マネラテは、仕事と資金繰りと生活を同時に考える必要がある自営業のお金にまつわるブログです。生活費の実態や節約 節税、自営業の資産構築方法&生き残る仕事を戦略的に考察も

【マネラテ】自営業のお金!生活費と資金繰り 低金利借換 資産運用など

J.Score(ジェイスコア)の金利 審査 スコアアップと600点とは

個人ローンの審査をAIが行うスコアレンディングという融資がアメリカで広がりつつある中、日本でもJ.Score(ジェイスコア)が日本初のAIスコア・レンディングのサービスをはじめました。

ジェイスコアの融資はこれまでの銀行の融資とは異なる視点で審査を行い、これまでの銀行融資では少額しか借りることができなかった、また審査に通らなかった人でも審査に通過することができる可能性があります。

日本初のAIスコア・レンディングであるJ.Score(ジェイスコア)の融資はどのような商品でどのような審査を行うのでしょうか?

この記事では、ジェイスコアのAIスコア・レンディングについて徹底解説をしていきます。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングとは

みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したAIスコア・レンディングを行うための会社

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行の顧客データと、ソフトバンクが持つAIデータを参考に新しい審査に基づいた融資を行うことを目的として、2016年にみずほ銀行とソフトバンクの共同出資で設立されました。

スコアレンディングとは

スコアレンディングとはそもそも何なのでしょうか?

これまでの審査では、過去と現在のお金に関する情報の蓄積である信用情報をメインとした審査でした。

このため、いくら現在の収入が高く、クレジットカードや借入金の返済状況に全く問題がないとしても、信用情報に金融事故が記録されているような人は絶対に審査に通過することができませんでした。

また、将来的には収入が上がっていく見込みの高い職業についている人も、現在の収入が低ければ、現在の収入に見合った金額しかお金を借りることができません。

このように、既存の銀行の審査は、申込者の過去と現在の状況だけしか審査材料としていないため、将来に対する予測という視点を持っていませんでした。

このため、現状よりもその人を取り巻くお金の状況が悪化した場合には、将来的に返済が苦しくなり貸倒れになってしまうことも珍しくありません。

スコアレンディングでは、この問題点を解決することができるとしています。

現状から、その人の将来的なリスクや年収の伸びなどを予測して点数化を行うため、現在の審査システムよりも貸倒率が低いとされています。

さらに、一見して審査には関係がなさそうな趣味や心理テストのような質問からその人の人となりを判定し、点数化を行います。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングでは、ソフトバンクとみずほ銀行のAI技術が膨大な顧客データを元に申込者の点数化を行います。

ここで、点数の高い人は低い金利で高額を借りることが可能なシステムとなっています。

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング 商品概要

融資限度額:10万円〜1000万円
金利:年0.9%~12.0%
返済期間:

30万円以下 36回
30万円超100万円以下 60回
100万円超1,000万円以下 120回

借入方法:インターネットから振込依頼
返済方法:口座振替、ペイジー、銀行振込
借入条件:

スコア 金利(年) 融資限度額
950〜1000 0.9%~2.1% 10万円〜1000万円
900〜949 1.9%〜3.7% 10万円〜730万円
850〜899 3.5%〜5.4% 10万円〜540万円
800〜849 5.2%~7.0% 10万円〜400万円
700〜799 6.8%〜9.5% 10万円〜260万円
600〜699 9.3%〜12.0% 10万円〜150万円
 400〜599 融資不可 融資不可

最も高い金利の場合でも、12%で融資可能となっています。
銀行カードローンが数十万円の融資の場合14%を超える金利が必要になることと比較すると大きなメリットです。

なお、AIスコア600点未満の人は融資を受けることが不可能です。
さらに、限度額によって金利が決まるのではなく、AIスコアによって金利が決まるという点もカードローンとの大きな違いと言えます。

J.Score(ジェイスコア)<最短30分融資>の審査申込みページへ

 

