マネラテは、仕事と資金繰りと生活を同時に考える必要がある自営業のお金にまつわるブログです。生活費の実態や節約 節税、自営業の資産構築方法&生き残る仕事を戦略的に考察することも。

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など

銀行カードローン

トマト銀行カードローン限度額の増額・増枠が通らない/本審査落ちた

更新日:

トマト銀行カードローンの商品内容・借入限度額枠の増額情報

5種類あるトマト銀行カードローン

トマト銀行カードローンの中でも主力商品であるQ-Liは「キューリ」と読みます。Q-Liは10万円から最高で1000万円までの融資に対応しています。メガバンク含め銀行カードローンでこれだけのまとまった額の融資に対応している商品はなかなかありません。

300万円までの借入希望額であれば、収入証明書を提出する必要がありません。申し込みが早ければ、即日契約し、その日のうちに振込みにも対応しています。急な出費でも安心です。


cardloan-go01

cardloan-go02

↓↓↓

1番安い低金利キャッシングのカードローンは? 2017年最新一覧表


トマト・カードローンMAXもQ-Liと比較すると大型融資には対応していませんが、それでも最高500万円までの貸し出しが可能です。

トマト・はなまるポケットカードローン300は、最高300万円までの融資に対応していて、WEB以外にも電話での申し込みができます。パートや配偶者に安定した収入のある専業主婦の方でも利用できるカードローンになります。

トマト・カードローン「スピード王」は、申し込みが早ければ、即日融資も可能なカードローンです。インターネット以外にもファックスでも24時間好きな時に申し込みできる手軽さが人気です。

トマト・サンクスカードローンは、トマト銀行の口座を給与振込口座にしている、トマト銀行の住宅ローンを利用している人のためのカードローンです。最高300万円までの融資ができます。

30万円もしくは50万円と限度額は低くなりますが、パートやアルバイトの方でも申し込みができます。金利は一律7.8%となっています。

トマト銀行の住宅ローンを利用していて、しかも給与振り込み用の口座を持っている人は、パソコンもしくはスマホから申し込みすることをおすすめします。というのもそうすれば優遇金利が適用され、さらに1%低い6.8%で借り入れができるからです。

 

限度額枠の増額をするために

トマト銀行カードローンの中には、限度額枠の増額に対応可能な商品もあります。ただし黙っていて増額されませんので、電話などでまずは増額の相談をしましょう。

交渉ごとで重要なのは、相手に不快な気持ちを抱かせないことです。丁寧な口調で、ビジネスマナーに則った対応をして、心証をよくしましょう。

銀行員が明かす増額・増枠の審査の実態↓

銀行員が明かす、カードローンの限度額を上げる方法!
増額・増枠申請して通る人と落ちる人の違いは?


■増額/利下げ案内

・事前にローン会社が審査してから連絡する場合

「当行では定期的に再審査を行っております。 今回こちらで○○様のご契約についてお見直ししたところ、 ○万円/○%に契約を変更することが可能という結果が出たので ご連絡致しました。 もし○○様にご了承いただけるようなら、こちらの内容ですぐに 契約変更しますが、いかがでしょうか?」

・顧客に連絡してから希望を聞いて審査する場合

「現在は○万円/○%でご契約いただいておりますが、 限度額や利率をお見直しする再審査もいつでも可能です。 ○○様の場合、今回は再審査によって契約変更できる可能性が高いので ご連絡させていただきました。 もしご希望があれば当行で審査を致しますが、いかがでしょうか?」 どちらの場合も、顧客の了承がない限り契約変更はできません。 業者側が勝手に「増額しておきました」「利下げしておきました」というのは おそらく無いと思います。 こういった業者側からの電話営業だけでなく、 顧客側からも増額希望の電話がじゃんじゃんかかってきます。 希望があればその都度審査をして、後で結果を連絡するという形です。

■追加利用案内

・他社借入分のまとめを勧める場合

「もし他の金融機関でお借り入れがあるようでしたら、 利率によっては当行に一本化したほうがご負担が軽くなるかもしれません。 他社様の限度額や利率、利用額など教えていただければ、 是非ご相談に乗りたいと思うのですが、ご検討いかがでしょうか?」

・追加利用の特典があるキャンペーンなどを行っている場合

「現在、期間限定で、○万円以上のお借り入れで利息をキャッシュバックする というキャンペーンを行っております。 もし近々ご利用予定があるようでしたら、この機会にいかがでしょうか?」
引用元:http://fundbank.jp/bank-loan/3038.html


楽天カードの増額・増枠申請の方法と一時増額の審査通過の体験談

 

トマト銀行の基礎知識

岡山市に本拠を置くトマト銀行は、もともと1931年に設立された倉敷無人がベースになっています。

1989年に当時名乗っていた山陽相互銀行から普通銀行に転換する際に、トマト銀行になりました。世界中で親しみのある庶民的で広く普及しているトマトこそが、自分たちの目指す営業スタイルそのものということで名づけられました。

ちなみにトマト銀行という名称は当時たいへんユニークで、岡山県民だけでなく、日本中で話題になりました。当時流行語大賞の候補に選ばれたほどです。またトマトつながりということで、カゴメが新規口座開設をしたことでも話題になりました。

岡山県では中国銀行に次ぐ地元の銀行として、広く認知されています。

トマト銀行の銀行コードは 0566

トマト銀行カードローンとの金利比較にどうぞ⇒ 1番安い低金利キャッシングのカードローンは?最新情報

一般家庭における銀行ローンの必要性

一般家庭では、時には資金が必要になることがあります。そのような場合には、目的に合わせて銀行ローンを活用するのが一般的であり、住宅購入やマイカー購入などでも役立っているのです。

特に一般家庭における銀行ローンの必要性の中で、最も重要なものが住宅ローンだと思います。マイホーム購入の場合には、自己資金だけで購入できる人はあまり多くないために、銀行ローンの必要性を最も実感できる分野だと言えるのです。特に銀行の住宅ローン商品は低金利であるために、マイホームを購入したときにも月々の返済が非常に楽である点が特徴的です。

また低金利で20年や30年と言った長期間の融資が可能であるのも、銀行の住宅ローンの特徴です。このように銀行ローンの必要性は、個人の場合には大きな金額であると同時に、長期間の融資の場合に非常に実感することが出来るのです。しかし一方で比較的短期間であったり、小さな金額の場合でも銀行ローンの必要性が実感できる部分があり、その中にはカードローンもあるのです。

カードローンの場合には1万円程度から借りることが出来たり、審査もスピーディーであるので、とても便利な点が特徴的です。そのためにちょっとしたお金の支払いに困ったり、旅行や家具の購入などでお金が必要になったときの利用が便利なのです。また返済も翌月に行ったり、引き落としで12回払いにするなど、様々な返済方法が利用できる便利さも、とても魅力的なのです。


cardloan-go03

アドセンス

スポンサーリンク

-銀行カードローン

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費 住宅ローン 低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.