マネラテは、仕事と資金繰りと生活を同時に考える必要がある自営業のお金にまつわるブログです。生活費の実態や節約 節税、自営業の資産構築方法&生き残る仕事を戦略的に考察することも。

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など

今日中にお金を借りる必要⇒ 即日融資 当日振込カードローン

今日すぐに借りれるキャッシングとカードローン(即日融資と即日審査の違いにも注意)
お金が急に必要になった。そんな時に頼りになるのが、即日融資のカードローンやキャッシングです。
世間には様々な方法でお金を借りる手段がありますが、どの方法が最も確実にその日のうちに借りることができ、また金利負担が少なくお金を借りることができるでしょうか?

既に持っているクレジットカードのキャッシング枠

その日のうちにお金がほしいと言っても、カードローンを新規に作ろうと思えば、銀行にせよ消費者金融にせよ審査に通過しなければなりません。

即日審査(その日のうちに審査の回答があること)と謳っているカードローンでも、申し込み状況や審査判断が微妙な場合には審査に時間がかかることがあるのも現実です。

最も確実にその日のうちにお金が入る方法として、事前にクレジットカードのキャッシング枠を作成しておくという方法です。

手元にクレジットカードがあり、キャッシング枠をもっていれば確実に今日お金が手に入る方法

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という2つの枠があります。

ショッピング枠とは、普段我々がお買い物をする際に使用する用途で、要するに物やサービスを購入する際の代金を後払いにて清算できる枠です。ショッピング枠で現金を借りることはできません。

キャッシング枠とは現金を借りる枠のことで、カードローンと同じです。

クレジットカードを作成する際には、申込書に「キャッシング枠を作成しますか?」という選択肢があります。

ここで、作成すると選択すると、ショッピング枠の審査とは別にキャッシング枠の審査も行われ、審査に通過すれば、手持ちのクレジットカードにショッピング枠とキャッシング枠という2つの枠を作成することができます。

手持ちのクレジットカードに事前にキャッシング枠を作成している人がその日のうちにお金が欲しいを思ったら、クレジットカードのキャッシング枠を利用してATMやCDからキャッシングを行う方法が最も確実な方法です。

すでに審査に通過しているため、「審査に落ちる可能性」「審査通過が即日融資可能な時間を過ぎてしまう可能性」これらすべてを排除できるためです。

なお、クレジットカードのキャッシング審査は消費者金融のカードローン審査と同じで、他社からの借入額の合計が総額で年収の3分の1を越えることはできない総量規制の対象となり、大手消費者金融と同じような基準の審査にクリアしなければ作成することはできません。

クレジットカードのキャッシングは金利が高い

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があれば最も確実に即日で融資を受けることができるクレジットカードのキャッシングですが、金利が高いのが難点です。金利は法定金利ギリギリの金利であると考えておきましょう。

また、クレジットカードによっては、キャッシング枠が100万円を超える高額借入れまでOKというカードも珍しくありません。

カードローンというものは借入限度額が大きければ大きいほど金利が低くなっていくものですが、クレジットカードのキャッシングの場合には金額が大きくなっても金利は法定金利ギリギリの15%~18%程度というのが相場で、高額枠を作成しても金利的なメリットはほとんどありません。

事前に枠さえあれば確実に即日融資を受けることができるクレジットカードでのキャッシングですが、金利的なメリットが望めないため、保険的な意味合いで枠だけ取っておいて、他の方法で即日融資の可能性があるのであれば、他の方法で即日融資の可能性を試し、最後の最後でクレジットカードからキャッシングを行うという方法が望ましいと筆者は考えます。

この辺を詳しく知りたい方は、↓下記の特集ページへ
クレジットカードのキャッシングとカードローンの金利比較
・楽天カードのキャッシングと楽天銀行カードローン
・イオンカードのキャッシングとイオン銀行カードローン
の金利比較と支払い利息の差を比べてみたよ

 

