【マネラテ】カードポイントやギフトカードで節約とお得&お金を学ぶ

【マネラテ】カードポイントやギフトカードで節約とお得な生活&お金とローンや保険を学んでマネーリテラシー向上

カードポイントやギフトカードで節約とお得な生活 & お金とローンや保険を40歳から学ぶ【マネラテ】

307137

カードローンの申し込み方法

カードローンの申し込みには様々な方法があります。カードローンは銀行系のカードローンが多数存在しています。ですから銀行の窓口でもある店舗に直に入るのが一番間違いのない方法です。

しかしその時間帯は平日昼間の営業時間に限るといった場合、普通のサラリーマンでは店舗に行くのはまず無理といえるのです。そのようなことからインターネットとカードローンは密接に繋がっていくのです。

また、銀行でのフリーローンや住宅ローンなどの目的型の融資を受けたくて自分が勤めている会社から天引きする形もとっているのです。多少オープンにしたほうが返済のモチベーションも上がってきます。そこでカードローンの申し込み方法ですが、実際に店舗に足を運ぶ方法は前述した通りです。

それでは他の方法を見てみましょう。まず一つはインターネットの利用です。カードローンで借金をするのにはいろいろな人との関わり合いがでてきます。インターネットの利用はそのような人との関わりが苦手な人にはうってつけのものであるといえるのです。基本的には必要書類などは郵送するしかありませんし、インターネット通販などで紹介される商品をすぐに欲しい場合持ち合わせがなかったら他の人に任せるか、自分自身自腹を切ることもあるかもしれません。

他にも様々な方法があります。その一つ一つがインターネットなどで架空の人を装うことに向いているということがいえます。やはりここでも有力なのがインターネットをDISGUISEにならないように気をつけましょう。

限度額

インターネット銀行が開設されてすでに10年が経ちました。まさにインターネットの普及と歩調を合わせてきた感がありますが、ネット上での銀行ということでその実態の無さに不安を感じつつも着実に口座開設数を増やしていったのです。

それはネット通販の隆盛とも歩調を合わせてきたといえます。やろうと思えば家から一歩も出ずに日々の食料品から生活雑貨を手に入れることができますし、もちろん家電製品もネットで購入できます。もはや手に入らないものはないというくらい便利になってきたのですがその極めつけとして家にいながらにして借金までできてしまうのです。

それがカードローンということなのですが、これはクレジットカードに付属しているキャッシング枠と同じに考えている人もいると思いますがそれも外れているわけではありません。カードローンはクレジットカードのキャッシング枠の拡大版と思ってもらってもかまわないでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠は多くても50万円というものです。ゴールドカードになればキャッシング枠も増えるのですが概ね限度額は50万円と思ってもいいでしょう。

もちろんクレジットカードの中には審査の段階で決定され加入者の状況によってはキャッシング枠は10万円に設定される場合があります。もちろん中にはキャッシング枠ゼロという人もいるのです。カードローンの借金が50万円程度であればクレジットカードのキャッシング枠でも問題はありません。

月々の支払い

お金を借りたら返していかなくてはいけません。現在お金を借りる方法として最もメジャーになっているのがカードローンといえるでしょう。中にはサラ金のように思う人がいるかもしれませんし、実際はその影が濃厚ともいえます。いうなればリニューアルオープンといったところでしょうか。

その理由としては消費者金融会社として名を馳せていた会社は今では銀行の傘下に入っているからです。体質ももちろん変わりましたし,以前とはまったくの別物会社と思ってもいいでしょう。以前の消費者金融会社は厳しい取り立てが問題になっていました。

現在は法律などで規制されていますからそのような厳しい取り立てはありませんが借りたものは返さなくてはいけませんし、もし返さなければ社会的な制裁が待っています。そのような中でお金を借りたら毎月コツコツと返済していかなくてはいけないのです。多くのカードローンでは範囲が設定されていますが自分で返済金額を指定することができます。

月々の支払金額を多く設定すればそれだけ早く返済できますし、月々の返済をゆるくすればそれだけ完済に期間がかかってしまいます。期間がかかるとそれだけ金利を多く支払わなくてはいけませんので返済総額は上がってしまうのです。借金の返済は無理なく、というよりも借りる段階で返せる算段を考えていなければいけません。無計画に借りるのはかなりの危険といえます。最も計画性がないから借金を重ねてしまう人もいるのも事実なのです。

