マネラテは、仕事と資金繰りと生活を同時に考える必要がある自営業のお金にまつわるブログです。生活費の実態や節約 節税、自営業の資産構築方法&生き残る仕事を戦略的に考察も

【マネラテ】自営業のお金!生活費と資金繰り 低金利借換 資産運用など

ビットコインと仮想通貨

コインエクスチェンジ(QUOINEX)でビットコインや仮想通貨を買う

更新日:

仮想通貨取引所は国内大手に注目が集まっていますが、海外で有名な取引所も多くあることをご存知でしょうか?
コインエクスチェンジは、アジアでは最大級の規模を持つ仮想通貨取引所です。
アカウント登録をすれば、コインエクスチェンジにおいてはどのようなサービスを利用できるか確かめていきましょう。

コインエクスチェンジ(QUOINEX)とは

2014年にシンガポールで創業された仮想通貨取引所がコインエクスチェンジです。
コインエクスチェンジは取引所形式のサービスとレバレッジ取引を利用可能、2016年には本社機能を日本に移しています。
既に取引所として事業者登録が完了済み、もちろん日本語に対応していますので、国内の大手取引所と同様に使いやすくなっています。
レバレッジ取引は25倍まで選べるため、この点が魅力としてよく知られています。
コインエクスチェンジで取引できる仮想通貨はビットコインのほか、イーサリアムとビットコインキャッシュです。
加えて、リキッドプラットフォームで使えるトークン、キャッシュもコインエクスチェンジなら取引できます。
仮想通貨の種類こそ少ないものの、コインエクスチェンジでは仮想通貨と取引できる法定通貨が10種類もある特徴を備えています。
その一方で日本在住の場合、入金できるのは仮想通貨を除くと、あくまでも日本円に限られますから注意をしてください。
口座開設には本人確認書類のアップロードが必須、手続き前にあらかじめ準備をしておきましょう。

 

コインエクスチェンジに期待できるポイントについて

コインエクスチェンジは、日本円建てビットコインの取引手数料が無料です。
口座開設と口座維持手数料も同じく無料、24時間365日活用できますし、取引システムのスペックは世界最高水準になります。
これ以外の期待できるポイントは、どのようになっているのでしょうか?

10種類の法定通貨に対応

コインエクスチェンジには、仮想通貨とトークンを様々な法定通貨で取引可能なメリットがあります。
日本円以外に米ドルとユーロをはじめ、豪ドルやシンガポールドル、香港ドルと人民元が取扱い通貨に含まれます。
更にインドネシアルピアとフィリピンペソ、インドルピーにも対応しています。
しかし、法定通貨のほとんどで取引できるのは、実際はビットコインに限られるため注意が必要です。
イーサリアムとビットコインキャッシュ、トークンは対応していない法定通貨が存在します。
ビットコインとイーサリアムは仮想通貨同士で取引ができ、トークンであるキャッシュはビットコインとイーサリアムを取引に使えます。
日本在住の人は日本円以外の入金は不可ですから、これらの法定通貨を取引に使いたいときには手順を要します。
日本円を一度ビットコインにして、それを法定通貨に取引する方法を用いなくてはいけません。

しっかりとしたセキュリティ対策

コインエクスチェンジにおけるセキュリティ対策は、主にコールドウォレットとマルチシグが採用されています。
顧客資産の徹底した分別管理が行われているため、セキュリティの安全性は期待できるといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

コインエクスチェンジの利用が向いている人とは

コインエクスチェンジは世界最大級の取引所、特にビットコインとイーサリアムの取引を重視する人に向いています。
レバレッジ取引はパソコンとスマートフォンの両方で可能なので、レバレッジ取引をいつでも行いたい人にもおすすめです。
ビットコインと法定通貨の取引を利用すれば、ほかの取引所には無い取引を実践できるメリットもあります。

最大25倍のレバレッジ取引が利用可能

コインエクスチェンジでは、レバレッジ比率を5種類から自由に選択できます。
2倍と4倍に加えて、5倍と10倍、最大25倍の用意があります。
こうしたレバレッジを使いたい人に、コインエクスチェンジは適しています。

アルトコインが少なく外貨の入金も不可

ビットコインと法定通貨の組み合わせは多いコインエクスチェンジですが、仮想通貨の種類はそもそも限られています。
アルトコインの選択肢が少ないので、投資の幅そのものを広げていきたい人には向いていません。
同様に日本在住であれば、外貨の入金を行えません。
保有する外貨を有効に活かしたい人にも、利用しづらい取引所になってしまうでしょう。

 

コインエクスチェンジQ&A

Qスマートフォンアプリの機能は期待できるの?

