【マネラテ】自営業のお金ブログ!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など

銀行カードローン

横浜銀行カードローン限度額の増額・増枠が通らない/本審査落ちた

更新日:

横浜銀行カードローンと限度額枠の増額情報

コンビニATMも利用可能な横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは、最高1000万円までの融資に対応できるカードローンです。銀行カードローンの中でもトップクラスの規模のものになります。金利は1.9~14.6%となっていて、低金利で貸し出しを行っていることがわかります。

手軽に申し込みできるようになっていて、300万円までの借入希望額であれば収入証明書なしで審査が受けられます。電話や郵送、ファックス、インターネットから申し込みが可能です。インターネットであれば、24時間・年中無休でいつでも受け付けてくれます。

横浜銀行と一切取引のない人でも申し込み可能ですから、お金に困った時に利用を検討しませんか?横浜銀行のATMはもちろんのこと、コンビニATMを利用しても手続きが可能です。


cardloan-go01

cardloan-go02

↓↓↓

1番安い低金利キャッシングのカードローンは? 2017年最新一覧表


横浜銀行カードローンにはもう一つカードローンがあって、バンクカードローンがあります。横浜バンクカードと呼ばれる、クレジット機能やデビットカード機能、キャッシュ機能など複数の機能が搭載されたカードがあります。この横浜バンクカードにローン機能をつけて活用することも可能です。

公共料金やクレジットカードの代金を自動引落にしている人で、残高不足に陥っていた場合、自動的に融資してくれる機能が搭載されています。

 

横浜銀行カードローンの限度額枠の増額は電話申し込みで

横浜銀行カードローンでは、限度額枠の増額にも対応しています。増額するためには、横浜銀行に電話で申し込みします。平日は9時から20時、土日祝日も9時から17時まで対応可能です。ただし増額にあたって審査が行われますから、すべての人が限度額枠の増額に対応してもらえるとは限りません。

限度額枠の増額を実現するためには、信用力をつけることが何よりも重要です。繰り返しカードローンを利用すること、期日までに返済することを繰り返して信用を勝ち取りましょう。一度でもうっかりミスであって滞納があると、増額は厳しくなるでしょう。

銀行員が明かす増額・増枠の審査の実態↓

銀行員が明かす、カードローンの限度額を上げる方法!
増額・増枠申請して通る人と落ちる人の違いは?


■増額/利下げ案内

・事前にローン会社が審査してから連絡する場合

「当行では定期的に再審査を行っております。 今回こちらで○○様のご契約についてお見直ししたところ、 ○万円/○%に契約を変更することが可能という結果が出たので ご連絡致しました。 もし○○様にご了承いただけるようなら、こちらの内容ですぐに 契約変更しますが、いかがでしょうか?」

・顧客に連絡してから希望を聞いて審査する場合

「現在は○万円/○%でご契約いただいておりますが、 限度額や利率をお見直しする再審査もいつでも可能です。 ○○様の場合、今回は再審査によって契約変更できる可能性が高いので ご連絡させていただきました。 もしご希望があれば当行で審査を致しますが、いかがでしょうか?」 どちらの場合も、顧客の了承がない限り契約変更はできません。 業者側が勝手に「増額しておきました」「利下げしておきました」というのは おそらく無いと思います。 こういった業者側からの電話営業だけでなく、 顧客側からも増額希望の電話がじゃんじゃんかかってきます。 希望があればその都度審査をして、後で結果を連絡するという形です。

■追加利用案内

・他社借入分のまとめを勧める場合

「もし他の金融機関でお借り入れがあるようでしたら、 利率によっては当行に一本化したほうがご負担が軽くなるかもしれません。 他社様の限度額や利率、利用額など教えていただければ、 是非ご相談に乗りたいと思うのですが、ご検討いかがでしょうか?」

・追加利用の特典があるキャンペーンなどを行っている場合

「現在、期間限定で、○万円以上のお借り入れで利息をキャッシュバックする というキャンペーンを行っております。 もし近々ご利用予定があるようでしたら、この機会にいかがでしょうか?」
引用元:http://fundbank.jp/bank-loan/3038.html


楽天カードの増額・増枠申請の方法と一時増額の審査通過の体験談

 

地銀グループ国内最大規模の横浜銀行

横浜銀行は横浜市に本店のある地方銀行で、横浜興信銀行を前身金融機関としています。1957年に横浜銀行と名前を改めています。1969年に埼玉銀行が都市銀行に転換したことで、日本最大規模の地方銀行とされます。

横浜銀行の成り立ちの中で、川崎財閥系の鎌倉銀行などと経営統合しました。三菱銀行も当時同じ川崎財閥系の第百銀行と合併した経緯もあって、三菱東京UFJ銀行と親密な関係が続いています。

神奈川県をはじめとして、県内の主要な地方自治体の指定金融機関です。神奈川県の中でも主要都市である横浜市や川崎市の営業地盤は強固です。その他にも町田市のような神奈川県の隣接する東京多摩地域にも店舗を展開していて、営業活動を活発に実施しています。

東日本銀行とともにコンコルディア・フィナンシャルグループを設立しました。このフィナンシャルグループですが、地銀グループの中では国内最大規模です。

横浜銀行の銀行コードは 0138

横浜銀行カードローンとの金利比較にどうぞ⇒ 1番安い低金利キャッシングのカードローンは?最新情報

 

クレジット機能つきカード

今でこそ、カードローンという言葉が浸透して、どこのどんな会社でも、カードで買い物をしたり、キャッシングをしたりして、それを分割で支払えば、全てをカードローンというようになりました。

カードといえば、昔は銀行のキャッシュカードしかなく、その後は信販会社のクレジットカードくらいのもので、お店のメンバーズカードなどもカードという名称がありましたが、実際のカードは、紙で出来た手書きのものが多かったように思います。今はありとあらゆるものがプラスチックの銀行のキャッシュカードのようなものになっています。

ガソリンスタンドやレンタルショップなどなど、信販会社と提携されていて、そのメンバーズカードやポイントカードで買い物をしたり、キャッシングができるようになっています。

もちろん、通常のメンバーズカードやポイントカードといった、どれだけの機能しか付いていないカードは即時発行され審査もありませんが、クレジット機能が付いているカードを申し込むと、必ずカードローン 審査をされますので、即時発行されません。

カードローン 審査が終わって、承認されれば、後日自宅にクレジット機能付きのカードが自宅に届けられます。それも、ポスティングして終わりの普通郵便ではなく、所在確認が出来る書留郵便で届けられます。それも一つ、最後のカードローン審査の一つなのだと思います。個々の情報を元に、カードローン 審査の結果が出て、個々に限度額等、カードに関することの条件が決められます。


cardloan-go03

アドセンス

スポンサーリンク

-銀行カードローン

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.