スポンサーリンク

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの審査材料

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングはAIが18の質問を行い、その質問に基づいて、申込者のAIスコアを判定します。
AIスコアは、リスクや将来性などから算出され、満点が1000点、600点未満の場合には融資を受けることができません。
(※)ダイレクトお申込みの場合はAIスコア診断とお申込みが同時にできます。
質問の画面から解説していきましょう。

最初にニックネームを入力します。
名前はなんでも構いません。
なお、質問は上記のようなチャット画面で行われます。

2番目の質問で年齢を判定します。

3番目の質問で性別を選択します。

次に学歴を選択します。

次に勤務形態を選択

業種を選択します。

職種、会社の規模を選択。

入社年月を入力。

年収を入力。

婚姻状況を入力。

子供の人数を入力。

家族状況を入力。

同居家族人数を入力。

郵便番号を入力し、居住地域を特定。

居住形態を入力。

居住年数を選択。

借入状況を選択。

借入件数を入力。

他社からの借入額を入力。
これで質問は終了です。

以下、AIスコアの結果の画面です。

この画面で、「レンディング条件はこちら」というところをクリックすると、融資条件が以下のように表示されます。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングのスコアの特徴

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの審査の特徴は質問項目が少ないながらも銀行とは異なるベクトルで審査を行うという点にあります。
これは一体どのようなことなのでしょうか?

質問項目は従来のローンと変わらない

先ほどご紹介した、AIスコアの質問事項をご覧いただいた方はお気づきかもしれませんが、AIが質問する内容はカードローンの申込の際に申込書に記入する内容と変わりません。
カードローンの申込でも、年収、勤務先、勤続、居住形態、家族状況などを申告する必要があります。
筆者も最初は「カードローンと同じ」と思いました。
しかし、AIスコア・レンディングでは審査のベクトルが異なるのです。

審査のベクトルが異なる

AIスコア・レンディングでは、カードローンと同じ内容の質問をしたとしても、ここから将来的なリスクを判定します。
例えば、今の年収が低い人でも、会社の規模が大きければ今後年収が増えていくことが予測できますし、結婚して子供がいれば、むやみに転職するようなことがないなどの予測を立てることができます。
申込状況から現在の返済能力しか判定しない既存の審査と、質問内容から将来の返済能力を予測するジェイスコアのAIスコア・レンディングでは、審査のベクトルが、現在ではなく将来に向いているという点が最大の特徴です。

個人の人間性からリスクを判定

後述するスコアアップ項目の中には、趣味や性格やライフスタイルなどの審査とは関係なさそうな質問が多くあります。
これらの項目から個人の信用力をAIが判定します。
これまでの審査ではお金に関する情報だけしか審査材料としていませんでしたが、AIスコア・レンディングでは個人の性格や人間性を判定して「リスクがどの程度あるか」をAIが審査しているのです。

J.Score(ジェイスコア)<最短30分融資>の審査申込みページへ

 

スコアアップ項目とは?

AIスコアの基本的なヒアリングは前述した18の質問だけですが、審査結果表示のあと、さらに多くの情報を入力することによってスコアがアップする可能性があります。
具体的には「生活」「情報連携」「性格」「ウォレット」「ファイナンス」「プロフィール」といった情報です。
以下で、それぞれの項目についてどのような質問があるのか簡単にご説明していきます。

生活

「モノについて教えてください」
「自動車バイクについて教えてください」
「インターネットについて教えてください」
「普段の生活について教えてください」
「人生経験について教えてください」
趣味や生活スタイルなどについて合計46の質問があります。

情報連携

「ソフトバンク連携」
「みずほ銀行連携」
「Yahoo!JAPAN連携」
これは、ソフトバンク、みずほ銀行、Yahoo!JAPANの情報をAIスコアへ連携させるだけになります。
金利優遇もありますので、情報連携がどうしても嫌という人以外は連携させておいたほうが得でしょう。
みずほ銀行の口座の情報やソフトバンク、Yahoo!JAPANの利用状況などを連携させることによって、さらにAIスコアの精度が上昇し、スコアアップが望めるとされています。
例えばみずほ銀行の大口預金者などはAIスコアが大幅にアップするでしょう。

