【マネラテ】ギフトカードやポイントでお得&保険見直しと低金利ローン借換で節約する自営業ブログ

【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ

カードやローンの審査や金利の知識

カードローンでお金を借りる申込み、返済、利息計算方法など

投稿日:2014年11月30日 更新日:

カードローンとは

人間が生活を営む上で、お金とは切っても切れない関係です。また生活をしていく上で時には、まとまったお金が必要な場合もあります。貯金を蓄えているならばいいのですが、なかなか貯金が出来ない人もなかにはいます。そのような場合に賢く利用すると便利なのがキャッシングやカードローンです。カードローンを今まで利用されたことが無い方でしたらどこでもお金を借りるなら一緒と思いがちですが融資は同じではありません。信販系・銀行系どこの業態でもいえることですが、優良条件として上げられるのが大手の会社です。ここ最近の風潮ではコンプライアンスの浸透されていることもありサービスが非常に充実している会社が多いです。銀行系では低金利ですが、審査時間が長く、審査も厳しいです。必要書類がきちんと整っているならば案外スムーズに融資ができたりもします。またカードローンというと消費者金融とのイメージを持たれやすいですが、信販系・銀行系もカードローンサービスを行っています。最近では大手の消費者金融でも安心して利用できるようになっています。また消費者金融の場合、融資までの時間が早くスビーディにお金を借りやすい仕組みにもなっています。
今までカードローンをされたことが無い人が、初めてカードローンをお考えでしたらやはり銀行系やクレジットカード系のカードを利用するのが一番安心かもしれません。銀行系のカードローンは、利率や借入限度額でも非常に良く多くの方が利用されている点も非常に安心できます。カードを持つなら、銀行系カードを1枚と信販系カード1枚を持たれていると便利です。

業種別の長所と短所

カードローンをする業種によって長所もいろいろありますので、業種別に長所を把握してどの業種が一番自分に合っているか確認をしてみてください。まずは銀 行系ですが、審査に関しては非常に厳しい面がありますので注意しましょう。しかし他の業種と比べても長所がたくさんあるのが銀行系です。消費者金融と比べ ても金利に関してはまず大変安いということです。お金を借りるうえで金利が安いというのは非常にメリットがあると言えます。同じ金額を借りたとしても最終 的に支払う額に金利の差で大幅に差がでてきます。そのほかにもやはり銀行のイメージで大変安心感もあります。次に信販系ですが、こちらは他の業種と比べて も使い勝手が非常に良いです。クレジットカードの限度額内でしたら何度でもカードローンが可能です。入出金でもコンビニのATMからでも可能です。また最 近では手続き等もインターネット上からでも行うことが可能です。次に消費者金融ですが、こちらは審査スピードが非常に速いことが特徴です。すぐにでも利用 できるので利用する人のニーズにも的確に対応してくれます。また返済方法に関しても分割払いのリボルビング方式の日割り計算です。また余裕がある時はいつ でも返済が可能ですので利用日数分でしか利息を払わなくて済みます。また今まで非常に高かった金利も法の改正に伴って29.2%に引き下げられています。 これは銀行系や信販系のカードローンとの差が無くなってきています。次にIT系ですが、カード不要のローンサービスが特徴です。この仕組みによって経費を 抑えることができ金利を低くすることを実現させました。金利が低いということは利用者側からしてみても非常にメリットがあることです。

申し込みの流れ

カードローンを手短に利用するためにも申し込みから契約の流れがどのようになるのか知識として入れておくことは非常によいことです。流れを抑えることでど こかで詰まることもなくカードローンが可能にすることができます。もし流れを抑えていなければ、カードローンしたのはいいけれどお金が必要な時にまだ契約 をできずにいて非常に困ったことにもなりかねません。そしてお金が必要なのにない状態に陥り金利の高い業種からお金を借りて後でに莫大な借金になってし まった場合もかんがえられますので、ここではしっかりとした申し込みのながれを抑えて計画的なカードローンをしてください。
まず最初にどの商品を選ぶかです。金融機関や商品によって金利やお金を借りることができるまでの期間を選びます。ここでしっかりと自分に合った商品を選ん でください。次にお申込みです。サイトの申し込みフォームから必要事項を入力いたします。またこの後は業種によって変わってきますがおおむね確認のメー ル・電話が申込者に入ります。次に
審査ですが、信用情報を元に融資可否や限度額等を決めるのが審査です。業種により様々ですが早いもので数十秒から30分程度です。次に審査結果ですが、こ ちらは審査終了になると申込者の電子メールか電話により結果の連絡が入ります。電話連絡の場合は、本人確認ができるまでは個人名での連絡になりますので他 人にばれる心配はありません。次に振り込みです。即日振込可能商品でしたら即日振込してもらえます。こちらは事前に確認してください。次に必要書類を送付 して、契約完了となります。

