【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

銀行カードローン

東日本銀行カードローン限度額の増額・増枠が通らない/本審査落ちた

更新日:

東日本銀行カードローンの商品紹介と限度額枠の増額情報

ネット専用の東日本銀行カードローンのお江戸日本橋カードローン

東日本銀行カードローンとして、お江戸日本橋カードローンがありますが、手軽に申し込みできるところが魅力です。

インターネット専用のカードローンになるのでWEBで手続きを進められます。来店する必要はないですし、ネット申込みですから24時間・年中無休でいつでも自分のタイミングで申し込みできます。

10万円から500万円までの限度額になっていて、給料日までお金が少し足りないので借入するとか、大口の融資など幅広く対応できます。金利に関しては、2.9%と7.0%、9.8%、14.5%の4つのコースが用意されています。どの金利が適用されるかについては、審査の結果次第です。


cardloan-go01

cardloan-go02

↓↓↓

1番安い低金利キャッシングのカードローンは? 2017年最新一覧表


申し込み条件ですが、20~69歳の方で定期的な収入のある人が対象です。自分に所得がなくても、配偶者に安定的な収入のある専業主婦も申し込み可能です。お江戸日本橋支店のネット口座以外で東日本銀行における融資取引のないことも条件ですから、該当する人は注意しましょう。

借り入れと返済に関しては、ATMを使った取引です。500万円までの限度額設定ができますが、一度に借り入れできるのは200万円までですので、200万円を超える限度額設定の方は注意が必要です。

月々10日に約定返済となり、借入残高に応じて返済額が決まります。50万円までの借り入れであれば、月々1万円返済すれば問題ありません。約定返済は、口座からの引き落としです。随時返済も可能でATMを使って返済します。東日本銀行以外にも、コンビニATMを使って返済手続きができます。

 

限度額枠の増額の2つの方法

限度額枠の増額をする方法は大きく2種類あります。まず治療費や旅行をすることになったなどで一時的に借入額が大きくなったときです。この場合、よほど借入れに問題でもない限り、一時的な増額には対応してもらえるでしょう。

ただしレギュラーの限度額枠の増額のためには、信用力をつける必要があります。カードローンを何度も利用して、延滞のないように正常な返済を心がけることが求められます。

銀行員が明かす増額・増枠の審査の実態↓

銀行員が明かす、カードローンの限度額を上げる方法!
増額・増枠申請して通る人と落ちる人の違いは?


■増額/利下げ案内

・事前にローン会社が審査してから連絡する場合

「当行では定期的に再審査を行っております。 今回こちらで○○様のご契約についてお見直ししたところ、 ○万円/○%に契約を変更することが可能という結果が出たので ご連絡致しました。 もし○○様にご了承いただけるようなら、こちらの内容ですぐに 契約変更しますが、いかがでしょうか?」

・顧客に連絡してから希望を聞いて審査する場合

「現在は○万円/○%でご契約いただいておりますが、 限度額や利率をお見直しする再審査もいつでも可能です。 ○○様の場合、今回は再審査によって契約変更できる可能性が高いので ご連絡させていただきました。 もしご希望があれば当行で審査を致しますが、いかがでしょうか?」 どちらの場合も、顧客の了承がない限り契約変更はできません。 業者側が勝手に「増額しておきました」「利下げしておきました」というのは おそらく無いと思います。 こういった業者側からの電話営業だけでなく、 顧客側からも増額希望の電話がじゃんじゃんかかってきます。 希望があればその都度審査をして、後で結果を連絡するという形です。

■追加利用案内

・他社借入分のまとめを勧める場合

「もし他の金融機関でお借り入れがあるようでしたら、 利率によっては当行に一本化したほうがご負担が軽くなるかもしれません。 他社様の限度額や利率、利用額など教えていただければ、 是非ご相談に乗りたいと思うのですが、ご検討いかがでしょうか?」

・追加利用の特典があるキャンペーンなどを行っている場合

「現在、期間限定で、○万円以上のお借り入れで利息をキャッシュバックする というキャンペーンを行っております。 もし近々ご利用予定があるようでしたら、この機会にいかがでしょうか?」
引用元:http://fundbank.jp/bank-loan/3038.html


楽天カードの増額・増枠申請の方法と一時増額の審査通過の体験談

 

中小企業への融資に定評のある東日本銀行

東日本銀行は今では東京に本店のある第二地方銀行ですが、最初は1924年に茨城県水戸市に設立された常磐無尽株式会社がルーツです。その後常磐相互銀行に名前を改め、1953年に東京に本店を移します。

1989年に普通銀行に転換したのを機に、現在の東日本銀行と名前を改めました。東京の地方銀行ではあるものの、営業範囲は群馬県以外の関東地方すべてをカバーしています。

地銀の中で預貸率が8割と屈指の高さを誇ります。メガバンクや地方銀行がカバーしきれない中小企業への取引に強みのある金融機関として知られています。

横浜銀行との間で、金融持株会社を作り、金融持株会社をきっかけにして、横浜銀行との経営統合を目指しているとされます。すでに両社のATM手数料の平日無料など、交流も進められています。

東日本銀行の銀行コードは 0525

東日本銀行カードローンとの金利比較にどうぞ⇒ 1番安い低金利キャッシングのカードローンは?最新情報

 

銀行ローンの基礎知識

カードローンと一口にいっても種類があります。たとえば消費者金融や信販会社、そして銀行です。ここでは最後の銀行ローンの基礎知識を説明します。まず覚えておくべき銀行ローンの基礎知識のとして、その特徴について知っておきましょう。

一般的にいわれる銀行ローンの特徴というと、金利が安い、限度額が高い、審査が厳しいという三点です。金融会社や信販会社のカードローンと比べると銀行ローンは金利が安いために返済もいくらか楽ですし、限度額が高いために大口のローンに利用がしやすいです。そういったメリットが大きい分、どうしても審査は厳しくなりますし時間もかかります。ご自身の信用情報にあまり自信がない方や、すぐにでもローンの利用がしたいと考えている方にはあまり向いていないカードローンともいえます。

そして次に覚えておきたい銀行ローンの基礎知識としては、直接銀行と契約はしない場合があるというものです。これは銀行ローンというより銀行系ローンの場合ですが、銀行系といだけあって子会社や同グループの消費者金融がサービスしているものもあるのです。

もちろんそれでも一般的な消費者金融のローンと比べれば金利は安いですが、それでも直接銀行が提供しているサービスよりも高くなりますし、安心性とい面でもいささか不安に感じる方もいるでしょうから、実際にどこが提供しているサービスなのかはきちんと調べましょう。こういった銀行ローンの基礎知識をおさえておけば、ローン選びの際に参考になります。


cardloan-go03

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-銀行カードローン

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.