ららぽカード・三井ショッピングパークカード・セゾンカード

セゾンカードの特徴はプロパー重視のゴールドカードとアメックス

更新日:

他社に対抗できないゴールドカード

セゾンのゴールドカードは他者にはすこし真似ができないカードであるといえます。セゾンの強みはなんといってもアメックスカードを年会費が安く提供しているところです。それも二枚もちのプランを適用すれば実質的にアメックスのカードを2,000円程度の年会費で持つことができます。

通常のセゾンアメックスゴールドカードであっても10,000円弱で保有することができ、これほど安価でステータスカードを保有できるカード会社はありません。セゾンもアメックスと契約にこぎつけるまでは相当苦労をしたようですが、あくまで消費者の為の上位ステータスカードという地位を勝ち取り、無料の提携カードが主流になる中で低会費でのステータスカードの実現に成功しました。

これにより他者はVIZAやJCBといった国際ブランドと企業提携カードによってシェアを広げるのに対してセゾンはそれらの提携カードとアメックスのゴールドカードとプラチナカードという切り札をもって市場のシェア獲得に動き出しました。

クレジットカード業界が飽和している中でいち早く他者との差別化に成功したセゾンカードはUCカードとも合併することで更なる飛躍を誓い、現在も優位なアメックスプロパーカードを主流にクレジットカードの二枚もちが主流となった国内において高い稼働率と人気を集めています。稼働率が高い事は企業として事業が確実に動いている裏づけであり、多くを存在する業界においても注目される企業にまで成長しました。

アメックスカードを主たるサービスにしている

セゾンカードが流通系の企業でありながら、クレジットカード業界においてこれほどまで注目を浴び、さらに実績としても提携カードが年会費無料で契約できる戦国時代において高い稼働率を誇っているのには年会費がかかりながらもステータスカードであるアメックスブランドをセゾンの最重要カードとして発行している過程にあるといえます。

年会費がかかることをデメリットと感じる消費者が多い中で、この程度の年会費でアメックスのカードが持てるならお得であると市民のニーズとマッチしたことが要因に挙げられます。

アメックスカードの特徴といえば富族層に向けた特化しすぎているサービスが有名で、アメックスのカードを提示するだけで会員制のレストランに入ることができたり、旅行先のホテルを優先的に予約ができたり、とれることのないチケットが購入できるなどその実態と噂は時にものすごいサービスを公開しています。

アメックス社のカードポイントによる交換商品も他の国際ブランドとは比較できないような高価な商品が用意されており、プラチナカードを保有している会員に対しては公開されることの無い専用のサイトがあるとまで言われています。こういった評価が以前から市民の間では流行っており、一度は持ちたいカードとして評価されるようになりました。

そんな矢先にセゾンがアメックス社と提携し同様のサービスが今後安い年会費であっても受けることができるようにと自社の主要ブランドとして提供するようになりました。

スポンサーリンク

提携カードより、ステータス重視のプロパーカードが強い

セゾンのクレジットカードは企業と提携するクレジットカードよりも独自で発行するプロパーカードの方が人気が高く、さらにカードの稼働率も高いようです。これはセゾンが仕掛けた事業戦略でありアメックス社との提携を難航しながらもなんとか漕ぎ着け、さらにアメックス社が発行するクレジットカードの年会費よりも格段に安い価格で消費者に提供することができているからです。

これにより今まで手が届かず憧れであったアメックスのクレジットカードを持つことができる人が増え、そのブランド力を市場で試したい、自分に優待される特典を味わってみたいといった消費者の興味を欠きたて、セゾンのクレジットカードを発行する人が増えました。

その頃クレジットカードの二枚持ちというスタイルが時代の流れとして起こり始めており、既に一枚持っていた人もアメックスのプロパーカードを二枚目のカードとしてセゾンから発行するようになりました。これもアメックスブランドとしての優位性であり、国内ではJCBやVIZAにマスターカードが利便性が高いカードとして知られています。

そこに二枚目のカードとしての価値がアメックスブランドとして非常に有利な効果を発揮し、消費者は一枚目の主要カードを会費無料の提携カードとしながら二枚目をステータス重視のアメックスカードを持つという選択肢ができました。この流れによりセゾンのカード事業は企業の提携カードよりプロパーカードが強い会社となりました。

人気のセゾンカードとは

セゾンカードで人気の高いクレジットカードはセゾンアメックスゴールドカードやUCカード、二枚もちでアメックスゴールドカードが安くなるセゾンゴールドカードが高い人気を集めています。

一枚もちの人でもセゾンで二枚のクレジットカードを持つ人であってもどちらのニーズをも叶えることができるセゾンのクレジットカードのおいてアメックスブランドとUCカードが主要製品としてラインナップされております。セゾンカードで人気の高いアメックスのゴールドカードは他のゴールドカードと比較しても会費面、サービス面、店頭での優位性において他よりもワンランク上のサービスが受けられます。

アメックスブランドは富族層に向けたクレジットカードブランドとして世界に発信しており、このブランド力を熟知している高級店においてはアメックスブランドを保有している会員に対して最高のおもてなしをするように自然と対応が決まってます。

これはアメックス社が広げてきた戦略によるものであり、他の誰よりもランクが高く優遇されるステータスプログラムとして会員への対応からサービスの充実に至るまで徹底してきたからだといえます。この確立された人気とサービスの中でセゾンがアメックスと契約を取り交わし、会費を下げた形でアメックスのプロパーカードを発行することを始めました。

これにより一般の市民であっても同様のブランド力を保持することが可能なものとなり、そのステータスを発行するセゾンが国内において高い人気を誇るクレジットカード会社となりました。

セゾンカードで国際ブランドの選択

セゾンカードでは国際ブランド5つの内4つ国際ブランドを選択することができます。唯一選択できない国際ブランドはステータスカードとしてアメックスとの競合となっているダインナースクラブカードです。

世界各国ブランド市場はこの5つのブランドで構成されており、多少優越は国ごとにあるものの、どれか2種類をも持ち合わせていると世界中で不便無くショッピングや旅行、ビジネスができるといわれています。

これら国際ブランドと提携して発行している企業のクレジットカードを総まとめにすると数千種類ものクレジットカードが発行されており、人々はこの数千の中から二枚を選んで自身のメインカードとしています。

その為どのカードがもっとも得であるかは所有者のライフスタイルに左右されており、自分が持っているカードが他者にとっても優位であるとは限りません。しかし国際ブランドとしての評価、価値をみていくとアメックスブランドのクレジットカードを保有していることは国際的にみても世界各国で優遇されるステータスカードとして浸透している為、選択肢の一つとして選ぶことはいい判断であるといえます。

現金を持たなくても世界中で買い物や宿泊ができることがクレジットカードの醍醐味であり、その価値を極限にまで高めたのがステータスカードであったり、プラチナカードであり、それらは利用限度額が通常のクレジットカードよりも高く設定されており、ある程度好きなものが好きなだけ買うことができるカードとなっています。

アドセンス

スポンサーリンク

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

-ららぽカード・三井ショッピングパークカード・セゾンカード

Copyright© 【マネラテ】自営業のお金!生活費と仕事の資金繰り&低金利借換や不動産投資 , 2018 All Rights Reserved.