【マネラテ】自営業のお金ブログ!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など

【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など

カードローンの審査や金利の知識

カードローンでお金を借りる審査、属性スコアリング、在籍確認

更新日:

属性スコアリング

属性スコアリングとは、審査基準となる申込者の属性を点数化することを言います。その点数に応じて融資額や審査の可否を決定いたします。まずは勤務先として評価がいい順に上げると、公務員・大手企業・中小企業・自営業・アルバイト・無職の順になります。次に健康保険証の種類として評価がいい順に並べると共済保険(公務員)・組合保険(大手企業)・社会保険・国民健康保険(自営業・アルバイト)の順になります。年収ベースで言えば400万円以上・200万円~400万円未満・200万円未満の順になります。次に勤続年数で言えば、10年以上・5年~10年未満・1~5年未満・1年未満の順に評価されます。次に住居形態で言えば、持家・社宅・賃貸・公営住宅の順になります。居住年数で言えば、10年以上・5年~10年未満・3年~5年未満・1年~3年未満・1年未満の順です。家族構成で言えば、独身で家族同居・既婚で家族同居で子なし・既婚で家族同居で子あり・独身で同居家族なしの順番です。また連絡先で言えば、自宅と携帯・自宅のみ・携帯のみ・なしの順番となります。以上のスコアリングにて在宅・在籍確認となります。初めての申し込みであれば勤続年数や居住年数があからさまに短すぎる場合を除いてはほぼ審査は通ると見て間違いないと思います。もし仮にそのような場合でも審査が通らないのであれば入力情報ミスの可能性もあります。入力情報漏れにより、否決も考えられますので入力情報に関しては絶対に怠らないようにしてください。

申し込みの手順

申し込み手順においては、店頭からインターネットまで現在は様々な方法で申し込みが可能です。インターネットでのカードローンの場合の申し込み方法ですが、まずはどのカードローン会社にするか決めてください。インターネットカードローンの場合でしたらネット検索ですぐに見つけることも可能です。またどの会社にするか迷うのでしたら審査の有利不利や金利や特典サービス等をわかりやすくまとめた比較サイトがありますのでこちらを利用すると便利です。インターネットカードローンで自分にある会社が見つかったならその場でサイトから申し込みフォームを使用して申し込みが可能です。またホームページで申し込み条件や返済方法や利用の限度額を確認してください。そのうえでフォームより必要項目に記入して送信します。ここでは虚偽の申告はしないで、事実を必ず記入して申し込みをしてください。送信後に後日申し込みをした会社よりご連絡がいきます。会社によってまちまちですが数分の会社もあれば1時間以上かかる場合もあります。また申し込み後に必要書類が送られてきますので、そこに必要事項を記入して印を押し、身分証明書のコピーをとって郵送して手続きが完了します。次に来店契約の場合でしたら、現在でしたらインターネット申し込み後審査をして必要書類を持参して店舗まで出向きそこで自動契約機でクレジットカード受取の流れになります。このような流れの後に自分の口座に振り込みがされます。

審査の在籍確認

カードローン会社でしたらほとんどの会社がしている事があります。それが在籍確認です。在籍確認とは、申し込み者の申告に勤務先情報に虚偽がないかを確認する必要があるため電話にて在籍を確認することです。カードローン会社からしてみれば勤務先情報は非常に大切な審査基準です。この部分がもっとも返済に大きく関わってくるからです。
借金が会社にばれたら、会社からの自分に対する信用性に大きく関わってきます。また誰でも借金は人にはばれたくないという気持ちは潜在的に持っているものです。そのようなことはカードローン会社も重々承知しています。そこでカードローン会社は一体どのように在籍確認を取っているかというとカードローンの名前をださずに個人名を名乗り電話をしてきます。たとえて言うなら「鈴木ですけど、誰々さんいますか?」という具合に電話をしてきます。このような感じで電話をかけてきますので基本的には周りからはカードローン会社ということはばれないような電話です。またなぜカードローン会社は在籍確認を取る必要性がでてくるのかという理由ですが、カードローン会社にしてみればお金を返済してくれるかどうかが一番重要な事です。そこで借入者の収入元が非常に重要な意味をなしますので、勤務先情報に虚偽がないかどうかの確認を取る必要性がでてくるのです。また在籍確認はするのですが、収入に関しては事実確認をすることはございませんが、しかし借入額がある一定以上の金額を借入する場合は、給与明細書や源泉徴収票の証明するものが必要になってきます。

審査に必要なもの

必要書類に関しては、商品によって色々と変わってきます。無担保ローンの場合や大口融資の場合や担保設定型の場合で書類は変わってきます。またカードローン会社によって求められる必要書類が変わってきますで、事前に申し込みする段階から何が必要書類なのかを申し込みする前から把握することで手続きもスムーズにいきますので、是非必要書類においては揃えるものはなにかを把握してください。まずは無担保型ローンについては、身分証明書が必要です。こちらは身分証明をするためのものですので運転免許や保険証を用意すれば間違いないはずです。次に無担保型のおまとめローンや個人向けの大口融資の場合ですが、同様に身分証明書が必要です。それと所得を証明できる書類が必要です。証明できる書類としては、源泉徴収票や所得証明で良いかと思います。次に担保設定型のおまとめローンや個人向けの大口融資の場合ですが、こちらは同様に身分証明書と所得を証明できる書類と担保の権利書が必要です。権利書は、土地の登記簿や証券やゴルフ会員券でよいとでしょう。またその他にも実印や印鑑証明が必要になります。次に事業者向けのビジネスローンの場合でしたら、身分証明書や会社の登記簿や実印や印鑑証明書や決算書が必要書類となってきます。またその他にも保険加入の状況を把握できる書類等も必要になってくる場合もあります。商品によって必要書類も変わってきますので自分がどの商品を選んでどの書類が必要になるかを申し込む前から把握してください。

この記事を書いた人

HN:マネラテわんわん
HN:マネラテわんわん
お金喫茶マネラテの看板犬です。
鼻が利くので、いろいろな情報記事を担当していますわん。雑多な記事はたいてい僕が担当したものです。

アドセンス

スポンサーリンク

-カードローンの審査や金利の知識

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!資金繰りや生活費・住宅ローン・低金利借換など , 2017 All Rights Reserved.