不動産担保ローン審査と金利 銀行 信用金庫 ノンバンク比較

総合マネージメントサービスの不動産担保ローン金利と審査 融資は不動産投資収益物件購入も?

更新日:

不動産担保ローン

所有する不動産を担保としてお金を借りることができローンです。
・融資限度額5億円
総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの融資限度額は5億円までとなっています。
使い道自由ですので、住宅、アパート購入・建設、他債務の借り換え、事業資金の運転資金、設備資金にも使用できるローンです。
限度額5億円もあるため、かなり使い道の幅は広がりそうです。

当日融資は3,000万円まで対応

総合マネージメントサービスの特徴の1つが3,000万円までであれば即日融資に対応しているという点にあります。
明日までに資金を用意しないと手形の決済に間に合わないなどの場合に大きな力になります。
審査が早い不動産担保ローンの中でも即日対応に3,000万円という高額まで応じているのは総合マネージメントサービスの他社にはないメリットです。

融資期間は35年

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの融資期間は最長で35年まで対応しています。
使い道自由ですので、おまとめなどの場合にも毎月返済額をかなり減少させることもできますし、会社の運転資金で35年もの長期融資を行うことができるのは銀行ではありえません。
個人も事業者も資金繰りを非常に楽にすることが可能です。

金利は固定金利

総合マネージメントサービスの金利は固定金利で3.4~9.8%となっています。
事業者が借りるローンとすれば銀行金利と比較してかなり高い金利となります。
一方、使い道自由ですので個人が銀行のフリーローンを利用することを考えれば金利はかなり低いといえます。
用途によっては銀行からお金を借りるよりもメリットを得ることができる可能性があるのが総合マネージメントサービスの不動産担保ローンです。

資金使途自由

先ほどから述べているように、総合マネージメントサービスの不動産担保ローンは使い道が完全自由です。
個人がおまとめや物品購入や住宅やアパート購入に充ててもよいですし、事業者が運転資金や設備資金に利用することも可能です。
不動産の評価額次第とはなりますが、5億円まで使い道が完全自由という点は総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの大きなメリットです。

様々な不動産に対応

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンは様々な土地を担保としてお金を借りることが可能です。
本人に所有権のある土地、第3者の借地権が設定されている底地、借地上の建物、本人以外の第3者の担保提供の不動産、他社との共有持分である資産の担保提供も可能となっています。
銀行の不動産担保ローンでは、底地、借地権、共有持分などの資産は担保としての価値が認められずに融資に応じてもらえない場合も少なくありません。
このような資産も担保として活用できるという点も総合マネージメントサービスの不動産担保ローンのメリットといえるでしょう。

掛け目は流通価格プラスα

不動産担保ローンはいくらまで借りることができるのかという点は利用者の不安の1つです。
総合マネージメントサービスの不動産担保ローンは流通価格プラスαの値段まで借りることができます。
掛け目とは、不動産評価額の何%まで融資に応じるのかということですが、銀行の不動産担保ローンでは掛け目は70%程度、リバースモーゲージでは50%です。
この点、総合マネージメントサービスの不動産担保ローンは流通価格と同等かそれ以上の金額の融資を受けることができるため、より効率的に資産を活用して資金調達を行うことが可能です。

 

不動産つなぎローン

資金を必要とするあまりに、著しく不利な値段で不動産を売却してしまう人も少なくありません。
そのような人のために売却中の資産を担保に、実際に不動産が売却できるまでのつなぎ資金の融資を受ける不動産つなぎローンという商品も総合マネージメントサービスは展開しています。

融資限度額1億円

不動産つなぎローンの融資限度額は1億円までとなっています。
あくまで短期間のつなぎ資金としての利用ですので融資額は不動産担保ローンよりも少ない1億円までの融資となっています。

金利は固定金利

不動産つなぎローンの金利も固定金利で3.4%~9.8%となっています。
短期間の利用ですので金利はそれほど気にする必要はないかもしれません。

返済期間は3年まで

総合マネージメントサービスの不動産つなぎローンの特徴は融資期間を3年までに設定しているという点です。
銀行のつなぎローンは1年以内というのが原則ですのでこの点はメリットであるといえます。
3年かけて有利な売却先をゆっくりと探すことが可能です。
この点はメリットであるといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの審査