性格

「趣味や嗜好について教えてください」
「あなたの性格を診断します」
合計26問の質問があります。
「相手のミスがいつまでも気になる」などの心理テストのような内容になっています。

ウォレット

「毎月の収入について教えてください」
「毎月の支出について教えてください」
「毎月のローンについて教えてください」
「住宅ローン支払額はおおよそ毎月いくらですか?」などのこちらは従来の審査に関係しそうな項目が列挙されており、合計で18の質問が用意されています。

ファイナンス

「お金についての考え方を教えてください」
「資産について教えてください」
「クレジットカードについて教えてください」
この項目は合計で20の質問が用意されています。
「不動産を所有されている場合、評価額はおおよそいくらですか?」などという質問で、資産状況やメインの決済方法などについての質問が主になっています。

プロフィール

「お仕事について教えてください」
「ご家族とお住まいについて教えてください」
「出身校について教えてください」
「資格・語学力について教えてください」
合計32の質問があります。
なお、ここから、最初の基本の18の質問へ回答し直すことも可能です。

合計で100問を優に超える質問があります。
これら全てに答えることでAIスコアの精度が増して、スコアアップする可能性があるとのことです。

なお、質問内容は「普段、日用品はどこで買いますか?」「外食にはどのくらいの頻度で行きますか」などの一見して審査とは全く関係がなさそうな質問です。
AIはこのような質問から、その人のリスクを判定しているのです。
なお、筆者は上記質問のうち、生活項目だけを回答したらAIスコアが1点だけ上昇しました。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングで高得点を得るためは

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは何度でも質問に答え直すことができます。
AIスコアが600点未満の人は融資を受けることができませんが、自分の状況変化に応じてスコアアップ項目を修正し、600点以上、または自分の受けたい条件の融資を受けることができるようになってから、融資に申し込むことができます。
(※)ダイレクトお申込みの場合はAIスコア診断とお申込みが同時にできます。
融資に申し込む前から、自分が審査落ちなのか、どのような条件で借りることができるのかということが分かるという点は、申込がすぐに申込情報に反映されることから、むやみに申し込むことができない従来の融資と比較して大きなメリットがあります。
審査に通るまで、または満足のいく条件になるまで何度でもAIスコアにチャレンジすることができるのがJ.Score(ジェイスコア)の特徴ですが、AIスコアでスコアアップするためにはどうすればよいのでしょうか?

転職

給料が将来的に上がる見込みの大きい、規模の大きな(従業員数の多い)会社へ転職することで、将来的なリスクが低いと判定されAIスコアのアップにつながると考えられます。
従来のローン審査においては転職は審査ではマイナスとなりますが、将来を審査するAIスコア・レンディングにおいて、スキルアップのための転職であれば、むしろポジティブに判断される可能性があります。

転居

都市部への転居、持ち家への転居などによってAIスコアが上昇する可能性があります。
一般的に都市部の方が賃金が高く、将来的にも高年収が期待できます。
また、住宅ローンを組んで、自分の持ち家を持っているという人もAIスコアにはポジティブに判断される可能性があります。
このような人は、住宅を手放さないように、現状以上の年収を維持するように努めるためです。
従来の審査では、居住年数が長い方が審査に有利になっていましたが、AIスコアにおいては、所得向上のためや、資産を手に入れるための転居では、将来的なリスクが下がっていくと判断される可能性があります。

勤続年数のアップ

1つの勤務先に長く勤めている人は、その後も継続してその企業に勤務する可能性が高くなります。
このため、大きな会社に長く勤務している人は、その後も現在の勤務先に勤務し、収入も上がっていく可能性が高くなります。
勤続年数が短く、満足したAIスコアが得られなかったという人は、勤続年数が長くなってから再度AIスコアを受ければ、スコアが上昇する可能性があります。