あるとき払い

カードローンのメリットの一つに返済の自由度の高さがあります。その最も大きな例として返済金額を柔軟に設定できる点でしょう。多くの場合月々の返済額は決まっているのが普通ですがカードローンの場合は月々の返済金額が変更できるのです。もっとも月々に払わなくてはいけない最低金額というのは決まっていますのでそれ以上の金額の返済ということになります。今月はお金がないから返済を少し待って欲しいということはできません。とはいっても延滞遅延金を支払うことで多少の猶予がありますが何ヶ月も返済を待ってもらうことはできないのです。これは借りたら返すという基本的な路線があるので間違いのないことなのですが、一方で返済金額を自由に変えることができるのはカードローンの大きな特徴でしょう。他のローンなどではこのような柔軟な返済はできません。するとすれば残債の一括返済や、ある程度まとまった金額を返済して月々の返済金額を再計算してもらう方法でしょう。どちらにしても手続きが煩雑になってしまいますが、カードローンの場合ですとインターネットの会員画面でこれができてしまうのです。これはかなり便利な機能ともいえますが、一方で返済金額を自由に設定できるほど余裕のある債務者は少ないともいえます。それでも活用したい便利な機能であることは間違いありませんし、少しでも早くカードローンを返済するという考えは正しく、とても尊重されるべきでしょう。

どんなときに借りたの?

多くの借金というのはその仕組みとして金額が多額になるほど金利は安くなります。住宅ローンを考えればそれは一目瞭然でしょう。金利が安いとはいえ借金の額が膨大であればあるほど返済額も大きくなっていきます。ですから多額の借金をカードローンでするのは考えものかもしれません。住宅ローンのように使途がはっきりしているものは別ですが使途が自由なカードローンで数百万円の借金は現実的ではないといえます。それではカードローンを利用するのはどのようなときでしょうか。一つは月々の生活費などの補填です。または遊行費や交際費の補填といえばいいでしょうか。遊ぶお金がなかったらガマンするのが鉄則ですが、ときにはつきあいも大切です。そのような時にお金が足りなかったら寂しい思いをしなくてはなりません。そうならないようにカードローンを利用するのは理がかなっているともいえるでしょう。交際費ですから一回の借り入れはいいところで3万円くらいあれば足りるでしょう。一番賢い借り方はその金額の総額が次の支払い日に全額返済できる額であるということです。それが借金地獄に陥らないコツだといえるのです。ですから無駄にお金を使うのではなく、必要最低限の金額を借りることをお勧めします。決して余裕資金をもたないことが大事です。人はお金があったら使いたくなる生きものです。ですから無駄にお金を持ち歩かない方がいいのです。そして欲しいものがあっても買わない勇気も必要ということですね。

カードローンのしくみ

カードローンと聞くとみなさんはどのようなことを連想しますでしょうか。多くの人は「しょせんサラ金と似たようなものだろう」と思うでしょう。それは当たらずとも遠からずといえます。しょせん借金というのは当たっています。しかし、現在は一昔前には社会問題になったような高利での借金は存在しません。あれば違法ですのですぐに通報しましょう。ですから金利の面では債務者は保護されていますし、債権者は過剰な取り立てをしてはいけないようになっているのです。低金利といっても年利で最高14.5%となっていますからそれほど低金利とは言えないでもありません。このあたりは数字のマジックも隠されているので追々説明していきます。いずれにしてもカードローンはサラ金とは違います。だからといって借金には変わりはありませんから返済していかなくてはいけません。サラ金の時代よりも進化したところとしては使途が自由であることお金の出し入れが限度額の範囲で自由であること。リボルビング払いができることなどがあげられます。限度額の範囲で出し入れが自由なのは使い勝手の面ではともて重宝することではないでしょうか。使いすぎても月々支払額が一定のリボルビング払いがあります。このリボルビング払いは便利な反面デメリットも報告されていて功罪のあるしくみなので注意が必要です。いずれにしてもカードローンは便利な反面その仕組みをよく理解して上手に利用しなくてはいけません。

公開日:
最終更新日:2016/08/04