マネラテは、仕事と資金繰りと生活を同時に考える必要がある自営業のお金にまつわるブログです。生活費の実態や節約 節税、自営業の資産構築方法&生き残る仕事を戦略的に考察することも。

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など

一時的にお金を借りる方法/公的融資とローン

一時的にお金が必要!借りるなら30日間無利息のカードローンが急ぎでも安心

更新日:

大手消費者金融をはじめとして、カードローンには無利息期間が設定されているローンが少なくありません。

無利息期間は新規の顧客を獲得するインセンティブとして設定されていますが、無利息期間は賢く活用することで、とてもお得に活用できるというメリットがあります。
今回は、カードローンと無利息期間について解説します。

マネラテの店長
生活苦の方はカードローンで借りる前に、
下の↓公的融資の特集ページを読んでくださいね。
一時的にお金を借りたい⇒カードローン借入前に生活福祉資金!生活苦・生活費に ←【 特集 】

 

無利息期間は2種類ある

まず、注意しなければならない点として、カードローンに設定された無利息期間は大きく分けて2つの無利息期間があります。
2つの違いを理解しておかないと、気づいたときには無利息期間が終わってしまっていたということになりかねません。

契約後30日間無利息

多くのカードローンに設定されている無利息期間が契約後の翌日から30日間無利息という無利息期間です。
この場合には、カードローンを契約してからすぐにお金を借りないと、契約後から、日付の経過とともに低減していってしまいます。
最初から「この日に、この目的で、何日間、いくら必要」という具体的な目的が決まっている場合には、活用できる無利息期間です。
逆に言えば、ローン会社としても、契約後すぐにお金を借りてもらいたいからこそ設定されている無利息期間となっています。

初回利用から30日間無利息

こちらの無利息期間は1部の消費者金融のみ設定されている無利息期間です。
初めての契約で、初回の利用時から30日間無利息となるサービスです。
カードローンは実際にお金を借りなくても、とりあえず枠だけ作成しておけば、いつでもお金を借りることができるという商品です。
実際にお金に困っている状況でなくても、いざというときのために、とりあえず作成しておくという人も少なくありません。
初回利用時から30日間無利息が適用されるカードローンは、契約後、すぐにお金を借りなくても、枠をもっているだけで、いざ必要になった際にはフルに30日間の無利息期間を享受することができます。
こちらも、あえてローン会社の目線からお話しすると、「すぐにお金を借りるよりも、契約者を増やし、将来の融資先を作りたい」という口座数を多く獲得したいローン会社のニーズをかなえる無利息期間となっています。

 

入金日までのつなぎに便利な無利息期間

無利息期間は「次の給料日までだけお金が必要」などと言った、いつまでに返済できるという予定が決まっている人は便利に活用することができます。

期限の利益が無料で入手できる

お金を借りるということは、一括でまとまったお金を一定期間の時間をかけて返済していくことです。
これは、時間を買うという考えになり、お金を借りてから最終返済日までの期間の時間を利息を払って買うという考えになります。
これを期限の利益といいます。
期限の利益は利息というコストを払うからこそ、債権者から時間をもらえるものです。
しかし、無利息期間というのは、この期限の利益とコストである利息の関係を無視したサービスであるともいえます。
個人間でお金を借りたら一般的には、利息は発生しません。コストを払うことなく、期限の利益を得ることができるのですが、個人間でお金を貸した借りたで人間関係に上下関係が生じてしまうのです。
金融機関からお金を借りた場合には、利息という費用を払うからこそ、お客様という立場を与えられるわけですが、無利息期間はコストを払うことなくお客様でいることができる非常に活気的なサービスといえるでしょう。

必要日と返済日が決まっている場合に重宝

無利息期間を設定しているローンのほとんどが即日融資可能なローンです。このため「今日お金が必要」という際に無利息期間のあるカードローンは適しています。
また、「いつまでには返済できる」ということがあらかじめ決まっていれば、無利息期間をフルに享受するためにいつ借入したらよいのかという計算があらかじめできるという点も特徴です。
今日入ってくると思っていた給料が週明けになってしまった等の急な入用かつ、返済できる日が決まっている入用の際には無利息期間を活用して、利息というコスト負担なしに期限の利益を手に入れることができますので、活用の幅が広がります。