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの審査には以下の4点の特徴があります。

収入がなくてもOK

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンはあくまでも不動評価額をメインの審査を行います。
そのため、収入がなくても融資に応じてもらえる可能性があります。
特に不動産つなぎローンなどは、不動産の売却代金を返済原資に充てるため、本人に収入あるなしを審査に問われることはほとんどありません。
収入がないから借入をあきらめていた人でも融資の可能性があるという点は総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの特徴といえるでしょう。

日本全国の不動産対応

不動産担保ローンは返済ができない際には、担保となる不動産を処分して返済に充てるローンです。
そのため、銀行では融資不可能な案件でも融資に応じてもらえる可能性があるのですが、それゆえに担保となる不動産が現金化できない場合には不動産担保ローンの意味がありません。
多くのノンバンクの不動産担保ローンは換金性や流動性の高い首都圏の不動産のみ担保として取り扱っていることほとんどです。
しかし、総合マネージメントサービスの不動産担保ローンは日本全国の不動産を担保として取り扱い可能です。
地方に不動産を所有する人でも資金調達ができる可能性があるということですので、他社との優位性が認められます。

不動産評価額が審査基準のメイン

こちらもノンバンクの総合マネージメントサービスならではの特徴といえます。
銀行の不動産担保ローンはあくまでも現金による回収を目的としています。そのためいくら優良な担保があっても収入や収益がない限りは、返済能力が認められずにお金を借りることができる可能性は著しく低くなります。一方。総合マネージメントサービスの不動産担保ローンは返済不能となった場合に担保物件を処分して返済に充てることを前提としたローンです。
たとえ収入や収益がなく現金による返済能力が認められない人でも、回収が見込めるだけの資産さえあれば当該資産を担保として融資を受けられる可能性があります。
返済能力よりも担保評価額が審査の際に重視されるのはノンバンクの総合マネージメントサービスならではといえるでしょう。

融資まで最短3営業日、即日融資も可能

先ほど述べたように総合マネージメントサービスの不動産担保ローンは3,000万円までであれば即日融資に対応しています。
また、そうでなくても最短3営業日融資のスピードです。
銀行では不動産担保ローンは長い場合には1か月程度の時間がかかってしまうことも珍しくありませんが、これでは急ぎの資金ニーズに対応できません。
融資までのスピードがカードローン並に早いという点も総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの特徴であるといえるでしょう。

 

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンの特徴

総合マネージメントサービスはローン以外にも不動産の売却仲介等の様々なサービスを行っており、それが特徴でもあります。
特徴的なサービスとしては以下の3点を挙げることができます。

リースバック

リースバックとは、売却した不動産に売却後も住み続けられるシステムです。
不動産を売却して、売却資金を手にしたうえで、その後は新しい所有者にリース料を支払い、当該不動産を使用し続けることができます。
リースバックにあった買主を探してくれるというサポートを総合マネージメントサービスは行っています。
ただし、リースバックにあった買主が見つからない場合にはリースバックは成立しないためこの点には注意が必要です。

不動産サポートローン

住宅ローンなどの担保付きのローンを抱えている物件を住み替えたいときなどに使用できるローンです。
不動産売却代金からさらに残った借入金と、新規で不動産を購入するための資金をまとめて融資をしてくれます。
融資は、総合マネージメントサービスの提携金融機関が行ってくれますし、仲介サービスは総合マネージメントサービスが行ってくれます。
借金が残っているから、自分の資産には担保が設定されているからという理由で、住み替えなどをあきらめていた人でも当該資産を売却し、住み替えを行うことなどが可能です。

任意売却もサポート

任意売却とは、不動産を担保とした借入金が返済不可能となった際に、担保物件を売却して返済に充てることを指します。
総合マネージメントサービスは、この任意売却もサポートしてくれます。
本当に返済が困難になった際には、自分にとって有利不利という観点で売却先を探している余裕はありません。
資産が差し押さえられるか、銀行が一方的に任意売却先を探すかどちらかの選択肢しかありません。
このため、早めに総合マネージメントサービスに相談することでより有利な条件で不動産を任意売却にかけることができます。
このように、総合マネージメントサービスは単に不動産を担保としたローンを扱っているだけでなく、不動産売却に絡む様々な仲介業務も行っているため、担保物件の処分に困ったらまずは、一度宗相談してみるのがよいでしょう。
総合マネージメントサービスは借入、売却等の総合的な観点から最適な方法を提案してくれる可能性があります。

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-不動産担保ローン審査と金利 銀行 信用金庫 ノンバンク比較

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!生活費と仕事の資金繰り&低金利借換や不動産投資 , 2018 All Rights Reserved.