えが一般的なものとなっています。
そのために返済金額を気にしながら使用していかないと、すぐに限度額を超えてしまうという危険性があるためにキャッシングを使用していくことは難しいことという認識がなされています。

扱っている業者

一般的に融資を行うための機関としては銀行が考えられているものです。銀行は融資をはじめとした金融という分野においてたいへん大きな影響力を持っている企業であるために、融資などを行う機関としても、最も代表的なものであるという考え方が一般的なものとなっています。しかしカードローンに関しては、銀行による事業の展開はもちろんのこと、他にも様々な業者によって、ローンが展開されているという特徴があります。自身の利用しているカードローンがどのような業者に由来するものであるのかによって、その性質が変わってくるものとなります。
業者によってどのようにカードローンのあり方が変わってくるのかには、様々な違いがありますが、最も大きなものとしては、審査の速さや基準、金利の利率などに差異が見られるようになります。一般的に銀行以外でカードローンによる個人向けの融資を行っている業者は、信託系、IT系、消費者金融系が存在しており、従来の銀行系のカードローンを加えた4つにカードローンを扱っている業者は当てはめることができます。それぞれの特徴を理解することによってより自分に適したカードローンを見つけることができるようになるのではないでしょうか。
自分が使用することになるカードローンがどの業者によって行われているものであるかは、最終的に、返済期間や上限額というような、受ける融資そのものの負担が大きいものであるか小さいものであるかにも関係してくるものであるために、しんちょうな選択を行うことが必要になります。

限度額

一般的にローンと言われると、住宅ローンや教育ローンなどのような、一定の目的によって使用されているローンのことを想像する人が多いのではないでしょうか、このように一定の目的で使用することを前提として、融資を行うローンを総称して、目的別ローンといいます。目的別ローンと、カードローンではその制度に大きな違いがあり、利用する際にはその点を理解していなくてはならないものとされています。
目的別ローンとカードローンの大きな違いの一つとして考えられているものは、利用限度額というものが設定されているかいないかの違いになります。目的別ローンは、一定の金額の融資を受けることになった場合に、その金額を毎月分割して支払っていくローンであるとされています。それに対してカードローンというものは、その人の返済能力などを考慮した上で最終的に決定される限度額の範囲内で自由にカードによる融資を受けることのできる制度となっています。
つまりカードローンを利用する際に、自分の必要になる金額の融資を受けるためには、ある程度の信用情報を、カードローンを行う業者に対して証明しなくてはならないものとなります。通常のローンを行う際に行われる審査と同じような項目で限度額は設定されることになり、その人がどのような仕事についているか、そして、前述の信用情報とも言われている、今までにローンなどの金融サービスをどれくらい受けており、またそれらに対する返済状況がどのようなものであったか、などによって、決定されることになります。
これらの限度額を定めるための制度を、総量規制と言っています。

総量規制

カードローンを利用する際に、通常のローンを使用するために必要となる審査の他にも、そのカードローンによっていくらの金額を使用することができるようになるかについての審査も行われることになります。両者の審査される内容は、今までのほぼ同じものとなっていますが。その内容によって、最終的にカードローンによって利用できるようになる金額が決定するものになります。
最終的にカードローンによって利用できる金額を決定するものは、最初の審査と同じように、ほかの業者からのローンを現在使用しているかと、ローンを希望している人の年収に始まり、総量規制という法律による決まりも定められており、多くの判断材料の存在するものとなっています。
この総量規制を定めている法律は、貸金業法という法律に基づくものであり、2010年6月18日より施行されたという、比較的新しい法律となっています。貸金業法によると、カードローンなどで借り入れを利用する際には、その人の年収を証明するための書類というものを提示することが必要になるほか、そこに示されている年収の三分の一の金額が、カードローンとして融資を受けることのできる金額になります。
総量規制が適応されるのは一定の条件が揃った時のみとなり、適応される機会自体も限られたものとなります。例えば総量規制は、個人を相手に行われる融資の時のみに適応されるものであり、企業間のやりとりなどで適応されることはありません。
カードローンを行うにあたっても、実に多くの法律などが適応されているものとなります。

ネットローン

近年様々なことがインターネットを介して行われるようになりましたが、ローンに関することもインターネットが使用される場合があります。ローンを展開している業者がインターネット上で申し込みを行っていることは、既に一般的になっているほか、インターネットを利用して、銀行と同じ働きを自宅にいながら行うことができるといういわゆるインターネットバンキングというものも使用できるようになっています。
銀行と同じ働きがインターネット上で利用できるということは、つまりカードローンなどの融資を受けることもインターネットを介してできるようになっているものであり、インターネットを介して行われるカードローンのような制度をネットローンとして区別されています。ネットローンやネットキャッシングと言われる、インターネットを利用して行われるこれらのローンは、カードを用いないという面で、通常のカードローンとは異なる性質を持っているものであり、利用する際にもその点に注意をすべきものであるとされています。
ネットローンは通常のカードローンと比べても、金利や限度額というようなローンとしての昨日は然ることながら、インターネット特有の利点を備えたローンの方式として、通常のカードローン以上に使用しやすい要素が含まれているものになっています。代表的なものとしては、インターネットを利用することで、自宅にいながらにして、ローンの申込を行うことができるために、金融機関の窓口まで出向く必要がないということや、24時間自分の都合のいい時間帯に、ローンの申し込みが可能になっているということにあります。

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

更新日:

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.