経済能力を超えた利用に注意

無利息期間は最初だけなら確かに有効です。
必要なお金を場合によってはコスト負担なしに調達することができるためです。
しかし、あえて悪く言えば、これはローン会社にとっては顧客を誘導するためのエサに過ぎないという点も見逃すわけにはいきません。
無利息期間が終わった後のカードローンはただのカードローンです。大手消費者金融の多くは18%程度の利息が発生します。
また、カードローンは枠の範囲内であればだれに注意されることもなくお金を引き出すことができるため。計画的に利用しない場合には、枠の分だけ自分に支払能力があると勘違いして、自分の経済能力を超えた生活水準となってしまうことも少なくありません。
しかし、枠をすべて使い切った後にのこされているのは返済だけで、返済金の負担の分だけ、その後はカードローン契約以前よりも生活が苦しくなってしまいます。
無利息期間をあてにしてカードローンの契約を行う人は、無利息期間が終わった後は、カードローンがなかったものと考え、むやみやたらに借入を増やさないような自己管理の徹底が必要になります。

 

無利息期間で実質利息が軽減

無利息期間が適用された年は、当然ながら実質的には金利が下がります。
では、30日間無利息が適用された場合の実質的な利息はどのようになるのでしょう?
無利息期間なしに10万円を金利18%で借りた場合の1年間に支払う利息は10万円×18%=18,000円となります。
10万円を金利18%で30日間の無利息が適用された場合、利息が免除される金額は、10万円×18%÷365日×30日=1,479円となります。
無利息期間があるカードローンを借りて、30日間丸々無利息期間が適用となった場合に、初年度に支払う利息は18,000-1,479円=16,521円となります。
この場合、実質的な初年度の金利は16,521円÷100,000円×100=16.5%となります。
また、後述しますがカードローンの中には5万円まで180日間無利息というローンも存在します。
5万円を金利18%で借りた場合の利息は年間が5万円×18%=9,000円です。
180日間無利息で免除される利息は5万円×18%÷365日×180日=4,438円となりますので、この場合の初年度の実質利息負担額は9,000円-4,438円=4,562円となります。
金利18%で180日間無利息のローンを5万円借りた場合の実質的な金利は4,562円÷50,000円×100=9.1%となります。
銀行カードローンも最高金利は14.5%程度、また、ネット銀行の中には10%を切るような金利設定となっている商品も存在します。
最高金利が18%というローンよりも、金利の低いローンのほうが一見して金利のメリットが大きいと見えますが、しかし、無利息期間を加味すると無利息期間のあるカードローンを借りたほうが、1年間トータルで見ても負担が少なくて済む場合もあります。
無利息期間終了後は余計な借金はしないという前提にたち、無利息期間のあるカードローンも選択肢の1つに入れたうえでカードローンは選択したほうがよいでしょう。

 

無利息期間のあるカードローン

では、具体的に無利息期間のあるカードローンはどのような商品があるのでしょう?
無利息期間のあるカードローンで代表的なものとしては以下の4つの商品があります。

アコム

テレビCMなどでおなじみのアコムは、契約日翌日から30日間の無利息が適用されます。
アコムの無利息期間は以下の条件を満たした場合のみ適用されます。
①初めてアコムと契約する人
②35日サイクルの返済を選択した人
アコムは1か月に1回の返済と35日サイクルの返済を選択できるローンで、これがアコムの特徴でもありますが、無利息期間がほしい人は35日サイクルの返済を選択した場合のみしか適用されません。
このため、無利息期間が適用されても、31日目以降は初回の返済日に利息が発生してしまいますので注意してください。

プロミス

WEB完結契約があり、最高金利が大手消費者金融の中で最も低いことで人気のカードローンがプロミスです。
プロミス最大の特徴は初めての利用から30日間は無利息になるという点です。
これは、数ある無利息期間ありのカードローンの中でもプロミスだけの特徴です。
カードローンに契約する人の中には「今借りる予定はないけど、いざというときのためにとりあえずカードローンを作っておこう」という人がいます。
このような人でも、プロミスは初めての利用から30日間無利息期間が適用されるため、無利息期間をフル活用できるカードローンであるといえます。
プロミスの無利息期間適用の条件は以下の通りです。
①初めてプロミスを契約する人
②Eメールアドレスを登録する
③WEB明細を利用する
こちらはアコムと異なり、誰でも簡単に満たすことができる条件ですので、初めての契約の人は全員に無利息期間が適用されると考えて問題ありません。

アイフル

アイフルには以前は無利息期間がありませんでしたが、最近になって無利息期間が適用されました。
アイフルの無利息期間はアコムと同じく契約日の翌日から30日間無利息になります。
アイフルの無利息期間の適用条件は「初めてアイフルと契約する人」だけで、面倒な条件が一切なく、新規契約者全員が無利息期間を享受することができるという点が大きな特徴です。