コインエクスチェンジでは、スマートフォンのアプリが提供されています。
このアプリは、どのような機能を持っているのでしょうか?


好みのテーマを選択可能、コインエクスチェンジの取引をスマートフォン1台でほぼ利用できます。
日本語に対応していますし、アプリでレバレッジ取引も行えます。
プロトレーダーに最適な各機能にあわせて、高機能のチャートシステムを搭載しています。

Qクイック入金サービスとはどのようなもの?

コインエクスチェンジは、口座への入金を即時反映できるクイック入金サービスを提供しています。
クイック入金サービスの特徴を見てみましょう。


簡単な操作で金融機関口座から資金を移動できるのが、クイック入金サービスです。
取引画面から利用可能、資金はリアルタイムで移動するので入金スピードが非常に早い特徴があります。

Q口座開設の手続きに注意点は?

口座開設は最短5分で申し込みが完了、口座開設手数料は無料です。
手続きにおいて注意点は何かあるのでしょうか?


口座開設の申し込みは20歳以上であることが条件、通常1営業日から2営業日で開設は完了します。
提出する本人確認書類や申し込み内容に不備が見られる際には、時間を更に要する場合が出てきます。
また、コインエクスチェンジにおける審査の結果によっては、口座開設ができないこともあります。

 

コインエクスチェンジの口コミは

コインエクスチェンジを活用している人からは、どのような口コミが出ているのでしょうか?
口コミ情報について確認し、利用するかどうかの判断に役立てていきましょう。

キャッシュ(QASH)を取引できる

キャッシュを取引できるのが、コインエクスチェンジの魅力だと思います。
ICOは近年話題になっていますので、投資の選択肢として将来性を特に期待しています。(20代女性)

レバレッジ取引でチャンスを活かせる

レバレッジが最大25倍まで選べるので、ハイリスクかつハイリターンな取引を実践できます。
リスクが大きいので普段使うケースは少ないですが、チャンスが発生したときに勝負できるメリットがあります。(40代男性)

日本円の出金が遅い

日本円の出金に最大3営業日必要なため、実際にこれを行うと遅さをとても感じます。
入金だけでなく出金にも迅速に対応して貰いたいところです。(30代女性)

口コミではトークンのキャッシュを評価する声が多く出ています。
レバレッジ25倍については、勝負できるという意見が見られます。
日本円の入金手続きが便利な一方で、出金の遅さについて不満を感じている人もいる様子です。

 

まとめ

シンガポールで設立され、2016年には本社機能を日本に移した仮想通貨取引所がコインエクスチェンジです。
取引所形式のサービスを利用可能で日本語に対応済み、事業者登録の手続きも既に完了しています。
取り扱っている仮想通貨はビットコインとイーサリアム、ビットコインキャッシュです。
コインエクスチェンジを利用すれば、ICOを目的に発行されたトークンのキャッシュも取引できるメリットを得られます。
日本在住の人は日本円の入金しかできませんが、コインエクスチェンジは法定通貨10種類も取引に活かせます。
また、レバレッジ取引における倍率は5種類から選択でき、最大25倍を利用するならハイリスクかつハイリターンな取引を実践できます。
スマートフォンのアプリも提供されていますので、これを使えばコインエクスチェンジの取引をどこにいても可能です。
入金方法ではクリック入金サービスが存在するため、24時間365日取引したいタイミングで活用していけるでしょう。

この記事を書いた人

HN:マネラテわんわん
HN:マネラテわんわん
お金喫茶マネラテの看板犬です。
鼻が利くので、いろいろな情報記事を担当していますわん。雑多な記事はたいてい僕が担当したものです。

アドセンス

スポンサーリンク

-ビットコインと仮想通貨

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!生活費と資金繰り 低金利借換 資産運用など , 2018 All Rights Reserved.