マネラテは、仕事と資金繰りと生活を同時に考える必要がある自営業のお金にまつわるブログです。生活費の実態や節約 節税、自営業の資産構築方法&生き残る仕事を戦略的に考察も

【マネラテ】自営業のお金!生活費と資金繰り 低金利借換 資産運用など

ビットコインと仮想通貨

ビットポイント(BITPoint)でビットコインや仮想通貨を買う

更新日:

仮想通貨取引所はそれぞれ異なる強みなどを備えています。
ほかの取引所と比較して新しいため知名度は低くなっていますが、ビットポイントもこうした強みを持つ取引所です。
ビットポイントの利用時に得られるメリットについて注目してみましょう。

ビットポイント(BITPoint)とは

2016年に設立した日本国内の仮想通貨取引所がビットポイントです。
取り扱っているサービスは大きく分けて3つ、取引所形式における現物取引とレバレッジ取引、ビットポイントFX取引があります。
現物取引で対応している仮想通貨はビットコインとイーサリアム、ビットコインキャッシュ、更にライトコインです。
これらに加えて、今後はリップルにも対応する予定があるとしています。
全て日本円と取引可能ですが、ビットコインに限るなら米ドルやユーロ、香港ドルとも取引をできます。
ただし、外貨の入金はそもそも不可能、口座開設をしても日本円の入金しか利用できないので注意してください。
一方でレバレッジ取引とビットポイントFX取引においては選択できるのはビットコインだけ、アルトコインは対象外になっています。
また、ピットポイントFX取引は、取引ツールとしてメタトレーダー4を活かせます。
口座開設では総合口座開設を行うことが必須、現物取引以外のサービスを利用するには、これ以外の口座も開設しなくてはいけません。

 

ビットポイントの備えるメリットについて

ビットポイントは東証マザーズ上場企業の完全子会社が運営している取引所です。
セキュリティ対策には、コールドウォレットと2段階認証などが用いられています。
顧客資産においても、運営企業が保有する資産とは分別管理をされていますので、安心して活用できるメリットがあるでしょう。
このほかにメリットとして主に取り上げられる強みには、何があるのでしょうか?

取引ツールのメタトレーダー4を活用可能

メタトレーダー4は世界中750社以上の金融機関において、取引プラットフォームとして採用されている取引ツールです。
パソコンの取引ツールだけでなくスマートフォンの取引ツールも存在するため、これを活かせば利用者は高度な取引をいつでも行えます。
ビットポイントFX取引ではこのメタトレーダー4を使用できますので、これがピットポイントの主要なメリットだといえるでしょう。

売買手数料や仮想通貨の送受金手数料が無料

ビットポイントは現物取引とレバレッジ取引、ピットポイントFX取引のいずれも売買手数料が無料です。
ただし、レバレッジ取引の利用時には建玉管理料が発生しますし、ビットポイントFX取引ではスワップ費用が別途必要になります。
仮想通貨の送受金手数料があわせて無料なので、ほかの取引所との併用が行いやすいメリットを持っています。

 

スポンサーリンク

ビットポイントの利用が向いている人とは

ビットポイントは取引ツールとして、メタトレーダー4を使いたい人に向いています。
簡単に仮想通貨を売買できる販売所形式のサービスは提供されていないので、ビットポイントは初心者よりも上級者にあっています。

売買条件を組み合わせた自動売買を利用できる

ビットポイントは国内で最も早くメタトレーダー4に対応、メタトレーダー4には自動売買プログラムを作れる機能もあります。
トレードルールは自分で決められますし、売買を自動で行う投資方法をビットポイントなら実践できます。
自動売買を取引で活用したい人にピットポイントは適しています。

レバレッジ取引など上級者向けの取引が充実

ビットポイントのレバレッジ取引では倍率を2倍と5倍に、10倍と25倍が加わった4つの中から自由に選べます。
レバレッジ25倍はリスクが大きいため、基本的に取引経験が豊富な上級者向けです。
ビットポイントでは、レバレッジなどの知識を持っていないと口座開設ができない可能性が出てきます。
不安を感じるようなら、ほかの取引所などで事前に取引の経験を積んだ後で利用を検討していきましょう。

 

ビットポイントQ&A

Q日本円を外貨に両替できるの?