カードローン利用方法

カードローンするには、まず申し込みが必要です。申し込みは業種によって若干の違いはありますが、おおむねの流れは同じです。申し込みをして審査をして融 資の流れです。申し込み方法に多様な方法で現在はあります。電話・来店・インターネット・CD/ATMの様々な方法があります。インターネットが普及して いる現在はインターネットを使った申し込みを増えている傾向にあります。来店にて申し込みも事前にインターネットでの申し込みをした後ですと非常にスムー ズに審査もできます。またカードローンの際に情報として提供すべきことは、連絡先や仕事内容や住まいや家族構成や他社の利用状況や希望額があげられます。 このような情報を申し込みに伝えてから審査が行われます。審査の基準は申し込んだ業態によっても違います。業者側も審査をして利用者にいくらまでならお金 を貸しても大丈夫なのか判断が必要なのです。これは業者によって審査基準も様々なので例えば1社に断られたから他も全部断られるかというと他では融資を受 けられる場合もあります。審査の内容として信頼が上がるのが、独身よりも既婚者・賃貸よりも持家・無職やフリーターよりも正社員・勤続年数が短いよりも長 いといったほうが信頼度もあがります。また他社での利用があるよりもないほうが信頼度があがります。このような審査内容で業者側は融資の決定をおこなった り、限度額を決定しているのです。このような事を頭の片隅にでも入れときカードローンするとよいでしょう。

カードローン返済方法

カードローンをしたら当たり前のことですが、お金を返さなければいけません。返済方法は、業種によって違いがあります。支払日に関しては、35日周期もし くは毎月1回を契約時に確定いたします。また何日に返済するかとかも毎月1回の場合は契約時に決定いたします。業種によって様々ですが自分で日にちを確定 させることもできる場合もあったりもします。決まった日程の中で選択する場合もあります。返済方法は次のもので返済が可能です。店頭窓口や現金書留や銀行 振り込みや無人契約機やコンビニATMや銀行ATM等がかのうです。また業種によってコンビニ払いや銀行引き落としでもできる場合がありますので自分の借 りる業種がどのような返済方法が可能なのか調べてみることは大切な事です。返済を忘れて返済が滞りやすい人には銀行口座自動引き落としが非常に便利だと思 われます。人によりそれぞれなので自分に合った返済方法を選んでください。普通は、返済日までに決められた金額を決められた日に返します。余裕がある場 合、決められた金額より多めに返済することも可能です。また全額返済でも可能です。言うなれば決められた返済額は最低支払額ということになります。早く返 せばその分利息は少なくて済むはずです。やはり早く返せるならば早く返すほうが得策です。また業種によって10日以内なら無利息でカードローンができる サービスもあります。短期間でのカードローンをお考えならこのようなサービスを利用するのもいいでしょう。

利息計算方法

カードローンをする際には、是非知識として抑えておくべきことがあります。それは、金利についてです。仮に年利18%の業者から10万円のカードローンを すると1年間まったく返済しなかった場合に利息は10万円×0.18=1万8千円になります。普通1年間まったく返済するということはありませんので、日 割計算をします。そこで仮に10万円を7日間借りた場合の利息としては、10万円×0.18÷365日×7日=345円の計算になります。これが1週間後 に全額を返済する場合は元金は10万円です。そして利息は345円になってしまい、合計10万345円の返済ということになります。そして全額を1か月後 に返済する場合には10万円×0.18÷365日×30日=1479円の計算になります。10万円が元金です。そして利息1479円です。合計の返済金額 は合計で10万1479円の計算となります。またこれを10回払いで返済とのことになると利息1479円と1万円になりますので1万1479円が1回に返 済する金額ということになります。そして元金が次の返済時には9万円に減っていますので利息は9万円×0.18÷365日×30日=1331円の計算とな ります。このように月の支払いは元金が徐々に減っていきますので同様に利息も徐々に減っていくことになります。また日割り計算となると計算が面倒です。こ のような場合は1年分の利息を12か月で割って月利計算だとシンプルで把握しやすくなります。借金残高×年利÷12か月=1か月の利息という計算が一番シ ンプルに把握しやすい計算方法です。

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-カードやローンの審査や金利の知識

Copyright© 【マネラテ】お得カードと保険見直し&低金利ローンで節約のブログ , 2017 AllRights Reserved.