年収のアップ

年収は高ければ高い方がスコアは上昇します。
J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行出資ですが貸金業者ですので、総量規制の対象となっています。
このため、他債務との合計で年収の3分の1を超える融資は基本的に行いません。
年収と借入額が大きく関係していますので、年収が上昇した後に、再びAIスコアを受ければ、スコアアップする可能性があります。

他社借入の減少

銀行融資は多重債務に非常に敏感です。
これはカードローンでもAIスコア・レンディングでも変わりません。
他債務が減少もしくは完済してからAIスコアを受ければ、かなりのスコア上昇が期待できるでしょう。

結婚

結婚している人もAIスコアではポジティブに反映される可能性が高いと思われます。
一般的には結婚している人は安定した収入を得て家庭を安定させたいと考え、簡単には仕事をやめないためです。
同じような理由で子供がいる人もAIスコアにはポジティブに捉えられると思われます。
一度AIスコアを受けて満足した点数が得られなかったという人は、結婚後やお子様誕生後にもう1度AIスコアを受ければスコアアップが期待できる可能性があります。

自己投資

習い事や資格の取得などを行い、自分に投資を行っている人もAIスコアがアップする可能性があります。
そのような人は自己実現欲が強く、収入的にもプラスに働く可能性があるためです。

J.Score(ジェイスコア)<最短30分融資>の審査申込みページへ

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの特徴

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングには、従来の銀行のローンとは異なる以下の5つの特徴があります。

個人の信用力が審査に反映

先ほどから述べているようにAIスコア・レンディングでは審査とは関係のなさそうな質問も少なくありません。
ここから申込者の信用力を判断して審査に活用することができるという特徴があります。

みずほ銀行との連携で金利引き下げ

AIスコアの情報をみずほ銀行口座と連携させるだけで金利が年0.1%引き下げになります。

ソフトバンクとの連携で金利引き下げ

AIスコアの情報をソフトバンクと連携させることでも年0.1%の金利引き下げを受けることができます。

少額でも低金利の可能性

商品概要で述べたように、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの金利は、点数によって決定します。
そのため、点数の高い人は少額の限度額であっても低い金利が借りることができます。
リスクに応じて金利も下がるという点はカードローンにはない大きなメリットです。

何度でもスコアを算出できる

スコアアップの情報は何度でも修正することができます。
自分の属性情報に変化があった際には、スコアアップ項目を修正することで、満足のいくAIスコアになったところで借入することが可能です。

融資申込後はカードローンと同じような審査

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングはあくまでも点数化だけを行い、融資申込は別になります。
このため、融資申込みを行ったあとは、信用情報への照会も行いますし、本人確認書類と収入証明書の提出が必要になります。
さらに在籍確認も行っています。

 

まとめ

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングはこれまで審査では関係がないと思われた、趣味や生活や考え方などを審査に反映させて、その人のリスクや将来的な可能性を点数化して、その点数を元にJ.Scoreが融資を行うという新しいサービスです。
過去と現在のお金の情報である信用情報をベースにした従来の審査よりも、より、申込者の人格や将来性にフォーカスした審査を行うため、これまでの審査よりも正確な審査を行うことができるとされています。
このため、これまではお金を借りることができなかった人でも融資を受けることができる可能性がありますし、審査では活用されてこなかった趣味や考え方などが意外と審査にプラスに作用する可能性もあります。
まだまだ始まったばかりのJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングですが、AIスコアで点数をつけてもらうだけであれば、個人情報や書類は必要ありません。
興味があるという方は、とりあえずスコア取得だけでも行ってみてはいかがでしょうか?

J.Score(ジェイスコア)<最短30分融資>の審査申込みページへ

更新日:

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!生活費と資金繰り 低金利借換 資産運用など , 2018 All Rights Reserved.