ビットポイントではビットコインを米ドルやユーロなどで取引できます。
日本円を外貨に両替することは可能なのでしょうか?


取引サイトにログインすれば、入出金・振替にある為替両替指示にて日本円を米ドルとユーロに両替できます。
両替はビットコインを介したものになり、両替依頼があるときにはビットポイントがビットコイン取引を行います。

Q日本円における口座への入金方法は何があるの?

取引を実行するには、開設した口座へあらかじめ仮想通貨もしくは日本円を入金する必要があります。
日本円を入金する場合、選べる方法は何があるのでしょうか?


日本円を入金する際には、銀行振込と即時入金サービスの利用、この2つから方法を選べます。
即時入金サービスを利用したい場合、提携先金融機関でインターネットバンキングの契約をしておかなくてはいけません。
銀行振込を選ぶときには、金融機関窓口のほか、ATMやインターネットバンキングで振込できます。

Q総合口座の開設とレバレッジ取引口座などの開設は何か違うの?

ピットポイントで行える口座開設は3種類あり、それぞれ申し込むことが必要です。
口座開設をする際には条件など、何か違うところがあるのでしょうか?


総合口座の開設手続きでは、申し込みフォームの入力と本人確認書類のアップロードが必要です。
レバレッジ取引とピットポイントFX取引の口座開設を行う場合、総合口座の開設をクリアすることが必須になります。
加えて、各取引に関する知識を要することや、金融資産の総額が一定以上あることなど、いくつか更に口座開設基準が提示されています。

 

ビットポイントの口コミは

数ある取引所の中からビットポイントを選んだ人は、ビットポイントをどのように評価しているのでしょうか?
口コミをチェックして情報を集めてみましょう。

メタトレーダー4に慣れていれば便利

以前からメタトレーダー4を活用していたので、取引所ではビットポイントが使いやすく感じます。
ビットポイントは、ビットコインを自動売買できることも大きな魅力だと思います。(40代男性)

円安に備えて外貨で保有している

米ドルやユーロの入出金はできませんが、ビットコインとこうした外貨を取引して保有することは可能です。
今後円安が進むことを強く見込める場合、あらかじめ外貨の状態で保有しておけます。(30代男性)

仮想通貨の種類に目新しさが無い

対応している仮想通貨は徐々に増えていますが、それでも独自性につながるほどではありません。
ほかの取引所でも売買できるものしか揃っていないのは残念なところです。(30代女性)

メタトレーダー4を使用できる点は評価が高い一方で、仮想通貨の種類をもっと増やしてほしいといった意見が出ています。
ビットコインを外貨で売却、為替レートを利用して利益を求める人も多いようです。

 

まとめ

設立が2016年、仮想通貨取引所としては割と新しい取引所がビットポイントです。
老舗ではありませんが東京マザーズ上場企業における完全子会社が運営していますので、セキュリティ対策などには期待が持てるでしょう。
サービスについては取引所形式の現物取引のほか、レバレッジ取引とビットポイントFX取引が提供されています。
これらのサービスを活用するには、それぞれ別の口座開設手続きを行う必要があるので気をつけてください。
現物取引ではビットコインとイーサリアム、ビットコインキャッシュにライトコインが取引可能、リップルの対応も予定ならあります。
レバレッジ取引では倍率25倍まで選択できるメリットを備え、ビットポイントFX取引では人気のメタトレーダー4を活用できます。
メタトレーダー4の機能を活かせれば、自動売買プログラムを自作して使用可能になっています。
ビットポイントはこれにあわせて、売買手数料や仮想通貨の送受金手数料が無料という利点も持っています。

この記事を書いた人

HN:マネラテわんわん
HN:マネラテわんわん
お金喫茶マネラテの看板犬です。
鼻が利くので、いろいろな情報記事を担当していますわん。雑多な記事はたいてい僕が担当したものです。

アドセンス

スポンサーリンク

-ビットコインと仮想通貨

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!生活費と資金繰り 低金利借換 資産運用など , 2018 All Rights Reserved.