マネラテは、仕事と資金繰りと生活を同時に考える必要がある自営業のお金にまつわるブログです。生活費の実態や節約 節税、自営業の資産構築方法&生き残る仕事を戦略的に考察することも。

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など

銀行カードローン

栃木銀行カードローン限度額の増額・増枠が通らない/本審査落ちた

更新日:

栃木銀行カードローンの特色、限度額枠の増額のためにすべきこと

栃木銀行カードローン・とちぎんスマートネクストはいつでも申し込み可能

栃木銀行カードローンのとちぎんスマートネクストは、500万円までの融資の可能なカードローンです。モバイルを含めたインターネットによる申し込みに対応していますから、24時間・年中無休で対応が可能です。

銀行カードローンというと審査に時間がかかり、緊急の融資には不向きと思っている人もいるでしょう。しかしとちぎんスマートネクストは、最短申し込んだ当日に審査結果を回答するスピーディさを売りにしています。急な出費のときにも利用できます。

申し込みから融資を受けるまで、来店する必要は一切ありません。契約はこの場合、郵便物でのやり取りですが、栃木銀行の窓口に赴き、契約手続きすることも可能です。


cardloan-go01

cardloan-go02

↓↓↓

1番安い低金利キャッシングのカードローンは? 2017年最新一覧表


とちぎんスマートネクストの金利ですが、限度額によって変わってきます。70万円までは14.8%、200万円までは9.9%、300万円までは6.0%、400万円で5.0%、500万円だと4.0%です。契約をした時点で20~65歳の人で安定的・継続的な収入のある方が融資対象です。

とちぎんスマートネクストには、自動融資機能がついています。公共料金やクレジットカードの支払いを栃木銀行の口座振替にしている人で残高が不足した場合、自動的に不足分を融資するサービスです。うっかり支払い滞納する事態を回避できます。

 

限度額枠の増額のために返済忘れに注意

限度額枠の増額をするためには、実績を積み重ねることが、何よりも重要です。信用による融資がカードローンですから、借り入れても期日通りに返済してくれる、このように銀行に思ってもらわないと増額にはなかなか対応してもらえません。

そこで一回お金に困ってカードローンを利用したらそれでおしまいにするのではなく、こまめに借り入れをすることが大事です。なおかつ滞納することなく返済を適切に行うことも重要です。うっかりミスでも一度滞納があると、増額の相談になかなか乗ってもらえなくなります。

銀行員が明かす増額・増枠の審査の実態↓

銀行員が明かす、カードローンの限度額を上げる方法!
増額・増枠申請して通る人と落ちる人の違いは?


■増額/利下げ案内

・事前にローン会社が審査してから連絡する場合

「当行では定期的に再審査を行っております。 今回こちらで○○様のご契約についてお見直ししたところ、 ○万円/○%に契約を変更することが可能という結果が出たので ご連絡致しました。 もし○○様にご了承いただけるようなら、こちらの内容ですぐに 契約変更しますが、いかがでしょうか?」

・顧客に連絡してから希望を聞いて審査する場合

「現在は○万円/○%でご契約いただいておりますが、 限度額や利率をお見直しする再審査もいつでも可能です。 ○○様の場合、今回は再審査によって契約変更できる可能性が高いので ご連絡させていただきました。 もしご希望があれば当行で審査を致しますが、いかがでしょうか?」 どちらの場合も、顧客の了承がない限り契約変更はできません。 業者側が勝手に「増額しておきました」「利下げしておきました」というのは おそらく無いと思います。 こういった業者側からの電話営業だけでなく、 顧客側からも増額希望の電話がじゃんじゃんかかってきます。 希望があればその都度審査をして、後で結果を連絡するという形です。

■追加利用案内

・他社借入分のまとめを勧める場合

「もし他の金融機関でお借り入れがあるようでしたら、 利率によっては当行に一本化したほうがご負担が軽くなるかもしれません。 他社様の限度額や利率、利用額など教えていただければ、 是非ご相談に乗りたいと思うのですが、ご検討いかがでしょうか?」

・追加利用の特典があるキャンペーンなどを行っている場合

「現在、期間限定で、○万円以上のお借り入れで利息をキャッシュバックする というキャンペーンを行っております。 もし近々ご利用予定があるようでしたら、この機会にいかがでしょうか?」
引用元:http://fundbank.jp/bank-loan/3038.html


楽天カードの増額・増枠申請の方法と一時増額の審査通過の体験談

 

リテール取引に強みのある栃木銀行

栃木銀行が1942年に設立された栃木無尽株式会社がルーツの第二地方銀行です。1952年に栃木相互銀行、1989年に栃木銀行に名称変更しています。

本店は宇都宮市にあって、栃木県内を中心に営業活動している地域密着型の金融機関といえます。第二地方銀行の特徴を生かし、大手銀行のカバーが十分でない中小企業や個人に対するリテール取引に強みを持っています。

自動機ベンダーやリテールサービスに関しては、かつてのUFJ銀行のものを取り入れていて密接な関係にあるとされます。しかし経営面に関しては、特定の金融機関と付き合うのではなく自主経営を基本としています。

各種金融商品を取り扱っていますが、教育資金贈与専用口座や結婚・子育て資金贈与専用口座のような、特定の用途で利用できる銀行口座が開設できるようにしています。お客さんの多様なニーズにマッチするサービス提供に努めている金融機関です。

栃木銀行の銀行コードは 0517

栃木銀行カードローンとの金利比較にどうぞ⇒ 1番安い低金利キャッシングのカードローンは?最新情報

 

銀行ローンの基礎知識は必要です

銀行ローンの基礎知識は必要です。銀行からお金を借りるときは、目的が必要です。それは住宅ローンであったり、カーローンや教育ローンなど、担保のないものは、目的が必要となります。これも銀行ローンの基礎知識として、知っておくことをお勧めします。

銀行ローンでは申し込むと審査を受けます。銀行の場合は借り入れをす時には、保証会社の審査を受けて、ほとんどが保証会社の保証のもとで、借り入れをするこ戸になります。保証会社の審査が通ると、銀行の独自の審査にはほとんど通りますし、ほとんどの場合はローンを組むことが出来ます。保証会社の審査は、信用情報機関を利用しますので、信販会社や銀行の借り入れがある場合や、返済の遅れがるなどの情報は、審査に含まれるので通りにくくなります。

これらも銀行ローンの基礎知識として、覚えておくと便利です。銀行の目的ローンの他には、不動産などの担保を利用した、ローンがあります。これは項目的には、目的は必要ですが、審査の対象には目的は必要なくなります。あくまでも不動産の担保の価値を査定して、限度額は不動産担保の価値として試算された額までは、不動産担保ローンとして貸してくれます。不動産担保ローンの場合は、保証会社は付けずに銀行独自の審査になります。

しかしこの場合も信用情報機関の情報を元に、審査はしますので、覚えておくと便利です。つまり銀行は最低限で、銀行側では最悪の場合、不動産屋保証会社の保証で、負債は無くなるということです。これが銀行の貸付のシステムです。


cardloan-go03

アドセンス

スポンサーリンク

-銀行カードローン

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.