消費者金融

即日融資に適したカードローンは銀行カードローンより大手消費者金融です。

大手消費者金融には即日融資に適したサービスで銀行カードローンと差別化をはかっています。

大手消費者金融は基本的に即日融資可能

アコム、プロミス、アイフル、モビットといった大手の消費者金融はすべて即日融資に対応しています。

消費者金融は年収の3分の1を超える額を総額で借りることができないという決まりがあるため、融資までのスピードという付加価値で銀行カードローンと競争しています。

大手消費者金融は即日カード発行、即日指定した口座へ振込み、最短30分程度で審査回答という基本的に即日融資に必要な条件はすべて具備しています。

ここでは大手消費者金融それぞれで特徴的な点だけ比較します。

アコム

アコムの自動契約機は22時まで稼働しています。そのため、21時程度までに審査に通過すれば、即日カード発行を受けることができます。

また、自動契約機に併設されているATMは24時間稼働しており、これはアコムだけの特徴です。

アコムのATMは手数料無料ですので、22時にカード発行を受けても手数料無料でキャッシングを行うことが可能です。

また、振込融資は平日14時くらいまでに契約を完了させなれば銀行の営業時間内に振込を間に合わせることができません。

しかし、アコムは楽天銀行の口座への振込であれば365日24時間振込融資に対応しています。

楽天銀行の口座さえ保有していれば審査通過後いつでも即日融資が可能です。

 

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能

 

プロミス

プロミスの自動契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります)までの稼働となっています。21時くらいまでに審査に通過すれば即日でカード発行を受けることができます。

また、三井住友フィナンシャルグループである三井住友銀行のATMであれば手数料無料でキャッシングできるという点もプロミスの特徴です。

プロミスも14時半程度までに契約手続きを完了させないと、即日での振込に間に合いませんが、三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座であれば365日24時間振込を行うことができるため、深夜でも即日融資を受けることが可能です。

さらに、プロミスにはWEB完結という契約方法があり、カード発行や契約書の記入を行うことなくして契約手続きを完了させることができます。

WEB完結は郵送物が一切ないため家族に秘密にすることができるばかりでなく、契約手続きにかかる時間を短縮することができるため、急いでいる時には最適です。

 

【プロミス】平日14時までに契約完了で<当日振込>

 

アイフル

アイフルの自動契約機も22時まで稼働しています。21時くらいまでに審査に通過すれば即日カード発行を受けることが可能です。

アイフルはアコムやプロミスのように、特定の銀行口座へは24時間振込を行うサービスの取り扱いはありません。

しかし、アイフルはインターネットからの申込を行った後に、電話で急いでいる旨を伝えれば審査の順番を早めてくれます。

平日の午前中に申込を行えば、即日融資の可能性はかなり高くなります。

 

フリーローンのアイフル/最短30分で審査完了⇛即日融資も可能!

 

モビット

モビットの自動契約機の稼働時間は21時までと、他の消費者金融と比べて少し早めですので、20時くらいまでには審査に通過しておきましょう。

また、モビットも特定の銀行だけは24時間振込を行うというサービスはありませんので、平日14時くらいまでには審査に通過しておく必要があります。

モビットにもプロミス同様にWEB完結という契約方法があります。カード発行なし、郵送物なしという点ではプロミスと同じですが、モビットのWEB完結には勤務先への電話連絡なしという最大の特徴があります。

モビットのWEB完結は勤務先の確認を健康保険証にて行います。

そのため、健康保険証に職場の記載がある協会けんぽか組合保険証を保有している人しかモビットのWEB完結を行うことはできません。勤務先に電話が行くことに抵抗があるという人にはおすすめです。

何よりも審査の中で唯一人間の手で行う電話での在籍確認は最も審査に時間がかかる工程です。

モビットのWEB完結は、書面で勤務先を確認するため、審査にかかる時間を短縮することができ、急いでいる人には最適です。

 

≪モビット≫ネットで24時間お申込OK!限度額800万円☆金利3.0%~18.0%☆

 

銀行カードローン

金利が低いカードローンと言えば銀行のカードローンです。ただし、銀行カードローンは消費者金融に比べて即日というスピードでは劣ります。

銀行カードローンで即日利用を受けるための条件とはどのようなものでしょうか?

銀行カードローンで即日利用の条件とは

銀行カードローンで即日利用を受けるためには基本的に①即日でカード発行を終える②事前にインターネットバンキングに契約した状態で、即日審査通過する。このどちらかの条件を満たさなければならないためです。

地方銀行のほんの1部のカードローン以外は他の銀行口座への振込での融資は行っていないためです。

ネット銀行

最も金利の低いカードローンで即日融資を受けたいという人は、ネット銀行を利用することを検討しましょう。

ネット銀行は店舗を持っていない分、管理コストがかからないため、金利が店舗型の銀行と比べて低くなっているためです。

ネット銀行でカードなしの即日利用するためにはどうすべきでしょうか?