新生銀行カードローン レイク

レイクは以前はGEコンシューマーファイナンスという貸金業者が運営する大手の消費者金融でしたが、現在は新生銀行に買収され、新生銀行のカードローンブランドとしてレイクのまま運用されています。
このためレイクは銀行カードローンです。

高額借入に対しても無利息期間が適用されるため、金額によっては無利息期間によって免除される利息がもっとも大きい可能性があるのがレイクであるといえます。
レイクの無利息期間適用条件も「初めてレイクと契約する人」という条件だけですので、誰もが無利息期間を享受できることになります。
レイク最大の特徴が2つの無利息期間を選択できるという点にあります。
金額無制限で契約日翌日から30日間無利息
5万円まで契約日翌日から180日間無利息
という2種類の無利息期間を選択できます。
金額、返済可能日などによって、2種類の無利息期間を使い分けることができるという点がレイク最大の特徴です。

 

無利息期間の使い分け方法

無利息期間のある代表的なカードローンを紹介しましたが、賢く無利息期間を使い分けるためには、具体的にどのカードローンをどのような場面で選択すべきでしょうか?

自営業者はアコム・アイフル

アコムとアイフルは返済方法が毎月1回の返済と、35日サイクルの返済から選択することができます。
35日サイクルの返済とは前回返済してから35日以内に返済を行えばよいというものです。
このため、給与所得者のように毎月の入金日が安定していない自営業者などは入金があった日に返済を行いえば、その後35日間は返済の義務は発生しません。次の入金が予定よりも早く入ってきた場合にはそこで返済をすればそこからさらに35日間の猶予が与えれらるため、入金サイクルが不安定な自営業者は、35日サイクルの返済のほうが毎月の決まった期日に返済するよりも、安定的に返済ができます。
はじめての方に!アコムは30日間金利0円
フリーローンのアイフル

とりあえずカードローンという人はプロミス

すぐに使う予定はないが、いざというときにカードローンを作っておきたいという人にはプロミスがおすすめです。
先ほど述べたように、プロミスの無利息期間は初回の利用から30日間無利息ですので、すぐにお金を使う予定がなくても、初めて利用したときから無利息期間が適用となります。
他のカードローンのように、すぐにキャッシングしないと無利息期間が逓減してしまうということがないため、「いますぐ使う予定はないけど、とりあえずカードローンを作っておくか」という人にはおすすめのカードローンです。
急いでお金が必要な時には金利など気にしている余裕がないこともありますが、プロミスの金利はここで紹介した4社の中では最も低い17.8%ですので、やはり「とりあえずカードローンを作っておく」という人にはおすすめです。
メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で★30日間無利息サービス!★

ボーナスに返済したい人はレイク

毎月、1万円や2万円程度の余裕資金しかないという人は多いのではないでしょうか?決まった給料の中では、自由に使用できるお金はみなその程度です。
「ボーナスが入ったときにまとめて返済したい」という人にはレイクは適しています。
レイクは5万円まで180日間無利息という無利息期間が選択できるためです。
毎年夏と冬にはボーナスがあるという人は180日間の無利息期間を選択しておけば、ほぼ確実に次のボーナスまでは無利息となります。
5万円までという少額にはなりますが、それでも毎月の余裕がない人には大きな金額です。
急にエアコンが壊れてしまった。車の修理代が急に必要になったなどの5万円程度の急な入用がある場合にはレイクの180日間の無利息期間が適しています。
「2つの無利息ローン」訴求

 

無利息期間のあるカードローンまとめ

無利息期間のあるカードローンの借入を検討する場合に注意しなければならないのは、無利息期間には2種類の無利息期間があるという点です。契約後から無利息期間が始まるものと、初回の利用時から無利息期間が始まるものです。
急ぎの入用でもないのに、契約後から無利息期間がスタートするローンは知らぬ間に無利息期間が無くなっているという可能性もあります。
また、カードローンによっては無利息期間が適用される条件や、金額や期間が異なりますので、自分の用途に最も合った条件の無利息期間のカードローンを選択するようにしましょう。
うまく活用することで、金利の低いカードローンよりも上手に活用することができます。
継続的な利用は金利の低いカードローンを日常的に利用し、突発的かつ短期的な利用には無利息期間を活用するというように、用途に合わせて、カードローンは上手に活用することで、お金の負担をできる限り少なく、必要なお金を借りることができます。

マネラテの店長
無利息期間は初回借入しか使えないので、複数回カードローン利用の予定がある人は、
下記の低金利特集ページで探してください。

1番安い低金利キャッシングのカードローンは?/今年の最新版 ←【 特集 】

 

アドセンス

スポンサーリンク

-一時的にお金を借りる方法/公的融資とローン

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.