マネラテは、仕事と資金繰りと生活を同時に考える必要がある自営業のお金にまつわるブログです。生活費の実態や節約 節税、自営業の資産構築方法&生き残る仕事を戦略的に考察することも。

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など

銀行カードローン

鹿児島銀行カードローン限度額の増額・増枠が通らない/本審査落ちた

更新日:

利用限度額枠の増額は?鹿児島銀行カードローンの特徴を紹介

鹿児島銀行カードローン・かぎんカードローン

鹿児島銀行カードローンのかぎんカードローンは500万円までの融資に対応した商品で、金利は4.5~14.5%に設定されています。20~65歳の方を対象にして、安定・継続的な収入の得られている人が融資の対象になります。

かぎんカードローンは残高スライド返済方式といって、月々の返済額は残高に応じて決められます。10万円以下の残高であれば、2000円月々返済すればよく、ゆとりのある返済が可能です。返済日に関しては、毎月6日と16日、26日のいずれかで皆さんが自由に選択できます。

給料日の直後に返済期日が来るようにすれば、確実に返済できるのではありませんか?


cardloan-go01

cardloan-go02

↓↓↓

1番安い低金利キャッシングのカードローンは? 2017年最新一覧表


鹿児島銀行カードローンの中には、かぎんカードローンSと呼ばれる商品もあります。こちらはまとまったお金を融資してほしい人向けのカードローンとなります。1000万円までの融資に対応しているカードローンで、金融機関の商品でなかなか見られない大金の融資も可能です。

金利は3.9~14.5%のいずれかが審査結果によって設定されます。仮審査の申し込みに関しては、インターネットを使って行え、パソコンの他にもスマホで手続きできます。熊本銀行のATM以外でも、ゆうちょ銀行のATMを使って取引が可能です。

 

限度額枠の増額する方法

鹿児島銀行カードローンは、10万円単位で融資額を決める方式をとっています。ですから、半年以上カードローンの利用実績があって、延滞の記録もない優良顧客であれば、増額に対応してもらえる可能性があります。増額を交渉するときに大事なのは、10万円単位に段階的な増枠を希望することです。

10万円増額したら半年間カードローンを利用して、10万円増枠の申し込みをする、そしてまた半年間利用してといった感じで繰り返して、徐々に限度枠を増やしましょう。

銀行員が明かす増額・増枠の審査の実態↓

銀行員が明かす、カードローンの限度額を上げる方法!
増額・増枠申請して通る人と落ちる人の違いは?


■増額/利下げ案内

・事前にローン会社が審査してから連絡する場合

「当行では定期的に再審査を行っております。 今回こちらで○○様のご契約についてお見直ししたところ、 ○万円/○%に契約を変更することが可能という結果が出たので ご連絡致しました。 もし○○様にご了承いただけるようなら、こちらの内容ですぐに 契約変更しますが、いかがでしょうか?」

・顧客に連絡してから希望を聞いて審査する場合

「現在は○万円/○%でご契約いただいておりますが、 限度額や利率をお見直しする再審査もいつでも可能です。 ○○様の場合、今回は再審査によって契約変更できる可能性が高いので ご連絡させていただきました。 もしご希望があれば当行で審査を致しますが、いかがでしょうか?」 どちらの場合も、顧客の了承がない限り契約変更はできません。 業者側が勝手に「増額しておきました」「利下げしておきました」というのは おそらく無いと思います。 こういった業者側からの電話営業だけでなく、 顧客側からも増額希望の電話がじゃんじゃんかかってきます。 希望があればその都度審査をして、後で結果を連絡するという形です。

■追加利用案内

・他社借入分のまとめを勧める場合

「もし他の金融機関でお借り入れがあるようでしたら、 利率によっては当行に一本化したほうがご負担が軽くなるかもしれません。 他社様の限度額や利率、利用額など教えていただければ、 是非ご相談に乗りたいと思うのですが、ご検討いかがでしょうか?」

・追加利用の特典があるキャンペーンなどを行っている場合

「現在、期間限定で、○万円以上のお借り入れで利息をキャッシュバックする というキャンペーンを行っております。 もし近々ご利用予定があるようでしたら、この機会にいかがでしょうか?」
引用元:http://fundbank.jp/bank-loan/3038.html


楽天カードの増額・増枠申請の方法と一時増額の審査通過の体験談

 

鹿児島銀行の概要紹介

鹿児島銀行は1879年に設立された、第百四十七国立銀行を前身とした地方銀行になります。1952年に現在の鹿児島銀行に名称を改め、鹿児島市に本店を構えています。

鹿児島県を代表する金融機関で、鹿児島県並びに鹿児島市の指定金融機関となっています。東証一部上場を果たしていて、鹿児島県の企業2つの上場企業の一角を担っています。

現在熊本県の地方銀行である肥後銀行との経営統合の話が進んでいて、具体的な動きもいろいろと見られます。例えば九州フィナンシャルグループという両社の共同持株会社を設立し、肥後銀行も鹿児島銀行もその傘下に入っています。

その他にも肥後・鹿児島地域活性化ファンドという共同ファンドを立ち上げていて、地元企業の支援を10億円の規模で実施する動きも見られます。鹿児島県を代表する金融機関ということで、鹿児島県内を営業エリアの主力としています。

しかし最近では観光や建設をはじめとして沖縄県の経済が好調ということで、沖縄にも支店を出し、事業展開を図っています。

鹿児島銀行の銀行コードは 0185

鹿児島銀行カードローンとの金利比較にどうぞ⇒ 1番安い低金利キャッシングのカードローンは?最新情報

 

銀行ローンの必要性を考えよう

皆さんは大きな買物をされる際にお金をどの様に用意されますでしょうか。現金による支払いに対してこだわりをもたれている方も中には見えると思いますが、現金で支払うまで待てるような商品でしたら良いのですが、例えばマイホームの購入の場合ですと、お金が貯まるまで待っていましたら購入できるのは定年してからとなってしまう事でしょう。

それではあまり意味がありませんので出来るなら子供が生まれた際であるとか、成長して部屋が欲しくなった際などがきっかけになると思います。ですので購入するタイミングはとても大切なのです。そして多くの方は頭金としてのお金を貯めておいて、残りについてはローンを組んで対応をしてゆきます。

この際には民間の機関や公共機関でお金を借りる事が可能なのですが、借りる事が可能な金額であるとか利息の高いとか低いなど様々な要件を比較検討してベストな所から借りる事が大切です。公的機関の場合ですと審査が厳しくて適用して頂けない場合も有りますので民間の会社の中で有利な利率を適用してくれる会社を選ぶ事となります。

この中においては銀行ローンの必要性が大きなウエイトを占めてきます。銀行の業務としては企業や民間の方にお金を貸し出して、そこから利息を上乗せして返却してもらう事により利益を出す業務を行っています。銀行ローンの必要性としては企業や民間の方が困った時にこそ利用してもらう事が大切です。皆さんも一度銀行ローンの必要性について考えてみて下さい。


cardloan-go03

アドセンス

スポンサーリンク

-銀行カードローン

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.