ネット銀行でカードなしの状態で即日利用の条件

ネット銀行の即日利用の条件は以下の2つです。

①事前に当該銀行の口座を保有している

ネット銀行も基本的に即日審査回答ですので、口座さえ保有していれば即日利用を受けることができる可能性はあります。

②口座を持っていない場合には、他行への振込を即日で行ってくれる

ネット銀行はカード発行は郵送のみです。

そのため、事前に口座を保有していない場合には、他の銀行口座への振込を行ってくれるカードローンを選択するしか即日利用を受ける方法はありません。

即日で他行への振込をしてくれるネット銀行としては楽天銀行とじぶん銀行があります。

楽天銀行

楽天銀行のカードローンは、楽天銀行の口座を保有していなくてもカードローン契約だけを行うことができる唯一のネット銀行カードローンです。

楽天銀行のカードローンの利用方法は、ATMからキャッシングを行うか、インターネット上から振込手続きを依頼するかのどちらかですが。

ATMからのキャッシングはカード到着を待たなければならないため、カード無しの即日利用は不可能です。即日利用を受けるためにはインターネットから振込を受けるしかありませんが、他の銀行では、振込を受ける口座は当該銀行の口座しか対応していません。

しかし、楽天銀行のカードローンは何度でも他の銀行口座への振込も対応しているため、口座を持っていなくても即日利用を受けることが可能になります。

消費者金融のカードローンのように、どの銀行であれ振込にて融資を受けることができるため、楽天銀行のカードローンは口座作成やカード発行の時間を待つことなく、即日で審査に通過できればカードなし即日利用も可能性は高いです。

 


ご入会時の【従来の書面郵送】が 不要になりました!! 楽天銀行カードローン

 

その他の銀行はカードなし・口座保有なしでの即日利用不可

ネット銀行の多くは即日審査回答です。しかし、ネット銀行には自動契約機がないため、即日カード発行を受けることができません。

また、上記2行以外は、インターネットからのキャッシングも自行の普通預金口座への振込しか行っていません。

金利の低いネット銀行ですが、口座を持っていないと、即日利用を受けることができる銀行は限られてしまいます。

また、上記2行を含め、ネット銀行カードローンは審査にかかる時間が大手消費者金融やメガバンクと比べて長くなる傾向にあります。

あくまでも即日審査回答が出た場合のみ、即日利用ができるというだけですので、確実に即日利用を受けたいのであれば、大手消費者金融などを選択したほうが無難でしょう。

 

メガバンクのカードローンで即日利用するにはどのような条件があるのでしょうか?

 

三井住友銀行

三井住友銀行のカードローンもカードの発行方法は郵送か自動契約機で受取るかの方法から選択することができます。こちらも即日でカードを受け取りたいのであれば自動契約機でカードを受け取るしか方法がありません。

三井住友銀行のカードローン最大の特徴は自動契約機が全国1,000箇所以上あるプロミスの自動契約機で手続きを行うことができるという点です。

自動契約機の数自体、銀行カードローンの中ではダントツの多さですし、稼働時間も曜日に関係なく22時までとなっています。

また、三井住友銀行も事前にインターネットバンキングの契約を済ませている人は、審査通過後にインターネットバンキングから振込や振替という方法でカードローンからお金を借りることが出来ます。

 

口座を持っていない人で最も即日利用に強いのは三井住友銀行

また、それぞれ事前に口座を持っており、インターネットバンキング契約を済ませている人であれば、審査通過後にすぐにインターネットバンキングからカードローンを利用することができるという点では変わりません。

口座を持っていない人が即日利用を受ける場合には即日カード発行をしていないみずほ銀行は対象外となります。

また、自動契約機の数と稼働時間の長さでは三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行では、三井住友銀行の方に分があります。

つまり、口座を持っていないという条件下で最も即日利用に強いカードローンは三井住友銀行であると言えるでしょう。

 

即日融資・当日振込/即日利用が可能なカードローンで安心なところ!(闇金は絶対にダメ)

実質年率/限度額 ローン名 詳細へ
3.0% ~ 18.0%
800万円
モビット
申込の曜日、時間帯によっては
翌日以降の取扱となる場合があります
3.0% ~ 18.0%
800万円
アコム
4.5% ~ 17.8%
500万円
SMBCコンシューマー
ファイナンス(プロミス)
4.5% ~ 18.0%
500万円
アイフル

更新日:

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.